プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「十三人の刺客」

<<   作成日時 : 2011/11/04 11:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 14 / コメント 6

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2010年日本映画 監督・三池崇史
ネタバレあり

1963年の同名時代劇を三池崇史がダイナミックにリメイクした作品で、純時代劇アクションとしては近年になく満足度が高い。

徳川十二代将軍・家慶の異母弟で老中に内定している明石藩主の松平斉韶(なりつぐ=稲垣吾郎)の悪逆非道の暴君ぶりに堪忍袋の緒を切った老中・土井利一(平幹二朗)が、御目付・島田新三衛門(役所広司)に暗殺の命を下す。
 島田は甥の新六郎(山田孝之)を筆頭に腕に覚えのある侍11人を集めて暗殺部隊を構成、参勤交代の行程を読んで綿密な計画を立て、途上の宿場町を買い取りそこで暗殺を敢行することにし、山で道に迷った時に知り合った頑丈な山の男・木賀小弥太(伊勢谷友介)を加えた総勢13名で、200名余りの敵軍に立ち向かうことになる。

お話がシンプルで直線的なのが良いが、それ以上に一つ以上のアクションを細切れにしないでワン・ショットで捉えているのが最近の時代劇アクションにはなかった嬉しさである。もう少しロングを増やしてアクションの全体像が捉えられるとさらに良かったが、殺陣に関しては三池監督が意識しているらしい「七人の侍」と比較するのは大袈裟にしてもかなり満足できる。勿論VFXも使っているがわざとらしい使い方が一切なく、大人向けに作られている印象。

斉韶のその非道ぶりを序盤で徹底して見せる構成も成功で、甘い顔をした稲垣吾郎の起用もうまく行っている。

若干監督が遊んだ部分があって上映時間が少々長めになっているが、気になるほどではない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
十三人の刺客
痛快と興奮と切なさに満ちた男たちの生き様!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/11/04 11:13
十三人の刺客
1963年に公開された工藤栄一監督の『十三人の刺客』を『クローズZERO』、『ヤッターマン』の三池崇史監督がリメイク。悪逆非道な暴君を天下万民の為に討つべく集まった十三人の刺客の命がけの戦いを描く。主演は役所浩司だが、共演にも稲垣吾郎、松方弘樹、市村正親、松本幸四郎、山田孝之、伊勢谷友介と言った超豪華なキャストが揃う。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/11/04 11:53
『十三人の刺客』
□作品オフィシャルサイト 「十三人の刺客」□監督 三池崇史 □脚本 天願大介□原作 池宮彰一郎 □キャスト 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、高岡蒼甫、      六角精児、波岡一喜、石垣佑磨、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、      ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2011/11/04 12:04
『十三人の刺客』(2010年・三池崇史監督版)
「実はこの映画、 もう少し経ってからじっくりと喋りたかったんだけど、 今日のうちに話すことこそ意味があると思って…」 ----ん、どういうこと? 今日は、確か広島に原爆が落とされた日。 「そう。そこなんだ。 これは全くの偶然なんだけど、 そんな日にこの映画を観てし... ...続きを見る
ラムの大通り
2011/11/04 12:17
十三人の刺客(2010)
公式サイト。英題:13 Assassins。池宮彰一郎原作、ジェレミー・トーマス製作、三池崇史監督。役所広司、山田孝之、稲垣吾郎、市村正親、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/11/04 13:45
十三人の刺客
命を、燃やせ。 製作年度 2010年 上映時間 141分 原作 池宮彰一郎 脚本 天願大介 監督 三池崇史 出演 役所広司/山田孝之/伊勢谷友介/沢村一樹/古田新太/六角精児/石垣佑磨/高岡蒼甫/波岡一喜/近藤公園/窪田正孝/伊原剛志/松方弘樹/吹石一恵/谷村美月/岸部一徳/平幹二... ...続きを見る
to Heart
2011/11/04 15:18
侍の道〜『十三人の刺客』
 江戸時代末期。時の将軍の弟で、明石藩主である松平斉韶(稲垣吾郎)は極悪 非道な暴君。しかし、年明けには老中への就任が決まっている。御目付役・島田 新左衛門(役所広司)は斉韶暗殺の密命を受け、... ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/11/04 19:33
『十三人の刺客(2010)』 ('10初鑑賞124・劇場)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 9月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:55の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2011/11/04 20:02
十三人の刺客/役所広司、山田孝之、伊勢谷友介
いま現在、日本でアクション映画を作らせたらおそらくこの監督がナンバーワンの三池崇史監督による時代劇エンターテインメント作品です。最初に劇場予告編を目にした時点でかなり ... ...続きを見る
カノンな日々
2011/11/04 21:03
「十三人の刺客」
チャンバラ合戦がすごい(時間的にも長い)と聞いて、観てみた。 ...続きを見る
或る日の出来事
2011/11/05 10:08
十三人の刺客(三池崇史監督)
予告編、面白そうだったんですよね。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2011/11/08 16:39
命を、燃やせ。「十三人の刺客」
...続きを見る
Addict allcinema おすす...
2011/11/23 15:07
別館の予備(感想212作目 十三人の刺客)
1月22日 十三人の刺客(感想212作目) ...続きを見る
スポーツ瓦版
2012/01/22 13:29
十三人の刺客(2010&1963)
7センチほど、人間としての地軸がズレている前代未聞の 狂ったアホダラ殿様が観れるので「カトウさん、ぜひご覧下さいよ!」 ご親切かつ有難ご迷惑な助言に従いまして、ゲオ ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2012/09/29 14:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
これだけ派手にやって暗殺か?と思いましたけど・・・・
あの時代なら、情報の伝達が遅いからいいんでしょうね。
古地図などを見ると渋谷でも田んぼだらけですからね。
なかなか迫力ありました。
ねこのひげ
2011/11/05 05:15
ねこのひげさん、こんばんは。

カメラもないから証拠もないですしね(笑)。
映画の嘘として観ている間はすっかり楽しんでいました。
カットを細切れにしないアクション描写が昔の映画のようで、嬉しかったです。
オカピー
2011/11/05 21:10
こんにちは。
本作はつい先日DVDで鑑賞しました。
なかなかよかったです。特に吾朗ちゃんはいいですね。

ただ、私の中での程度なのですが、ガンアクションと違って刀の場合、あまりチャンチャンバラバラ過ぎるはどうも・・・。最後あまりに多すぎたような。
基本、必殺のような時代劇が一番すきで、必殺でなくても引きで大勢や一連の全体のアクションをとらえるよりも、一瞬の間での勝負とか、抜くまでの駆け引き、また画も細部のアップをいれるとか、カットを割る画のが、どちらかというと好きなんですよ。あと伊勢谷の存在が私にはちょっと理解できません・・・。
イエローストーン
2012/01/21 16:02
イエローストーンさん

結局、ロング、ミディアム、アップを上手く組み合わせて作ってこそ観客の満足する映像ができるわけで、本作はともかく、最近の格闘アクションと言えばアップを細切れで繋いで描くものだから何が何だか解らない始末。若い人は感覚的に解れば良いのでしょうが、映像は情報を与えるものだから、オールド・ファンにはこれでは困る、ということを言いたいわけでしてね。しかもこういう映像を作るとテンポが速いなんて阿呆なことを抜かす輩も多くて・・・。
最近の西部劇なんかでは、誰が誰を撃っているのか解らないのも結構ありますしね。

>伊勢谷
あれは「七人の侍」の三船敏郎のつもりなんでしょうね(笑)
何故か不死身でしたが。
オカピー
2012/01/21 20:45
プロフェッサー、こんばんは。

仰る通り、画の組み合わせなんですよね。長回しももちろん有効な場面もありますし、無意味な細切れはそれこそ話になりません。
いい殺陣を割らずに一気に見せるのは当然いいんですが、本作は私には最後ちょっと敵が多すぎてしんどくなりました。まあ、13人いるのでしようがないのですけどね。

>こういう映像を作るとテンポが速いなんて阿呆なことを抜かす輩も多くて・・・。

勝新の座頭市なんかどうなるんでしょうかね。
そもそも遅い殺陣などみたくもないですよね。

ではまた。
イエローストーン
2012/01/22 17:57
イエローストーンさん、こんばんは。

ちょっと格好良いと思うと皆真似するので困ります。僕の記憶では80年代の終わりにこの手法が始まったと思います。流行り出すともう止まらない。コンピューターで編集できるようになったのも原因の一つでしょうね。

>13人
やはり7人くらいが群像劇アクションでは丁度良いというか、限界のようで・・・

>勝新
8作目まで観(なおし)ましたが、凄いですね。速いです。神業です。参りました。
オカピー
2012/01/22 22:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「十三人の刺客」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる