プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ロビン・フッド」

<<   作成日時 : 2011/11/26 12:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 4

☆☆☆(6点/10点満点中)
2010年アメリカ=イギリス映画 監督リドリー・スコット
ネタバレあり

主役でないものまで含めるとイギリスの義賊ロビン・フッドは100作品以上に登場する大人気者で、比較的最近ではケヴィン・コスナーの「ロビン・フッド」(1991年)が有名。そういう意味ではまたかという印象が強いが、実際観てみるとロビン・フッドがそうなるまでのお話なので納得が行く。

12世紀末リチャード獅子心王が十字軍遠征から帰還中にフランス軍に倒される。王冠を持ち帰る役目を託されたノッティンガムの騎士ロクスリーがフランスのスパイ、ゴドフリー(マーク・ストロング)の襲撃に遭ってこと切れる前にロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)に王冠と自分の剣を託す。
 ロビンは王冠を王室に持ち帰った後剣を持ち帰るべくノッティンガムに向うと、領主である父親(マックス・フォン・シドウ)から領地と未亡人マリアン(ケイト・ブランシェット)の生活を守る為に息子のふりをしてほしいと頼まれ、引き受ける。強欲な新王ジョンはフランスの為に内乱を図っているとも知らず友人のゴドフリーを摂政に据えるが、ロクスリー卿の代理としてロビンは平等な社会を訴えてフランス軍と対抗すべく、乱れかかった北部の領主の心をまとめ、フランス軍が上陸してきた戦場に赴く。
 しかし、ロビンは勝利に貢献したにも拘らず偽称したとしてお尋ね者にされてしまい、かくして義賊ロビン・フッドが誕生する。

十字軍などの史実とロビン・フッドにまつわる諸伝説をうまく絡めて単純な割にがっちりしたお話に作り上げているが、日本のものを含めて時代劇の定石に従っているだけなのでそれほど面白いとは言えない。

10年ぶりのご帰還とは言えロクスリー卿の息子の偽称が村人にばれないのは何故かという疑問については、英国史に精通していないので解らないが、日本で言えば藩主の子息であるから本来「下に下に」の世界であって顔が解らなくても不思議ではない。しかるに、映画の中で村人が平気で顔を拝見しているので「下に」があったと思えないのも事実で、弁護はしかねますな。

お話の面白さでは、スコットの旧作である「グラディエーター」に劣るものの、あの作品がいかにもCG臭さが目立ったのに対し今回の映像はぐっと自然にして迫力を維持している。

ロビン・フッド以前の物語としてはクロウとケイトは些かとうがたち過ぎているのが残念。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ロビン・フッド』(リドリー・スコット&ラッセル・クロウ)
(原題:Robin Hood) ...続きを見る
ラムの大通り
2011/11/26 13:38
ロビン・フッド/ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット
『グラディエーター』のリドリー・スコット監督が同作でオスカーに輝いたラッセル・クロウと再びタッグを組んだ歴史スペクタクル・アクションムービーです。ロビン・フッドのお話 ... ...続きを見る
カノンな日々
2011/11/26 18:27
ロビン・フッド(2010)
公式サイト。原題:Robin Hood。リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット、ウィリアム・ハート、マーク・ストロング、マーク・アディ、オスカー・アイザッ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/11/26 19:00
ロビン・フッド(2010)★ROBIN HOOD
 彼は闘いのカリスマ。その生き様は伝説。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。14日はシネマズデイということで、1000円で鑑賞! 歴史物が苦手なので、睡魔に襲われるのではと内心冷や冷やしながら(笑)ところが意外や意外?これ案外面白くて、、、。最後までどうにか鑑... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2011/11/26 19:35
ロビン・フッド
伝説の義賊、ロビン・フッドの物語を『グラディエーター』の巨匠リドリー・スコット監督が壮大に描くスペクタクル大作だ。主演は同作でアカデミー賞に輝いたラッセル・クロウ。共演に『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のケイト・ブランシェット、『シャーロック・ホームズ』のマーク・ストロングといった豪華キャストが揃う。壮絶な戦闘シーンは興奮で手に汗握る。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/11/26 23:01
伝説となった無法者〜『ロビン・フッド』
 ROBIN HOOD  12世紀末。ロビン・ロングストライド(ラッセル・クロウ)はイングランド王リチ ャード一世の十字軍遠征に従軍していた。帰国途中、ロビンは瀕死の騎士、 ロバート・ロクスリーか... ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/11/27 10:00
ロビン・フッド
ロビンの名を借りた英国奮起ドラマ。    ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/11/27 12:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ロビンフッドは、日本の水戸黄門のようなものですかね?
抑圧する権力を倒してくれる存在を民衆は待っているということですかね。
映画的には作りやすいということでしょうね。
ラッセル・クロウはいくつだ?でしたが( ^)o(^ )
ねこのひげ
2011/11/27 05:49
ねこのひげさん、こんにちは。

>水戸黄門
はい、日本でも水戸黄門は100人以上の役者がやっているそうです。
でも、ビギニングはないです(笑)
オカピー
2011/11/27 22:29
のっけから
>ロビン・フッド以前の物語としてはクロウとケイトは些かとうがたち過ぎているのが残念。
あはは、この最後の一文が効いている!
劇場でもTV放映でも本作は見てません。なんか観る気しないもの。というのも上記の理由が一番!
ショーン・コネリーとヘプバーン主演の「ロビンとマリアン」までいくとこれはこれで素敵なんですけどね。10年後でもこの二人はここまではいかないでしょうねぇ。
シュエット
2011/12/16 10:09
シュエットさん、こちらにもようこそ。

なんで今更「ロビン・フッド」なのかなあと思ってみたら、流行りの“ビギニング”ものでした。それにしては主役が少々老け過ぎではないでしょうかねえ。
「ロビンとマリアン」は元々老後のお話ですし、あの時のコネリーと今回のクロウは・・・ちょっと調べてみましたら・・・同じ46歳でした(笑)。
オカピー
2011/12/16 19:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ロビン・フッド」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる