プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「MAD探偵 7人の容疑者」

<<   作成日時 : 2011/11/21 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2007年香港映画 監督ジョニー・トー、ワイ・カーウァイ
ネタバレあり

犯人側がサイコなサイコ・スリラーは少なからず作られてきたが、捜査する方がサイコなのはちょっと珍しい。

1年半前に二人組で捜査していた刑事の一人が失踪し、やがてその拳銃を使った事件が続発、若い刑事アンディ・オンは余りに奇妙な捜査手法の為に首になった元刑事ラウ・チンワンに調査を依頼する。彼は相手の他人格が見え、また、加害者や被害者の行動を再現することで事件の実像が見えてくる特殊な能力があるのだ。

例えば失踪した刑事が埋められたと考えれば、実際に埋められてみたり、事件のあった店で強盗犯のふりをしてみたり、今までになかった着想でなかなか興味深い。

かくして、失踪した刑事と一緒に組んでいたラム・カートンが怪しいと睨んで追跡、すれ違う時に7人の男女が見える。つまりこれが容疑者の全人格(厳密に言えば8人ということになると思う。この作品ではそこが曖昧)で、最初のうちはピンと来ないところがあるが、女性の姿で立ちションしている姿を観ていると理解できてくる。

ラムの方は拳銃の登録番号を入れ替えて事件を起していたのだが、オンが徐々にラウの捜査に信用が置けなくなると弱々しい少年の姿が現われる、という辺りの発想も面白い。これで事件自体にもう少し面白いアングルがあれば、ちょっとした傑作になっていたと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モンガのMAD探偵
「MAD探偵 7人の容疑者」 「モンガに散る」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/11/21 10:36
MAD探偵 7人の容疑者
『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』の監督ジョニー・トーと、同脚本のワイ・カーファイの共同監督で送るサスペンススリラー。犯人の心が見える元刑事が、7人の人格を持つ殺人犯を追い詰めてゆく。主演は『つきせぬ想い』のラウ・チンワン、共演に『エグザイル 絆』のラム・カートン、ラム・シューらが出演している。風変わりな主人公もさることながら、その斬新な映像表現が面白い。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/11/21 11:53
MAD探偵 7人の容疑者/ラウ・チンワン、アンディ・オン
『マッスルモンク』などでもコンビを組んだこともある香港ノワールの名手ジョニー・トー監督と『ターンレフト ターンライト』のワイ・カーファイ監督の共同による作品です。ワタ ... ...続きを見る
カノンな日々
2011/11/21 21:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
シロウト目に見ても、発想はいいのに、もうすこし工夫が必要という作品とは結構ありますよね。
香港では盗まれないために急いで作るから、どうしても練りがたらない作品が多いようですね。
ねこのひげ
2011/11/22 06:18
ねこのひげさん、こんにちは。

探す方法は面白いのに、犯人の方に工夫がなくてがっかりでした。
TVで観るなら十分以上面白いです。
オカピー
2011/11/22 21:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「MAD探偵 7人の容疑者」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる