プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「キック・アス」

<<   作成日時 : 2011/10/02 10:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 8

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2010年アメリカ映画 監督マシュー・ヴォーン
ネタバレあり

近年大量に作られ過ぎてヒーローものにはゲップが出そうな感じになっている。本作などアングルが面白くて楽しめる出来映えになっているとは言え、だからこそTVではなく映画では1970年代から90年代にかけてのようにたまに作られる方が有難さも手伝ってぐっと高い評価を出しやすいのですがね。

デイヴ(アーロン・ジョンスン)は運動が苦手なのにスーパーヒーローに憧れて、通販で買ったコスチュームを着て町に繰り出しチンピラたちをやっつけようとするが、案の定泥棒にあっさり刺されその後自動車に轢かれて病院行き。が、そこで全身を金属で補強された為に前よりましになって“キック・アス”として再度繰り出し、その奮闘ぶりがYouTubeで広められ一躍人気者になる。彼に憧れて“レッド・ミスト”なるヒーローも現われるが、その正体は大物マフィアのダミーコ(マーク・ストロング)の息子クリス(クリストファー・ミンツ・ブラッセ)。

この二人が手を組んで町をパトロールしている間に子分を殺されるなどして怒り心頭のダミーコは“キック・アス”のせいと勘違いして殺そうとするが、一連の事件を起こした本格的な自警団ヒーローは実は元刑事のビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)と11歳の娘“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)で、ことの真相を知った大ボスは“キック・アス”と彼から辿りついた“ビッグ・ダディ”を捕えて公開処刑しようとする。危うく難を逃れた“ヒット・ガール”は救出に現われるものの結局死んでしまった父親の復讐を開始する。

タイトルに反して実質的な主人公はこの“ヒット・ガール”ことミンディで、“キック・アス”はダミーコや自警団父娘を話に登場させる狂言回しの役目を負っていると見なして良いようで、その割に登場している時間が長く構成上のバランスが悪いと言うべきなのかもしれない。殿さまに化けたうっかり八兵衛ばかりが出て水戸黄門がなかなか出て来ないようなものでござる。

しかし、そう杓子定規に判断しないで、逆に現状のバランスから4人の個性的なヒーローが出てきてなおかつ完全な協力関係にないユニークなヒーローものとして観るのが妥当なのでしょう。SF的な要素が極めて薄いのも珍しい。

アクション的には物凄い銃使いであり運動神経を持っている“ヒット・ガール”の独壇場で、それを11歳の少女が無情の趣きで“悪い奴”を次々となぎ倒すところにひねくれた大人には面白いわけである。僕はそうひねくれてもいないので、少々微妙なところであります。

監督は「スターダスト」「レイヤー・ケーキ」の中堅マシュー・ヴォーン。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キック・アス/アーロン・ジョンソン
年末の忙しいこの時期に風邪をひいてしまいました(悲)まだ病み上がりなんですけど見逃したくなくて久々の劇場鑑賞です。 ...続きを見る
カノンな日々
2011/10/02 10:18
キック・アス
ハート・ウォーミング・バイオレンス 公式サイト。Kick-Ass。マシュー・ヴォーン監督、アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ニコ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/10/02 10:18
『キック・アス』
(原題:Kick-Ass) ...続きを見る
ラムの大通り
2011/10/02 15:49
キック・アス
ヒーローに憧れる何の特殊能力もないオタク高校生がある日成り切りヒーロー、キック・アスとして立ち上がる。主演は『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』のアーロン・ジョンソン。共演に『(500)日のサマー』のクロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ。監督はマシュー・ヴォーンが務める。ブラッド・ピットのプロデュース作品としても注目だ。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/10/02 19:49
キック・アス
アメコミのヒーローに憧れる冴えない高校生デイヴ。ある日彼はネットで購入したコスチュームを身にまとい、ヒーローになったつもりで街へ繰り出すが・・ ...続きを見る
rambling rose
2011/10/02 23:42
キック・アス(2010)KICK-ASS
 正義の心で悪をKILL!特殊能力ゼロ、モテ度ゼロ、体力微妙──なりきりヒーローが世界を救う このキャッチコピー、良いですね。「白いリボン」鑑賞後、本作を鑑賞しました。何と満席でした。立ち見も出るという盛況ぶり。 何と言ってもクロエちゃん演じる、ヒットガ... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2011/10/02 23:47
「キック・アス」
本作最大の魅力は、間違いなく、ヒット・ガール! ...続きを見る
或る日の出来事
2011/10/03 00:43
『キック・アス』
久々にGyaO!のオンライン試写会が当たって、ストリーミングで先日視聴しました〜。 やっぱり公開前に自宅で観られるって、ちょっと嬉しいw。 ...続きを見る
Cinema+Sweets&#61;∞
2011/10/06 01:49
キック・アス
あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げますm(__)m ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2011/10/07 15:28
No.249 キック・アス
【ストーリー】 同名人気コミックを「スターダスト」のマシュー・ボーン監督が映画化したアクション・コメディ。ニューヨークに住む少年デイブは「誰もがスーパーヒーローを好き ... ...続きを見る
気ままな映画生活
2011/10/07 23:48
「キックアス」
「KICK-ASS」 2010年/イギリス・アメリカ/117分/R15+ 監督: マシュー・ヴォーン 原作: マーク・ミラー/ジョン・S・ロミタ・Jr 脚本: ジェーン・ゴールドマン/マシュー・ヴォーン ...続きを見る
寄り道カフェ
2011/11/09 09:57
■映画『キック・アス』
いやー、童貞ってアホだな、アメリカ人ってアホだなと、いい意味で思わせてくれる映画『キック・アス』。 こういうノリ、大好き! ニコラス・ケイジ、ようやくアメコミヒーローになる夢がかなったね…。『ゴーストライダー』よりずっとハマってるよ…。 ...続きを見る
Viva La Vida! <ライターC...
2011/11/29 01:33
キック・アス
60点 2010年のアメリカ映画で、 監督はマシュー・ヴォーン、主演はアーロン・ジョンソンです。 ...続きを見る
我が頭に巣くう映画達
2012/03/18 16:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒットガールのアクションは、何も考えずそれだけを観るなら爽快ですよね。でも、彼女の境遇とか、キックアスもそれに感化されてしまうところを考えると、わたしも思いっきり楽しむことは出来ませんでした。
わたし的には前半が楽しめたので、彼にはヒットガールとは別の道を歩んでほしかった!
宵乃
2011/10/02 12:53
海外ニュースで見たことありますが、じっさいにスーパーヒーローのコスチュームを着て犯罪者をやっつけている連中がいるそうで、アメリカの警察が困っているそうです。
現代の病んだ病巣を描いた映画というところですかな?
ねこのひげ
2011/10/03 04:52
宵乃さん、こんにちは。

>ヒットガール
PTAみたいなことは余り言いたくないですが、そんな後味は残りましたよね。
子供やおたくといった本来弱き者が強き者をくじくという主旨があったような気はしますが。
オカピー
2011/10/03 12:57
ねこのひげさん、こんにちは。

>アメリカの警察が困っている
アメリカという国は本当に面白いですね。
しかし、自警団と言えども、越権行為に及べば、どんなに正義の行為でも犯罪ですからねえ。

>現代の病んだ病巣
「スパイダーマン」などと違ってヒーローも悩むというアングルでないのは良く、本来弱いとされている者が悪を倒すという点では面白かったですが、昔の「スーパーマン」みたいに素直に観て問題のない作品でもないですね。
オカピー
2011/10/03 13:04
オカピーさん、こんにちは。
この作品は、わたしにとってはかなりのカルチャーショックでした。

>11歳の少女が無情の趣きで“悪い奴”を次々となぎ倒すところにひねくれた大人には面白いわけである・・・

残虐な殺人マシーンでありながらキュートな少女の平然としたバイオレンス描写・・・
アクションのテンポが格好良く、観ていて爽快に感じること自体、わたしも含めて現代が病んでいる証拠だとも思いました。
15R指定となっていることは、今回ばかりは良識の判断であるようにも思います。
映画としてはなかなか優れた作品だと思いました。
原型は「レオン」や「ニキータ」かな?
わたしは、「ペ−パームーン」なんかも思い出しましたよ。
では、また。
トム(Tom5k)
URL
2011/10/15 13:26
トムさん、こんにちは。

仰るように面白くて優れていますから、体調が万全の時に観ればもう少し違ったコメントも出たかもしれませんが、ローティーンの少女ですから、僕は少々複雑な心境になりましたねえ。

>現代が病んでいる証拠
映画が社会を映す鏡であるとすれば、観ていて気分が悪くなるような映画が増えている現実は確かなので、やはりそうなのでしょうか。

>「ペーパー・ムーン」
あれは詐欺は出てくるけど、憎めない秀作でしたね。僕はちょっと結びつかなったです^^
オカピー
2011/10/15 18:05
この映画は劇場に行こうと思いながら都合がつかなくて劇場鑑賞できなかった作品。とはいっても絶対に観たいという作品ではなくって、この映画が公開されていた昨年末って(昨年は全くの映画不作年! 今年もだけど)まぁ、まともに見れるのはこの映画くらいかな?ってほどの私にとっては不作状態のお粗末な状態。WOWOW放映で見たけど、ストレートに楽しめてスクリーンで観ても面白かっただろうなって思いました。しかしR15指定も肯けるけど。映画と現実と混同する輩も入るんですよね。この映画の主人公みたいに(笑)
遅まきながら簡単記事をTBします。
シュエット
2011/11/09 09:56
シュエットさん、こんばんは。

アメリカ映画は益々つまらなく、欧州映画も決して没個性的になり誉められるものは減ってしますよネエ。
何年も前から言っていますが、この調子で行くと数年後には新作を見なくなる可能性も否定できません。何十本に一本でも良いのに当たると「こういうのがあるから映画はやめられないんだよなあ」ってなってしまうんですけどね(笑)。

>映画と現実と混同する輩
今の僕は笑えないんですよ(笑)。映画の見過ぎで心配症が度を越してしまい病気になっちゃった、と自己分析しているんです。
オカピー
2011/11/09 21:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「キック・アス」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる