プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ゾンビランド」

<<   作成日時 : 2011/08/19 11:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2009年アメリカ映画 監督ルーベン・フライシャー
ネタバレあり

昨今の傾向から言えば伝染病パニック映画もゾンビ(アンデッド)ものも大差なく、本作は先日観た伝染病もの「フェーズ6」と極めて似た構成のゾンビものである。公開された時期に殆ど差がないので何とも言えないが、僅かに前述作品が早いので脚本を書いた二人組(レット・リース、ポール・ウォーニック)は同作のパロディーのつもりで書いたのかも知れない。偶然だとしたら、それはそれで興味深い。監督は新人ルーベン・フライシャー。

アメリカ中(地球中?)がゾンビに溢れる世界で、若者ジェシー・アイゼンバーグは引きこもりだったのが幸いして当座襲われることなく、色々なルールを作ってゾンビから身を守る術を得て故郷に戻る旅を始め、途中でゾンビ退治に躍起になっている男ウッディー・ハレルスンの車に乗せて貰い図らずもコンビを組むことになる。
 やがてスーパーで美人エマ・ストーンと遭遇、ゾンビに襲われた妹アビゲイル・ブレスリンを持っているライフルで撃って欲しいと頼まれるが、実はこの姉妹の詐欺で、まんまとライフルと車を奪われ去られてしまう。彼女たちとは再会して四人で彼女たちがゾンビがいないと信じている遊園地を目指す。

というお話で、32もあるらしいルールの展開への絡め方が上手く、ハレルスンがお菓子への拘りやビル・マーリー(本人)を巡る一幕も可笑しいが、秀逸なのは姉妹の詐欺師ぶりで、「ペーパー・ムーン」を思い出させる出来映え。

終盤は、意気投合したものの結局男たちを置き去りにして出かけた姉妹を救うべく、二人が実はゾンビに溢れていた遊園地に駆けつけ大活躍する。

コメディーに徹して、序盤を除いて全体的にゾンビものに付き物の気色悪い描写が少ないのは有難い。閉所からの突破という定石を外しているのも有難い。ゾンビものが苦手な方でも序盤に堪えられれば恐らく最後まで観られるのではないでしょうか? 無理にお薦めもしませんが。

アメリカさんは、ゾンビがお好き。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゾンビランド
公式サイト。ルーベン・フレイシャー監督、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリン、ビル・マーレイ。表向きはゾンビのスプラッ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/08/19 12:08
ちょんまげゾンビ
「ゾンビランド」 「ちょんまげぷりん」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/08/19 15:27
『ゾンビランド』 ('10初鑑賞117・劇場)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 8月28日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 17:15の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2011/08/19 20:04
ゾンビランド/ジェシー・アイゼンバーグ
このタイトルですからね、普通によくある独立系のB級ホラー映画だと思っていたんですけど、いざ予告編を観たら何か違います。どうやらコメディ色がかなり強いホラーのようで出演者 ... ...続きを見る
カノンな日々
2011/08/19 21:09
『ゾンビランド』
(原題:Zombieland) ...続きを見る
ラムの大通り
2011/08/20 13:35
ゾンビランド(2009)★ZOMBIELAND
 目指せ、奴らのいない夢の遊園地へ                32のルールを駆使して生き残れ!! いよいよ公開されました。観て来ましたよ!ゾンビランド。この日はキャタピラー、トイレット、すべて満席。そしてゾンビランドも上映開始直前、とうとう満席となりま... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2011/08/21 08:04
ゾンビランド
ゾンビランド / ZOMBIELAND ...続きを見る
RISING STEEL
2011/11/21 23:05
「ゾンビランド」
笑えるゾンビもの、いいんじゃないの〜。 ...続きを見る
或る日の出来事
2012/04/10 23:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ギャグにするしかなくなったんでしょうね。何十回も同じものを見せられれば驚かなくなりますからね。

ホラー映画の巨匠ジョン・カーペンターが10年ぶりに映画を作ったそうで、なぜ10年間映画を作らなかったのか?という質問に映画に対して情熱をなくしていたとのこと。
ただ他の監督がリメイクしてくれるので、遊んでいても金がジャンジャンはいてきてうれしかったそうです。

ホラー映画?の古匠ともいうべき『世界残酷物語』のヤコペッティー監督が91歳でなくなったのが今朝の新聞に載ってました。
子供心に驚いたのを覚えてます。
ねこのひげ
2011/08/20 06:50
ねこのひげさん、こんばんは。

他のジャンルもそうだと言えばそうとは言えないこともないですが、ゾンビといった特殊なものは余り作られると特殊ではなくなるので、元来似たような恋愛映画やドラマが作られるのとはわけが違うのでして、何故ここまでゾンビ若しくはアンデッドものが作られるのが不思議でなりません。
1980年から2、3年に渡りスプラッター映画が次々作られましたが、ここまで長続きしなかったですものね。

>ジョン・カーペンター
僕はスタイリッシュすぎてどちらかと言えば好みではなかったですが、一時人気がありましたね。
「ハロウィン」より面白かった「ザ・フォッグ」もリメイクされたものの、あれはお粗末でした。

>ヤコペッティ
東京新聞には載っていなかったなあ。
所謂ヤラセのドキュメンタリーだったわけですが、今の若い人は知らんべなあ(笑)
オカピー
2011/08/20 19:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ゾンビランド」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる