プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 喪中映画評「シュアリー・サムデイ」

<<   作成日時 : 2011/05/30 07:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

☆☆★(5点/10点満点中)
2010年日本映画 監督・小栗旬
ネタバレあり

若手人気俳優の小栗旬が監督を担当したというのが最大の、そして恐らく唯一の話題性と言って良いであろう青春映画である。

路上でギターを弾いて歌っている青年に感化されて始めたバンドを披露しようとした高校生5人組、即ち小出恵介、勝地涼、綾野剛、鈴木亮平、ムロツヨシが文化祭が中止となったのを知って学校にインチキ爆弾を仕掛け脅迫して開催させようとするが、実際に爆発してしまって退学処分になり、3年後の現在までだらだらと時間を過ごし、父親を自死に追い込んだと思い込んだムロに至っては家に引きこもって出て来ない。
 小学生時代に誰か解らない母親かも知れないと風俗嬢・小西真奈美を訪れた為に結果的に警察の捜査の邪魔をして刑事の父親・竹中直人を辞職に追い込んだ小出は父親が始めた冴えないバーを切り盛りしているが、ある日、ヤクザになった鈴木から預かった3億円(と真奈美嬢)を盗まれた為にそのボスから「明日返さないと命を戴く」と脅迫されてしまい、紆余曲折の末に再結集した5人組は銀行強盗をしてわざと刑務所に入ろうと画策する。

その後のお話はここでは伏せるとして、サスペンス、お笑い、ちょっとしたバイオレンス、青春映画らしい苦悩・・・と色々な要素を盛り込み、一応きちんと収束していく辺りはまずまず無難な出来映えと言って良いのだろうが、性転換装置をめぐる部分など無駄な箇所も少なくないので、この辺りを整理して105分くらいにしたらなかなか面白い青春コメディーになり☆もぐっと増えたと思う。

小出君の少年時代に真奈美嬢とひしと抱き合う場面があるが、あれは「天城越え」を意識したものだろうか? 小学生時代の遊興街へ繰り出すシークエンスは「スタンド・バイ・ミー」の気分なのかもしれないね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シュアリー・サムデイ
公式サイト。山本又一朗 プロデュース、小栗旬監督・ちょっと出演。小出恵介、勝地涼、綾野剛、鈴木亮平、ムロツヨシ、岡村隆史、竹中直人、モト冬樹、遠藤憲一、阿部力、妻夫木聡 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/05/30 08:30
いつか、きっと〜『シュアリー・サムデイ』
 爆破事件を起こし、高校を退学処分となった巧(小出恵介)、京平(勝地涼)、 秀人(綾野剛)、和生(鈴木亮平)、雄喜(ムロツヨシ)の5人組。「バカで最強」だっ た自分たちを取り戻そうと3年ぶりに顔... ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/05/30 20:00
『シュアリー・サムデイ』
----これって俳優の小栗旬が、 初めてメガホンを取ったことで話題になっている青春映画だよね。 「うん。出演者も 小出恵介、勝地涼をはじめ、 旬のスターがずらり顔を並べている。 よくいえば、21世紀日本のブラットパック・ムービー。 お話の方も、なかなか凝っていて、... ...続きを見る
ラムの大通り
2011/05/31 00:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
喪中映画評「シュアリー・サムデイ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる