プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 喪中映画評「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」

<<   作成日時 : 2011/05/20 09:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

☆☆(4点/10点満点中)
2010年日本映画 監督・三池崇史
ネタバレあり

現在喪中であります。喪失感以上に罪悪感に苦しめられております。為に理解もままならない状態で鑑賞したり、頭が整理できないまま書いたものは“喪中映画評”というタイトルとし、他の映画評とは区別することに致しました。そんな状態で映画評などと称するのも甚だ失礼とは存じますが、悪しからず。なるべく早く自分である程度納得できるものが書けるように努めます。

ゼブラーマン」の7年ぶりの続編で、前作から引き続き監督は三池崇史と脚本は宮藤官九郎。

前作から15年後の2025年、恐らくは「バットマン」のゴッサム・シティを意識したゼブラシティ。そこは朝夕の5分間だけ公権力者によるあらゆる違法行為が許される無法地帯となるが、その結果犯罪件数が減ったとされている。その犠牲となったうちの一人が“ゼブラーマン”即ち哀川翔で、銃弾を100発も撃ち込まれた状態で抵抗組織“白馬の家”に運び込まれ“ゼブラーマン”ファンだった教え子と再会するが、記憶を失っていることが判明。
 彼が記憶を失い髪も白くなった原因は今は都知事となった元防衛庁職員ガダルカナル・タカが前作の事件の後遠心分離機を使って彼の中の善悪を分けたことによるもので、その悪の部分が肌も露わな黒い衣装を身に付けた妙齢美人・仲里依紗(ゼブラクィーン)。彼女は“父親”を亡き者にして世界をコントロールする権力を得ようと、エイリアンが寄生している少女(永野芽郁)を探し出そうとする。

ダークナイト」でもテーマになっていた人間の二面性をテーマにしたお話で、白が善、黒が悪という二面性の象徴がシマウマだったと判明するのが少し興味深い。

が、前作はコミカルさとシリアスさがなかなか上手く調和されていた印象があるのに対し、本作ではシリアスさの途中に茶々を入れられる感じが強くて感心できず。ゼブラクィーンがいとも簡単に人情に目覚めてしまうのも分離した意味がなくつまらない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲
メチャクチャすぎて面白い!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/05/20 10:19
ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲
冴えない小学校教師が憧れのヒーローに変身し、エイリアンから地球を守った『ゼブラーマン』の続編。今回は2025年、ゼブラシティと名を変えた東京が舞台だ。監督の三池崇史、脚本の宮藤官九郎、主演の哀川翔といったオリジナルメンバーが結集。セクシーなライバル・ゼブラクイーンに『時をかける少女』の仲里依紗、阿部力、ココリコの田中直樹、ガダルカナル・タカなど新しい面々にも注目だ。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/05/20 16:30
『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』 ('10初鑑賞66・劇場)
☆☆−−− (10段階評価で 4) 5月1日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 13:00の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2011/05/20 20:20
『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』
□作品オフィシャルサイト 「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」□監督 三池崇史 □脚本 宮藤官九郎□キャスト 哀川 翔、仲 里依紗、阿部 力、井上正大、田中直樹、ガダルカナル・タカ■鑑賞日 5月23日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2011/05/20 23:03
『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』
----今日は苦手の三池崇史作品。 しかも、あの映画の続編。 ちゃんと最後まで観ることできたの? 「あっ。これが意外と言ってはなんだけど、 けっこうオモシロかったね。 ある種、管理化された未来社会で 人殺しもOK!ってところに、 『リアル鬼ごっこ』を思い出さないで... ...続きを見る
ラムの大通り
2011/05/22 21:54
別館の予備(感想199作目 ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 )
6月26日 ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲 ...続きを見る
スポーツ瓦版
2011/06/26 11:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これはもうゼブラクイーンを楽しむための映画でしょう。
仲里依紗はおもしろいですね。
惜しむらくは布の量が多すぎです。ゴチャゴチャつけすぎ!
『ヤッターマン』のドロンジョもそうですが、最小限にして欲しかったですね。(^_-)-☆
ねこのひげ
2011/05/21 07:57
ねこのひげさん、こんばんは。

>仲里依紗
作品によってころころタイプが変わりますね。

>惜しむらくは布の量が多すぎ
お子様も見るというのが前提なのでしょう^^
オカピー
2011/05/21 17:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
喪中映画評「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる