プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 喪中映画評「処刑人II」

<<   作成日時 : 2011/05/09 12:01   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

☆☆(4点/10点満点中)
2009年アメリカ映画 監督トロイ・ダフィ
ネタバレあり

現在喪中であります。喪失感以上に罪悪感に苦しめられております。為に理解もままならない状態で鑑賞したり、頭が整理できないまま書いたものは“喪中映画評”というタイトルとし、他の映画評とは区別することに致しました。そんな状態で映画評などと称するのも甚だ失礼とは存じますが、悪しからず。なるべく早く自分である程度納得できるものが書けるように努めます。

僕にはまあまあ(当時の記録には時間の扱いが面白いと書いてある)だったが世間的には非常に評判が良かったらしい正編から丁度10年後の続編で、脚本・監督は引き続きトロイ・ダフィ。

神の啓示により法に則らずに悪人を裁いてきた兄弟ショーン・パトリック・フラナリーとノーマン・リーダスが、前編でマフィアのボスを殺してから8年後、兄弟の知己である神父が何者かに殺され兄弟の犯行に偽装される。ボスの息子が兄弟をおびき出す為に起こした犯行らしく、兄弟はそいつが牛耳るボストンで大暴れした後、警察から兄弟を守る役目を負った女FBI捜査官ジュリー・ベンズの協力で奴を仕留める。が、陰で糸を引いていたのは兄弟の父親ビリー・コノリーを刑務所に追い込んだ元相棒ピーター・フォンダと判明、一家は彼のアジトに乗り込んでいく。

というお話らしいのだが、少し進んでは停まってそれも暫く停車し続ける各駅停車の列車のような進行ぶりにつき、そうでなくても集中力不足で困っている僕の集中が頻繁に途切れ何だかよく解らなくなってしまった。僕ほどでないにしても他の方も同様でしょ?

スタイリッシュな映像は一応見る価値がある(僕は余り好きではない)が、コメディー色を濃厚に混ぜるにしてももう少し統一感を持たせないと作品としてはいかんと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
処刑人II
1999年に製作されたカルトムービーの続編だ。神の啓示を受け悪人たちを始末すべく、兄弟の処刑人が大暴れするバイオレンスアクション。スタッフ・キャストも10年の歳月を超えて再集結した。主演はショーン・パトリック・フラナリー&ノーマン・リーダス、監督はトロイ・ダフィー。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2011/05/09 21:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
早速映画の話題にお邪魔します。正直この映画にはガッカリしました。1作目が面白かっただけに残念!!
ロック仙人TF
2011/05/15 22:36
ロック仙人さん、こんばんは。

何か間延びしているというか、退屈でしたね。
一作目は当時絶賛こそしませんでしたが、ずっと面白かったです。
オカピー
2011/05/16 22:05
最近見て面白かったのはB級だけど『マチェーテ』。これぞロドリゲス監督ていう感じで・・・。何たって主役のあの人、(名前忘れた汗!!)『フロム・ダスク・ティル・ドーン』のバンパイア役の時から強烈に印象に残ってた位強烈なキャラですよね。
ロック仙人TF
2011/05/16 23:18
ロック仙人TFさん、こんにちは。

>『マチェーテ』
最近映画館に行かないので新作には疎いのですが、面白そうですね。

>主役のあの人
ダニー・トレホという名前で、ロドリゲスの従兄らしいですよ。
メキシコ人には強烈な人が多いです。
オカピー
2011/05/17 15:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
喪中映画評「処刑人II」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる