プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「三人の妻への手紙」

<<   作成日時 : 2011/03/09 15:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 4

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1949年アメリカ映画 監督ジョゼフ・L・マンキーウィッツ
ネタバレあり

戦後すぐに頭角を現した名監督ジョゼフ・L・マンキーウィッツがアメリカ映画を語る時に避けることができない傑作「イヴの総て」の前に作った話術映画の秀作である。

小旅行に出る為に集まった仲の良い三人の人妻がもう一人の友人アディから乗船前に「あなたがたの夫の一人と駆け落ちする」という手紙を受け取り、夫々「自分の夫ではないか」と心穏やかでなくなり、その理由が回想形式により明らかになる。
 まず若妻ジーン・クレインは田舎出身であることを恥じ、自分に自信がない。ラジオ放送作家アン・サザーンも番組のスポンサーを迎えた時夫婦間が気まずくなったことを思い出し、出かける前夫カーク・ダグラスが休日なのに背広を着ていたことが気にかかる。
 この二人に関しては事前にその理由が解るという形式を取り、もう一人のリンダ・ダーネルに関しては結婚する前から手練手管で夫ポール・ダグラスを落とした経緯からその理由に焦点が合って行く。

一言で言えば三組の夫婦の様相を描いているだけだが、構成の鮮やかさに圧倒される。手紙が池に投げ込まれる石の役目を負ってお話が始まる構成は特別ではないにしても、回想の切り口・扱いを最初の二人と最後の一人とで変えたのは非凡で、話をかき回すアディの姿を見せず(後姿だけ少し)ナレーション兼狂言回しに留めたのは映画として上品この上ない。

現在の映画に通底するミステリー仕立ての語り口が大変面白いわけだが、細かいところで僕が感心したのは手紙を受け取った三人が近くに見える公衆電話ボックスを注視しながらプライドに邪魔されて素通りしていく小シークエンスで、こういう気の利いた面白さは長い映画史の中でもありそうで余りない。ここだけでも本作を観る価値がありそうな気がする。落ちも秀逸。

ナレーションの使い方が昨今の作品よりお上手です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
三人の妻への手紙
(1949/ジョセフ・L・マンキウィッツ監督・脚本/ジーン・クレイン、リンダ・ダーネル、アン・サザーン、カーク・ダグラス、ポール・ダグラス、ジェフリー・リン、セルマ・リッター、声のみ:セレステ・ホルム/103分) ...続きを見る
テアトル十瑠
2011/03/10 06:48
「三人の妻への手紙」
A LETTER TO THREE WIVES 1949年/アメリカ/103分 ...続きを見る
寄り道カフェ
2011/03/10 11:02
『三人の妻への手紙』'49・米
あらすじ3人の人妻が“あなたたちの主人の1人と駆け落ちします”という手紙を受け取り・・・。解説アカデミー賞監督賞脚色賞受賞作アカデミー監督賞と脚本賞を2度も獲得した『裸... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2012/01/24 09:08
『三人の妻への手紙』'49・米
あらすじ3人の人妻が“あなたたちの主人の1人と駆け落ちします”という手紙を受け取 ...続きを見る
虎団Jr. 虎ックバック専用機
2012/01/24 09:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
既にコメントもいただいている5年前の記事、TB致しました。
読み返すとストーリーを追っているばかりで、備忘録にしかなってないですけどね。^^

そもそもアディは何の為にわざわざ手紙を書いたのかが腑に落ちなくて、単に<手紙が池に投げ込まれる石の役目を負って>いるという構成は、ある意味洒落てますが、作意が見え透いて、僕のような天邪鬼には減点対象になってしまいます。
『あんた、そんなつまらないこと考えない方がいいよ』と、淀川さんには言われそうですが・・・。
十瑠
2011/03/10 07:03
おはようございます。
これなども、リメイクされたらリメイク作品にきっとゲンナリさせられるでしょうね。
船に乗る寸前では彼女達のプライドが勝っているけど、そのプライドが次第に崩れていく様もなかなかに面白い。
私はみていて「愛」という言葉を登場させずに、三組の夫婦それぞれの愛の有り様をみごとに描いているのが見事だなって思った。
やっぱり品がありますね。今回観ていてもつくづくそう思いました。
シュエット
2011/03/10 11:11
十瑠さん、こんばんは。

>既にコメント
すっかり忘れておりました。^^;

十瑠さんは、恐らく僕より多少リアリズム重視なのだろうと思いますが、

>アディは何の為にわざわざ手紙を書いたのかが腑に落ちなくて
というのは尤も。お話の為のお話という感じではありますね。
僕は最初から話術映画として観たので、さほど気になりませんでしたけど。演劇みたいな感じでしょうか。

>淀川さん
仰りそうですね。^^
オカピー
2011/03/10 22:55
シュエットさん、こんばんは。

>リメイク
元来現在の映画と通底する話術映画ですから、比較的リメイクしやすいでしょうが、もっと説明的になるんじゃないかなあ。
昨今作られた映画と何が違うかと言えば、話術を別にしてもきちんと面白い作品になっていることだと思います。手紙を話の起点とし、三人の人妻を独立して描く“話術”は、次はどうなるかというサスペンスを生みだす二次的要素なんでしょう。

>「愛」という言葉を登場させずに・・・愛の有り様
僕もそう感じましたねえ。
オカピー
2011/03/10 23:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「三人の妻への手紙」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる