プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「17歳の肖像」

<<   作成日時 : 2011/03/03 01:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 13 / コメント 8

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2009年イギリス映画 監督ロネ・シェルフィグ
ネタバレあり

英国映画の良い面が見事に現れた青春映画の秀作である。

画像

1961年のロンドン郊外、成績優秀な女子高校生ケアリー・マリガンがオックスフォード進学を目指すある日、雨の中チェロを抱えて佇んでいる時高級車に乗った三十代の男性ピーター・サースガードに声を掛けられ、巧みなアプローチと話しぶりにすっかりほだされてしまう。後日自宅に現れた彼は頑固だが学歴に劣等感を持つ父親アルフレッド・モリーナをも巧みに懐柔し、二人の関係は公然の仲となって行き、自由と冒険にどっぷりと浸かるうちに堅苦しい勉学や平凡な生活に嫌気がさし、彼の求婚と共に学校を止めてしまうが、その直後男が妻子持ちであるという現実を知り、途方に暮れてしまう。

画像

ビートルズが出現する前夜の、ティーンエイジャーにとっては息詰まりそうな英国の閉塞的な空気をしっかりと捉えると同時に、時代や場所を超越した普遍的な若者の思いを描いて鮮やかと言うべし。
 1955年の米国若者の態度が「理由なき反抗」なら本作英国中流階級の彼女の反乱は「抵抗なき反抗」と形容したい感じで、保守的な英国社会への嫌悪がジュリエット・グレコ、アルベール・カミュ、フランス映画(ヌーヴェルヴァーグだろう)、シャネルといった自由を感じさせるフランス文化への憧れに反転して現れている辺り非常に感じが出ている。
 大人(の世界の現実)に煮え湯を呑まされることで成長、学校へ戻って行く終盤は些か調子が良すぎて苦笑したくなるところがあるものの、それも若者らしさの顕れとして微笑ましく観ることができる。地味な女教師の存在も効果的。

画像

監督ロネ・シェルフィグの感覚や呼吸の良さもあるが、やはり典型的な英国美人ケアリー・マリガンの初々しい演技によるところが大きい。大収穫でした。

♪Well, she was just seventeen, you know what I mean

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「17歳の肖像」
2008年は日英外交150周年の年で、それを記念して駐日英国大使館とブリティッシュ・カウンシルにより、一年限定で「UK Japan 2008」という公式WEBが開設されていました。 実は当事、ひっそりと公認ブロガーを... ...続きを見る
RAY's Favorites
2011/03/03 01:23
17歳のマイレージ
「17歳の肖像」 「マイレージ,マイライフ」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/03/03 11:04
17歳の肖像/キャリー・マリガン、ピーター・サースガード
英国の女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回想録「An Education」を映画化した作品です。劇場予告編を一度しか観ていませんがそれが印象的でずっと気になっていました。多感な年頃 ... ...続きを見る
カノンな日々
2011/03/03 11:43
17歳の肖像
公式サイト。原題:AN EDUCATION。リン・バーバー原作、ロネ・シェルフィグ監督、キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、アルフレッド・モリーナ、ロザムンド・パイク、オリヴ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2011/03/03 12:06
「17歳の肖像」
AN EDUCATION 2009年/イギリス/100分/PG12 監督: ロネ・シェルフィグ 原作: リン・バーバー 脚本: ニック・ホーンビィ 音楽: ポール・イングリッシュビー 出演: キャリー・マリガン/ピーター・サースガード/ドミニク・クーパー/ロザムンド・パイク/アルフレッド・モリナ/カーラ・セイモア/エマ・トンプソン/オリヴィア・ウィリアムズ私の持論だけど、人って生きた分だけ人生わかるし、傷ついた分だけ成長すると思う(あくまでも前を向いて生きていこうとする気持ち... ...続きを見る
寄り道カフェ
2011/03/03 15:42
17歳の肖像
2009年 イギリス 101分 監督:ロネ・シェルフィグ 出演:キャリー・マリガン ピーター・サースガード ドミニク・クーパー ロザムンド・パイク アルフレッド・モリナ  大きな時代の転換期を目前にした60年代初頭のロンドンを舞台に、多感で好奇心旺盛な16歳の少女が、はるかに年の離れた30代のプレイボーイと恋に落ちたことで体験する危うくも刺激的な日々と、揺れる心の軌跡を瑞々しいタッチで綴る思春期ドラマ。英国の女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録を基に、「幸せにな... ...続きを見る
RE940の自作DVDラベル
2011/03/03 21:53
『17歳の肖像』
(原題:An Education) ...続きを見る
ラムの大通り
2011/03/03 21:58
mini review 10497「17歳の肖像」★★★★★★★☆☆☆
イギリスの人気記者リン・バーバーの回想録を基に、ベストセラー作家のニック・ホーンビィが脚本を手掛けた注目の青春ムービー。年上の男性と劇的な恋に落ち、それまでの人生が一転する少女の変化と成長を描く。賢くキュートなヒロインを演じるのは『プライドと偏見』のキ... ...続きを見る
サーカスな日々
2011/03/03 22:48
17歳の肖像(2009)An Education
  あの頃に戻っても、                 私は私を止めたりしない。 5月8日、公開初日のレイトショーにて鑑賞。公開を楽しみにしていた作品です。割引ディまで待てず、レイトショーなら1200円で鑑賞できるので、早速足を運びました。 サンダンス... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2011/03/03 23:52
ある教育〜『17歳の肖像』
 AN EDUCATION ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2011/03/04 23:57
『17歳の肖像』 映画レビュー
『 17歳の肖像 』 (2009) &#160;監  督 :ロネ・シェルフィグキャ スト :キャリー・マリガン、ピーター・サースガード、ドミニク・クーパー、ロザムンド・ パイク、エマ・トンプソン、アルフレッド・モ... ...続きを見る
さも観たかのような映画レビュー
2011/03/10 01:47
『17歳の肖像』
美人だ、、、もしくは可愛い顔にも関わらず?オックスフォード大学を目指すくらい頭脳もデキがよく、チェロまで弾けちゃう16歳の女の子、ジェニー。 本作は、英国の女性ジャーナリストの回想を脚色して映画化されている。現代では、ジェニーのような3種の神器を兼ね備... ...続きを見る
千の天使がバスケットボールする
2011/03/24 21:52
17歳の肖像
(2009/ロネ・シェルフィグ監督/キャリー・マリガン=ジェニー、ピーター・サースガード=デイヴィッド、ドミニク・クーパー=ダニー、ロザムンド・パイク=ヘレン、アルフレッド・モリナ=ジェニーの父ジャック、カーラ・セイモア=ジェニーの母マージョリー、エマ... ...続きを見る
テアトル十瑠
2014/01/17 18:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ほほーっ、かなり好評ですね。
「○○の肖像」なんて、ふた昔前みたいなタイトルで、ヒロインも見た目はそんな美人じゃないのに賞レースで話題になったりと、気にはなっておりましたが、読ませていただいて予定リストの棚に載っけました。
十瑠
URL
2011/03/03 07:19
こういう作品になると、映画評価はオカピーさんとは嬉しいくらいにガバッと重なるわ〜(笑)
<「あの頃に戻っても、私は私を止めたりしない。」今回のこのコピーも褒めたいくらい。>私の本作鑑賞記事の一文。
みんなこうやって煮え湯飲まされたり、自分から火に飛び込んで生きるテクニックを覚えていく。精神や根性までもが人生テクニックで染まってしまうのか、あの頃に戻っても、私を止めたりしないって言えるものをもって大人になっていくのかが分かれ道。
ケアリー・マリガンの初々しさと、ピーター・サースガードの妖しい気だるさ。キャスティングも良かったなって思う。ピーター・サースガード、彼はちょっと眼が離せないなかなかの役者ですね。
シュエット
2011/03/03 15:52
十瑠さん、こんばんは。

>美人じゃない
おっと。割合僕の好みです^^)v
元テレビ朝日の渡辺真理に似ていると仰る方もいらしましたが、そう言えば真理ちゃんも結構好みでした。
基本的に、本作がここまでの好感触を得たのは彼女の英国的雰囲気のおかげと思います。アメリカの女優がやったらもっと理詰めになってしまうのではないかな。

もう一つは監督のタッチですね。呼吸が良く、アメリカの職業監督にはちょっと出せない爽やかな後味が収穫でした。
オカピー
2011/03/04 00:15
シュエットさん、こんばんは。

彼女は煮え湯から良い教訓を得たんですね。
僕なんか十代の頃冒険しなかったから、積極的な失敗がない代わりに、しなかったことによる後悔が大いにありますよ。

>精神や根性までもが人生テクニックで染まってしまうのか
それではあまりにも寂しい。

>ピーター・サースガード
適役だったのではないでしょうか。
ハンサム過ぎず、実感がありましたよね。
オカピー
2011/03/04 00:22
こんにちは。
性的な冒険心も、さらりと描かれていて、なんか国は違えど、青春のエッセンスをよくかもし出しているなあと思いました。
kimion20002000
URL
2011/03/04 03:00
kimion20002000さん、こんにちは。

そうですね。
本質的な部分は国を問わないんですね。
しかし、この爽やかさは一昔前の英国的だなあ、と思わせます。今の英国はタガが外れすぎていますでしょ?
オカピー
2011/03/04 14:24
余所様の古い記事には基本的にTBしないと決めておりましたが、今年から方針変更、古い記事にもどしどしTBさせてください。当方の読者が博士の記事を直ぐに参照できるように。

3年前に予定リスト棚に入れた作品は、予想通り何度も楽しませてくれました。
十瑠
2014/01/17 18:50
十瑠さん、こんにちは。

>古い記事
お粗末なものしかございませんが、読んでいただければ、もしかしたら役に立つことがあるかもしれませんね。

なかなか良かったでしょ!?
この女性監督、他の作品を見ても、有望と思っておるのです。
オカピー
2014/01/17 20:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「17歳の肖像」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる