プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「エレジー」

<<   作成日時 : 2010/12/20 13:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 4

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2008年アメリカ映画 監督イザベル・コイシェ
ネタバレあり

「さよならコロンバス」という40年くらい前の映画化作品が印象に残る純文学作家フィリップ・ロスの「ダイング・アニマル」をスペイン出身の女性監督イザベル・コイシェが映像化した純文学映画。

息子が35歳ということだから60歳くらいと思われる大学教授ベン・キングズリーが、前の妻と離婚後教え子パトリシア・クラークスンと20年近く性愛だけの割り切った関係を続けているある時、キューバ系美人の教え子ペネロペ・クルスに関心を覚え、持論の快楽主義を忘れて深入りし、過去の男性は勿論これから現れるであろう男性にまで嫉妬し始める。

その嫉妬は老境にある不安やコンプレックスの発露でもあり、恋愛もののように見える本作が本当に描きたかったであろう部分である。それは魂の触れあうような関係を求める彼女の「家族パーティーに参加してほしい」という要請から逃げ出す結果を生み出し、それに深手を負った彼女との別離を呼ぶ。かくして終ったこのロマンスは、しかし、2年後彼女の乳癌発症で、関係性を変えて再開される。

というお話で、原作についてはよく解らないが、この映画版はロマンスを通して教授の内省即ち心模様に迫る作品のように思える。彼の良き相談相手だった詩人デニス・ホッパーは途中病死してしまうものの、生前二人が話し合っていた場面も彼の内省と考えてそのまま通るような作り方がされていて大変興味深い。

さて、ストーリーの最後の部分に使った“関係性”で僕が言おうとしたのは、ゴヤの名画「裸のマハ」にも比肩すべき完璧な美しさを持つ乳房を失い、死の恐怖と向かい合うことになるペネロペ故に、年齢から衰えと死を意識せざるを得ない老教授が引け目も感じずに純粋に精神的に付き合えるようになったと想像される、ということである。

作劇に若干曖昧さを残すが、インテリの老境を描いてなかなか面白い映画と言えるのではあるまいか。

ペネロペは久しぶりに日本のCMに出ていた頃を思い出させる可憐さでしたね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
mini review 09407「エレジー」★★★★★★★★☆☆
現代アメリカ文学の巨匠、フィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」を映画化した大人の愛の物語。セックスから関係をスタートさせた男女が、真の愛に目覚めるまでをしっとりと描く。身勝手な大学教授役に... ...続きを見る
サーカスな日々
2010/12/20 14:58
男というもの 「エレジー」「ヴィーナス」
    C・イーストウッド監督作「チェンジリング」を   観た後いつもの珈琲豆焙煎店に寄って、さあ、バスの   時間まで“ああ、充分間に合うわ&#65374;”と時計に目をやる。 ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2010/12/20 16:31
エレジー
アカデミー賞ノミネートのペネロペ・クルスと、アカデミー賞俳優ベン・キングスレーの共演。監督は親日家のイザベル・コイシェ。村上春樹をこよなく愛し、次回作『Map of the sounds of Tokyo』は菊池凛子主演で制作する予定だそうです。ちなみウィキペディアによればにエレジーとは「Elegy」と書いて悲しみを歌った詩などの文学、楽曲をさすのだとか。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2010/12/20 16:49
『エレジー』
□作品オフィシャルサイト 「エレジー」□監督 イサベル・コイシェ&nbsp; □原作 フィリップ・ロス(「ダイング・アニマル」)&nbsp; □脚本 ニコラス・メイヤー □キャスト ペネロペ・クルス、ベン・キングズレー、デニス・ホッパー、パトリシア・クラークソン、ピーター・サースガード、デボラ・ハリー■鑑賞日 1月25日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 男と女のと30歳の年の差を超えた愛を描く本作。 大学教授のデヴィッドを演じるベン・... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2010/12/20 17:18
エレジー/ベン・キングズレー、ペネロペ・クルス
今週、私が一番楽しみにしていたのがこの映画だったりします。理由を聞かれると困っちゃうんですけど、総合的な直感(笑)。予告編だけでも文学的な香りが漂ってくるし、監督がイサ ... ...続きを見る
カノンな日々
2010/12/20 17:33
ラーメン哀歌
「エレジー」 「ラーメンガール」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/12/20 19:08
★「エレジー」
今週の週末ナイトショウは・・・ 公開初日の「レボリューショナル・ロード」や「007償いの報酬」、 先週公開された「感染列島」も観たかったけど・・・ ひらりん的にはやっぱり、ペネちゃんモノを最優先。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/12/21 03:17
エレジー◇ELEGY 愛があるなら年の差なんて・・・。
たとえ恋愛経験豊富でも・・・・・。 いつも恋するときは、初恋と同じ?なるほどね。どんなに多くの恋を経験しても、そのことが活かさ... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/12/21 11:08
09-51「エレジー」(アメリカ)
二人の求める未来とは?  老境を迎えつつあるデヴィッド・ケペシュは名の売れた大学教授。これまでの人生で、恋愛においては心の結びつきよりも刹那的な快楽を謳歌してきた男。  ある時、そんな彼は30歳も年の離れた学生コンスエラ・カスティーリョの美貌に目を奪われる。デヴィッドとは対照的な恋愛観を持つコンスエラだったが、やがてふたりは恋に落ちる。  そして、完璧な乳房を持つコンスエラの肉体の虜となってしまうデヴィッド。親友である詩人のジョージは深入りするなと忠告するが、いつしかデヴィッドは人生... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2011/01/03 19:02
映画『エレジー』を観て
9-7.エレジー■原題:Elegy■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:112分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:1月24日、シャンテシネ(日比谷)スタッフ・キャスト(役名)□監督... ...続きを見る
KINTYRE’SDIARY
2011/03/27 15:03
映画評「しあわせへのまわり道」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年イギリス=アメリカ合作映画 監督イザベル・コイシェ ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/03/15 09:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ペネロペは可愛いですねぇ。
教授の狂いようもなんとなくわかりますねぇ。
老境論として面白いところもあるけど、自分なんかは「枯山水」の世界にこもっています(笑)
kimion20002000
URL
2010/12/20 15:00
何回目かの"齟齬"があった頃(^ ^)の
拙記事勇気を持ってTBさせていただきました。
イザベル・コイシュ、
いい仕事をする監督だと思います。
vivajiji
URL
2010/12/20 16:47
kimion20002000さん、こんばんは。

>ペネロペ
ここのところはスペイン人らしく豪快だったり、可憐な役が余りなかったですが、今回は(僕らが勝手にそう思っている)ペネロペの原点に戻った感じで、嬉しかったです。

>「枯山水」の世界
僕はまだそこまで割りきれません(笑)。
オカピー
2010/12/20 22:48
vivajijiさん、こんばんは。

>"齟齬"
その際にはご迷惑をお掛けいたしました。
今後も努力致しますが、また大失敗をしでかすかもしれません。その時にはお手柔らかに叱って下さいませ。<(_ _)>

>イザベル・コイシェ
僕が観た三本の作品はいずれも繊細な作品でした。
多少不満が残るところもあるので、もう一つ突き抜けて傑作を作って欲しいと思います。
オカピー
2010/12/20 23:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「エレジー」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる