プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ジュリー&ジュリア」

<<   作成日時 : 2010/12/18 16:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 0

☆☆☆(6点/10点満点中)
2009年アメリカ映画 監督ノーラ・エフロン
ネタバレあり

アメリカでは知らぬ者がいないと言われるほど有名らしい料理研究家ジュリア・チャイルドの半生と彼女のレシピ集に影響された女性公務員ジュリー・パウエルの日々を交錯させる一種の女性映画。

1949年外交官の夫(スタンリー・トゥッチ)と共にパリにやってきたジュリア(メリル・ストリープ)は食べることが好きで、英語で書かれた本格的なフランス料理レシピ集がないことに不満を覚え、それなら自分で作ってしまえと料理教室に通うことから始め、料理の上手い友人たちと本を発行することを決めるが、原稿通りに構成すると百科辞典のように分厚くなる為に出版社に敬遠されてしまう
 片や、9・11の遺族からの電話対応に追われる公務員ジュリー(エイミー・アダムズ)は編集者の夫(クリス・メッシーナ)の愛情に恵まれながら似たような毎日にうんざりし、作家志望の前身を生かしてジュリアの著書に載っている524のレシピを1年間で実行した結果をブログに綴ることを思い付く。

テーマは理解のある夫に恵まれた二人の女性が平凡な日常から生きがいを見出す姿を交互に描くことで、その対照と類似により面白可笑しく彼女たちの人生航路を見せようという寸法。

僕は料理に全く興味がなく日本の料理家も碌に知らないわけで、ましてアメリカの料理家など知るはずがないが、便利な世の中になったものでYouTubeで本物のジュリア・チャイルドの映像は観られ、メリル・ストリープのそっくりさんぶりを楽しむことができる。
 個人的にはそれより、ジュリーが365日で524もの料理を作ってその結果をブログで報告する作業は、年間400本強の映画を観て映画評をブログに綴る僕の日常と重なるところがあり、シンパシーが湧く。但し、前述通り料理が素材なので興味津々というところまでは行かない。

映画は後半ジュリアがいかに出版に漕ぎつけるか、また、ジュリーがいかにブログから新聞、新聞から出版へと駆け上って行くかをオーヴァーラップさせる。
 その為にマッチカット(例えば、ベッドで場面を繋ぐ。片や二人片や一人の対照となっている繋ぎが印象的)やそれに準ずる場面の繋ぎ(例えば幕切れ)が増えて映画的な魅力が増して来るが、実話故に不満が残る部分も少なからずある。

その中でどうもすっきりしないのが、ほがらかなジュリアがジュリーの行為を不快に思ったらしいことに対応する映画的展開――例えばジュリーがジュリアに会いに行く――がなかったこと。何故ジュリアが不興を覚えたのか全く解らないままジュリーの片思い的に終わるのでは作劇的に些か締りがない。構成として二人が完全に平行に描写される現状通りの展開のほうが美しいのは確かなので、ジュリアが不快に思ったというエピソードは紹介しないほうが良かっただろう。

といった次第で、ノーラ・エフロンとしては失敗作だった前作「奥さまは魔女」よりはずっと良いが、脚本作の「恋人たちの予感」や脚本・監督作「めぐり逢えたら」の頃のひらめきがまだ蘇らない。

ダウト〜あるカトリック学校で〜」の再共演組メリルとエイミーの演技は楽しめる。

今年のオカピー映画賞女優部門ではメリルかエイミーかで悩むことになりそう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(15件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スプーン料理
「ジュリー&ジュリア」 「曲がれ!スプーン」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/12/18 16:36
ジュリー&ジュリア
公式サイト。原題:Julie & Julia。ノーラ・エフロン監督、メリル・ストリープ、エイミー・アダムス、スタンリー・トゥーチ、クリス・メッシーナ、リンダ・イーモンド。2つの実話に基 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2010/12/18 18:39
ジュリー&ジュリア/メリル・ストリープ、エイミー・アダムス
『ユー・ガット・メール』のノーラ・エフロン監督が60年代にアメリカで大人気となった料理家ジュリア・チャイルドをモチーフにジュリアとジュリアの料理本で人生にチャレンジする ... ...続きを見る
カノンな日々
2010/12/18 21:29
『ジュリー&ジュリア』 ('09初鑑賞193・劇場)
☆☆☆☆− (5段階評価で 4) 12月30日(水) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 14:40の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2010/12/18 21:37
ボナペティ!〜『ジュリー&ジュリア』
 JULIE & JULIA ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2010/12/18 22:33
ジュリー&ジュリア
『マンマ・ミーア』のメリル・ストリープと『サンシャイン・クリーニング』のエイミー・アダムスが、『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』以来の共演。他にも『プラダを着た悪魔』でメリルと共演したスタンリー・トゥッチ、『それでも恋するバルセロナ 』のクリス・メッシーナも出演している。監督は『ユー・ガット・メール』のノーラ・エフロン。伝説の料理研究家と現代のOLという2人の実話を下に描かれたハートフルドラマだ。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2010/12/18 23:35
『ジュリー&ジュリア』'09・米
あらすじ1949年、ジュリア(メリル・ストリープ)は外交官の夫の転勤でパリにやって来る。そこで食に目覚めた彼女は名門料理学校ル・コルドン・ブルーのプロ養成コースに通いや... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2010/12/19 09:25
ジュリ―&ジュリア♪Julie &amp; Julia
&amp;nbsp;Bon A... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/12/19 10:56
映画:ジュリー&ジュリア JULIE &amp; JULIA ベスト10入りも止むない...なぜかと...
飛行機内でみた映画その2、ジュリー&ジュリア JULIE &amp; JULIAです。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2010/12/19 15:08
★「ジュリー&ジュリア」
今週の平日休みも爆睡し過ぎで、一本のみの鑑賞。 最近活躍が目立つ新旧!女優、 メリル・ストリープとエイミー・アダムスの共演作。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/12/20 01:52
ジュリー&amp;ジュリア
妹が試写会で観て来て 「観てみて」というので観ました。 妹はブログ「あまいヒトトキ 」にも記事を書いてました。 たぶん、妹が推さなかったら観なかったと思う映画です。f(^^;) ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2010/12/22 14:29
『ジュリー&ジュリア』
ずっと観よう、観ようと思っていたのに時間があわずに観られなかった『ジュリー&ジュリア』。 新宿武蔵野館での最終上映日だったと思われる2/4にやっとのことで観てきましたー。 料理とブログを題材にしている映画、とっても興味深い感じで観られました。 ...続きを見る
Cinema + Sweets = ∞
2010/12/25 00:46
ジュリー&ジュリア
Julie & Julia (2009年) 監督:ノーラ・エフロン 出演:メリル・ストリープ、エイミー・アダムス、スタンリー・トゥッチ、クリス・メッシーナ 時代を違える2人のアメリカ人女性が料理を通して、人生を謳歌していく様を描いたドラマ。 1940年代、パリで学んだフランス料理をアメリカの家庭に紹介したジュリア・チャイルドと、2002年、彼女の料理本に記された524のレシピを1年間作り続けた様子をブログに載せて有名になったジュリー・パウエルの姿を交互に描いていく。 それぞれ、戦後の赤狩りと9... ...続きを見る
Movies 1-800
2010/12/27 21:17
10-01「ジュリー&ジュリア」(アメリカ)
私がパンなら、あなたはバター  1949年。外交官の夫ポールと共にパリにやって来たアメリカ人主婦、ジュリア・チャイルド。天真爛漫で食べることが好きな彼女はフランス料理に魅了され、名門ル・コルドン・ブルーに通い始める。やがてフランス料理のレシピ本執筆に情熱を注いでいく。  現代のニューヨーク。作家になる夢を持ちながらも現状に満たされないものを感じ、何かを変えたいと思っているOL、ジュリー・パウエル。彼女は、ひょんなことから料理ブログを思い立ち、その中でジュリアの524レシピを365日です... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2010/12/31 22:49
ジュリー&ジュリア
ジュリー&ジュリア / JULIE & JULIA ...続きを見る
RISING STEEL
2011/02/12 12:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ジュリー&ジュリア」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる