プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「戦場のレクイエム」

<<   作成日時 : 2010/10/06 14:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆★(5点/10点満点中)
2007年中国映画 監督フォン・シャオガイ
ネタバレあり

女帝<エンペラー>」で内容・手法共に首を傾げたフォン・シャオガイが作った実話ベースのお話である。

1948年、国民党と内戦を繰り広げる中国共産党人民解放軍の中原野戦軍第2師団第139連隊第3大隊第9中隊は熾烈を極める淮界戦役で苦戦を強いられ、炭坑跡を守ることになったチャン・ハンユー率いる中隊は彼を除いて全滅する。
 生き残った中隊長は撤退を知らせる集合ラッパを聞き洩らしたという後悔の思いに苛まれながら国共内戦、朝鮮戦争を辛うじて生き抜くが、いざ生還してみると第9中隊は存在そのものが認められず、戦死者は失踪扱いになって絶望する。
 やがて中隊の存在は認められるものの、連隊長が彼の中隊を犠牲に他の部隊を救おうとしたことを知って激怒、部下が戦死したことを証明しようと埋ったと思われる炭坑跡にできた山を一人で崩し始める。これがこのまま続けば菊池寛「恩讐の彼方に」になるが、そうなる前に中隊全員の戦死が解放軍により認められ、彼の辛苦は報われる。

という物語で、なかなか世評は高いが、僕には気に入らない点が多い。

まずは前半の激しい戦闘場面における揺れるカメラである。先日「サバイバル・フィールド」の映画評で【揺れるカメラ=臨場感】という観念は映像言語という観点から問題があると指摘した。しかし、そんな難しい話でなく、本作の戦闘場面は純粋に見づらい画面だから問題なのだと指摘しておく必要がある。しかも本作の揺れる映像は手持ちだからというより(固定カメラを)わざと揺らしているように見える箇所があり益々気に入らない。非常に潜在能力のあるいぶし銀のような映像なのだからじっくり見せても十分臨場感や迫力を出せるはずで、揺れる映像の流行には本当に閉口させられる。

そんなわけで些かしんどいと思いながら観ていくと、後半はドラマ的に見応えが出て来る。部下の死に対して抱く頗る大きな責任感が行動の原動力となっていく男の半生には胸が熱くなるものがある。

しかし、僕の最終的な印象は余りよろしくない。人民解放軍の過ちを追及する内容に見せかけて、所謂プロパガンダ映画のように露骨ではないにしても実は過ちを認める解放軍や共産党を大いに誉め称えている体制寄りの作品としか思えず、余り感心できないのである。

中国現代版四十七義士でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
mini review 09415「戦場のレクイエム」★★★★★★☆☆☆☆
中国共産党の人民解放軍と国民党軍による国共内戦で起きた、生き残り兵士の壮絶な生きざまを事実に基づいて描く骨太な戦争ドラマ。コメディーから人間ドラマまで手掛ける『女帝[エンペラー]』のフォン・シャオガン... ...続きを見る
サーカスな日々
2010/10/06 19:20
戦場のレクイエム/チャン・ハンユー
これは第二次世界大戦後に中国で起きた人民解放軍と国民党軍による国共内戦での兵士たちのドラマを描いた作品です。題材的にもかなり興味をひかれたのですが予告編の映像もハリウッド映画のような迫力でとても楽しみにしてました。 ...続きを見る
カノンな日々
2010/10/06 21:38
★「戦場のレクイエム」
今週の週末ナイトショウは、 「007/慰めの報酬」の先行や、月面ドキュメンタリー「ザ・ムーン」もやってたけど、 ひらりん的には珍しく、戦争ものの本作に興味が沸いたので。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/10/07 01:51
『戦場のレクイエム』
(原題:集結號) ...続きを見る
ラムの大通り
2010/10/07 21:05
『戦場のレクイエム』
体調を心配してくださった皆さん、どうもありがとうございます。 どうにか何日か寝込んでいたら回復しました。今回の風邪は前半喉風邪にやられて、治ったかなと思ったら今度は熱っぽさとだるさにやられてって感じで。 ということでちょっと遅くなりましたが、2009年1本目の映 ...続きを見る
Cinema + Sweets = ∞
2010/10/09 13:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
なんか、最初の方の市街戦の戦闘シーンでは、どちらがどの陣営かわからなくて見ていて混乱しました(笑)。外国の人が、日本の武士集団の戦闘シーンを見ても、同じように混乱するかもしれませんね。
kimion20002000
URL
2010/10/07 01:33
kimion20002000さん、こんばんは。

黒沢明の「乱」のように色で区別してくれると有難いですよね。
どちらにしても内戦で「勝てば官軍」てなわけで、国民党が勝っていたら中国どころか世界は全く変わっていたでしょうね。
オカピー
2010/10/07 20:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「戦場のレクイエム」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる