プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「カムイ外伝」

<<   作成日時 : 2010/10/24 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 8

☆☆★(5点/10点満点中)
2009年日本映画 監督・崔洋一
ネタバレあり

白土三平のコミックを基にした「カムイ外伝」は四十数年前小学生の時好きなTVアニメだった。主人公の抜忍(ぬけにん)カムイのニヒリズムと、厭世観の向うに揺曳する叙情性に胸を打たれたのだ。絵も(読んだことはない)原作より好きだった。水原弘が歌った主題歌は、今でも山道を歩く時などふと思い出して♪忍が〜通る〜けもの道〜♪と歌ったりする。

そういう事情があるので数日前に松山ケンイチがカムイと知って「イメージが違うわい」とがっかりしたものの、ベテラン崔洋一の監督作品なので見ないわけには行かない。

自由を求めて抜忍になったカムイが追手をかわして旅を続け、或る時藩主が可愛がる馬の脚を切り落として逃げた漁師半兵衛(小林薫)を助けるが、恩を仇で返される形で船から落とされた後島に漂着、結局半兵衛の家で養生をすることになる。
 妻のお鹿(小雪)はやはり抜忍で、少年時代に闘ったことのあるカムイを追忍(おいにん=追手)ではないかと警戒する一方、娘サヤカ(大後寿々花)は彼に恋心を抱き一対となっている貝の片方を贈る。
 捕縛された半兵衛を処刑から救出した帰り彼らは漁を邪魔する人食い鮫を退治する徒党と知り合い、村に招き入れる。しかし、その中に追忍が紛れ込んでいた為に村は大虐殺の憂き目に遭ってしまう。

小学生時代に味わった胸を締めつけられるような感覚を本作に求めようとは思わない。小学生の時に読んでこれ以上のものはないと思った「アルセーヌ・ルパン」シリーズでさえ、中学生になって読み返すと思ったほど感激できなかった経験をしているからだ。まして、原作で味わったものと同じような感激を映像化作品に求めるのは筋違いであるし、作者にもいい迷惑である。

とは言え、ワイヤーやCGを始めとするVFXによるアクションがぎこちない為にコミカルに感じられてしまうのは論外で、アクションの大半がスローなのは知恵がなさすぎて興醒める。飛び交う刀剣など速いスピードで見せれば本物らしく見えるものを「マトリックス」のアクションのように見せたいが為にわざわざゆっくり見せて却って絵に見えてしまうのは馬鹿らしいと思いますがなあ。

お話そのものはまずまず観られるレベルだが、画面で大いに気分を壊される作品と言うべし。

そのうち「サスケ」も実写化されるのかなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カムイ外伝
悲哀が足りない。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/10/24 16:30
mini review 10445「カムイ外伝」★★★★★☆☆☆☆☆
白土三平原作の傑作コミックを『血と骨』の崔洋一が実写化したアクション娯楽大作。忍びのおきてに背き、たった一人で追っ手から身をかわす不屈の主人公の苦悩と孤独を浮きぼりにする。孤高のヒーロ... ...続きを見る
サーカスな日々
2010/10/24 17:12
『カムイ外伝』 ('09初鑑賞126・劇場)
☆★−−− (5段階評価で 1.5) 9月19日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2010/10/24 19:55
『カムイ外伝』
----やっとこの映画のお話だね。 ずいぶん長い間、喋らなかったけどその意味ってあるの? 「どう言ったらいいのか、 日が経つにつれて、何から話していいか難しくって。 逆に言うと、一言で終わるん... ...続きを見る
ラムの大通り
2010/10/24 21:04
カムイ外伝/松山ケンイチ、小雪
白土三平さんの原作コミックを宮藤官九郎の脚本によって崔洋一監督が映画化した大型アクション娯楽映画です。宣伝にもかなり力を入れてるようで劇場予告編も迫力たっぷりな映像が印象的でしたけど、こういう場合って期待ハズレになることも多いのでなんとなく不安も過るので.... ...続きを見る
カノンな日々
2010/10/24 21:17
忍びの血〜『カムイ外伝』
 17世紀の日本。最下層に生まれ、忍びとして生きる少年カムイ(松山ケンイチ)。 成長した彼は自由を渇望し、抜忍(ぬけにん)となる。 ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2010/10/24 22:07
カムイ外伝
白土三平の同名漫画が原作。抜忍カムイの孤独な逃亡を描いたアクション時代劇です。主演は『ウルトラミラクルラブストーリー』の松山ケンイチ、共演に『ラスト・ブラッド』の小雪、『252 生存者あり』の伊藤英明、『女の子ものがたり』の大後寿々花、小林薫、佐藤浩市といった多彩な顔ぶれが揃う。監督は崔洋一、脚本が宮藤官九郎というこちらもまた豪華な布陣。この秋『TAJOMARU』と並ぶ若手主演の大型時代劇です。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2010/10/24 22:23
★「カムイ外伝」
シルバーウィーク中はナイトショウをやってるので、 フリーパス使ってもう一本。 ひらりんご贔屓の「ミヤネ屋」ファミリーの崔洋一監督作品。 ひらりん的には監督とかプロデューサーが目立つ作品は気に喰わないんだけど、 松山ケンイチの演技には注目してるので、観てみることに。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/10/25 02:02
カムイ外伝
生き抜け! 製作年度 2009年 上映時間 120分 原作 白土三平 脚本 宮藤官九郎 崔洋一 監督 崔洋一 音楽 岩代太郎 出演 松山ケンイチ/小雪/伊藤英明/大後寿々花/イー... ...続きを見る
to Heart
2010/10/25 13:47
09-295「カムイ外伝」(日本)
彼が受け入れられる場所はあるのか?  17世紀の日本。すさまじい階級社会の中で最下層の子として生まれたカムイにとって、強くなることが生き抜くための条件だった。はからずも忍びの道へと進んだカムイだったが、やがて自由を求めて忍びの世界を抜け出す。抜忍となったことで、追っ手との終わりのない戦いと逃亡の人生が宿命づけられるカムイ。  そんなある日、カムイは漁師の半兵衛を助けた縁で、彼の家に身を寄せることに。しかし半兵衛の妻スガルは、自らも抜忍だったため、カムイの出現に警戒心を募らせる。対照的に... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2010/11/03 17:11
カムイ外伝
 松山ケンイチ主演で、白土三平の同名コミックスを実写化した「カムイ外伝」。2009年に公開された映画だ。 ...続きを見る
本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]
2011/09/02 21:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
この映画は未見ですが、原作漫画「カムイ外伝」は子供の時、兄の書棚から見つけて、ハマって読みました!
ちょうど父親の影響でテレビでマカロニ・ウェスタンの映画をやたら観ていた頃で、「カムイって日本版マカロニ・ウェスタンじゃん!」と思いました。
(なんだ、それ?)

映画を観ないでコメントするのも恐縮ですが、キャスティングを見ただけで「なんか違うだろ」的な匂いが・・・ 汗

個人的には「カムイ外伝」のあの独特の哀感は「今」の日本映画では、ぴったりハマる監督がいない気がします。
溝口映画みたいな映像の世界観だったら、合う気もしますが。
むしろ今の監督だったら、ジョニー・トーやアンドリュー・ラウが香港で撮った方が、カムイらしいカムイが出来上がりそうな気がします。
・・・って映画、観ていないのにケナスのはNGですね!反省。 苦笑
RAY
URL
2010/10/24 17:03
こんにちは。
「サスケ」もきっと実写になるだろうな。手塚の「どろろ」も実写で興醒めしたし(笑)。でも、差別表現がいろいろあるから、なかなかしり込みする連中も多いんだけどね。
kimion20002000
URL
2010/10/24 17:16
RAYさん、こんばんは。

>観ていないのに
あははは。
まあそういうことでしょうけど、僕も現時点で観ていない「大奥」にケチを付けています。
女性が将軍でも良いでしょうが、本来大奥に女性がたくさんいたのは世継ぎ問題の為なので、男性がいくらいても将軍が一人では意味がないはず。
・・・なんて具合にね。

>日本版マカロニ・ウェスタン
逆に言えば、マカロニ・ウェスタンが劇画的ということですよね。^^

>キャスティング
何だか僕が観る前から気に入らなかった松山ケンイチは3対2くらいで好評らしく、寧ろ小雪のほうが評判悪いですね。僕は、小雪は非現実的で面白いと思うんですが。
ケンイチ君はやはりイメージではなかった。^^;

>溝口映画
モノトーンの世界ということでしょうか。
動くものなら僕はTVアニメが良いです。今度再放映があったら録っておきたいな。
オカピー
2010/10/25 00:29
kimion20002000さん、こんばんは。

>「サスケ」
やはりなりますか(笑)。
CGで何でもできると思っている映画人が多いから仕方がないですかね。

>差別表現
差別がベースになっているような作品でもありますからね。

僕なんか西部劇でインディアンが「先住民」となるのは抵抗があります。古いのではなく最新のアメリカ西部劇が"Indian"と表現しているのに、どうしてインディアンがほぼいない日本でできないのでしょうかね?
他はともかく、インディアン、エスキモー、ジプシーに関しては過剰な管理ではないかと思います。
オカピー
2010/10/25 00:43
少年サンデーだったかマガジンだったか、ずっと連載されていて、こんなの読んだら少女雑誌の甘ったるい漫画なんか読んでられません…というわけで、小学生の頃に夢中になって読んでいたカムイ外伝などは、人生哲学書のごとき品格がありましたよね。
>松山ケンイチがカムイと知って「イメージが違うわい」とがっかりしたものの
この時点で私なんかあっさりとパス。やはり役者の醸し出すイメージって大事。映画を生かすも殺すも最後は絵となる役者次第ってところもあるし〜。カムイ外伝を実写化するのはねぇ…。
どうなんでしょうねぇ。映画もみずにこんなコメント聞き流してやってくださいな。
シュエット
2010/10/25 17:16
シュエットさん、こんばんは。

「少年サンデー」みたいですね。
僕は専らTVアニメシリーズでして、カムイのニヒリズムも孤高が大好きでした。
ルパンを夢中で読んでいたのはその頃かも知れません。
未来に夢を馳せていた幼き頃。

>松山ケンイチ
当たり前ですが、声が中田浩二じゃない!(笑)

>カムイ外伝を実写化するのはねぇ…。
暴挙でしょ?(笑)
そのうち「サスケ」もなるでしょうよ。
こちらはサスケの母への思慕が僕の心を打ちました。
実写にはして欲しくない・・・
オカピー
2010/10/26 00:39
「サスケ」も好きだったけどやっぱり「カムイ」だなぁ。白土三平の漫画に貫かれている孤高の雰囲気。こんな漫画もあったのかと、白土三平の漫画を読んで、今から思えば、私には一つのカルチャーショックだったようです。
「火の鳥」も好きだったけど、こちらも実写もされたけど、これはまぁ、カムイほどの思いいれもないもので…。
シュエット
2010/10/26 13:04
シュエットさん、こんばんは。

シュエットさんと「カムイ」との結び付きは夢にだに思わなかったなあ^^
僕は「カムイ」も「サスケ」もTVアニメなんですけど、結果的にはシュエットさん同様「カムイ」の虚無・孤高の方が強い印象を受けましたね。

貧しい家の子供なので漫画本も買わなかったし、買ってもらいもしなかったので、少年時代から漫画を読む習慣のないまま現在に至ります。
姉が高校の頃に購読していた少女コミックを中学の頃ちょっと盗み読んでいたくらいです。
オカピー
2010/10/26 21:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「カムイ外伝」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる