プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「色即ぜねれいしょん」

<<   作成日時 : 2010/10/12 16:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

☆☆☆(6点/10点満点中)
2009年日本映画 監督田口トモロヲ
ネタバレあり

イラストレーターで音楽活動もしているらしいみうらじゅんはTVで何度か見たくらいで殆ど何も知らないに等しいが、その彼の自伝的小説を縁故のある俳優田口トモロヲが映画化した青春映画。

画像

1974年京都、仏教関係の私立男子高校1年生の渡辺大知は幼馴染で今は別の女子高校に通う石橋杏奈への初恋に悶々とする一方ボブ・ディランが好きでロッカーを目指しているが、大人しく両親にも恵まれロッカーとは程遠い。
 夏休み、親友の森岡龍と森田直幸に“フリーセックス主義者が集まる”と誘われて隠岐島のユースホステルで三日間を過ごすことになり、そこで知り合った短大生の臼田あさ美の電話番号をゲットし再会も果たしても結局何をするわけでもない。しかし、こうした経験の積み重ねが少しずつ彼に勇気をもたらし、文化祭で遂に舞台に立ち思い切ったパフォーマンスを披露、不良たちの見る目も変わってくる。

画像

同じ男子高でも進学率100%の公立高校に通っていたので学園生活は大分違うが、僕は同じ世代だから感覚的に理解できるところが非常に多く、例えばアルバート・ハモンドの「カリフォルニアの青い空」It Never Rains in Californiaは僕ら世代ではかなり印象の強い楽曲の一つである。
 しかし、「青春デンデケデケデケ」のように大量に洋楽が聴けると密かに期待していたので、他にかかる洋楽がディラン「イッツ・オール・オーヴァー・ナウ・ベイビー・ブルー」It's All Over Now Baby Blue一曲とは些か残念だった。版権の問題ですかね?

画像

それはともかく、現在のみうら氏や田口氏の印象(と言っても前述通り余り詳しくない)からもう少しはじけたリズミカルな青春ものになっているかと思いきや、こちらも意外なほど穏当できちんと正攻法に青春映画の王道的ストーリーを展開していて、ある意味がっかりしある意味好感を覚える。
 僕らの時代における平均的高校生像とはまさしく渡辺君扮する主人公のようなものだったと思うからである。高校生程度では、ひどく先行する願望に反して、女性に触れる(文字通りの接触の意味も含めて)チャンスがあっても節度をもって行動するのが僕らの時代だった(多分)。

♪青春なんて ららーらーららららーらー、てか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『色即ぜねれいしょん』
□作品オフィシャルサイト 「色即ぜねれいしょん」□監督 田口トモロヲ □原作 みうらじゅん □脚本向井康介 □キャスト 渡辺大知、峯田和伸、岸田繁、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美、石橋杏奈、森岡龍、森田直幸、大杉漣、宮藤官九郎、木村祐一、塩見三省■鑑賞日 8月16日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 男性にしてみれば、思春期に誰しも少なからずこんな経験をしたことがあるだろう。 それはどことなく懐かしく、過ぎ去りし青春時代の入口の、最初... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2010/10/12 17:39
「色即ぜねれいしょん」を「金閣寺」風に観ると
公式サイト。みうらじゅん原作、田口トモロヲ監督、渡辺大知、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美、森田直幸、森岡龍、石橋杏奈、岸田繁、峯田和伸、大杉漣、宮藤官九郎、木村祐一、塩見三省。1974年の夏の京都が舞台。仏教系の私立高校の物語というのは三島由紀夫の.... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2010/10/12 18:07
青春って奴は〜『色即ぜねれいしょん』
 京都の仏教系私立男子高に通う乾純(渡辺大知)は、やさしい両親に愛され、幸せ 過ぎることが悩み。夏休みが近づいたある日、純は友人に&... ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2010/10/12 21:13
色即ぜねれいしょん/渡辺大知、峯田和伸
原作本は本屋で平積みになってるのを見て読んでみようかなと何度か手に取ったことがあるんですけど、結局買うことはありませんでした。特に理由は無くて他の本を選んでいて順番がまわってこなかったというだけなんですけど、青春小説は大好きなのでこの映画も楽しみにしてま.... ...続きを見る
カノンな日々
2010/10/12 21:14
色即ぜねれいしょん
人気イラストレーター・みうらじゅんの同名の小説を映画化。70年代の京都を舞台にした高校生の青春ドラマ。監督は俳優の田口トモロヲ。主演は2000人を越えるオーディションから選ばれた渡辺大知。共演に『USB』の峯田和伸、岸田繁、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美らが出演。予告編を観る限りでは割と地味な感じを受けていましたが、ベタな青春ドラマ好きとしては観たい一作です。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2010/10/12 23:51
『色即ぜねれいしょん』
----あれっ。この映画も観たのってずいぶん前だったよね。 確か、気に入っていたはずなのに、 お話するの、遅くニャい? 「うん。最初は ...続きを見る
ラムの大通り
2010/10/14 01:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「色即ぜねれいしょん」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる