プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「グッド・バッド・ウィアード」

<<   作成日時 : 2010/08/19 09:48   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 2

☆☆★(5点/10点満点中)
2008年韓国映画 監督キム・ジウン
ネタバレあり

映画検定で二級くらい取れる方ならこのタイトルにはニヤッとし、興味をそそられるのではないかと思う。そう、「続・夕陽のガンマン 地獄の決闘」の原題をもじっているのである。予想にたがわず韓国の監督キム・ジウンが同作にオマージュを捧げた韓国製西部劇と言うべき内容になっている。

画像

しかし、舞台はアメリカ西部ではなくて、日本が野望を抱いていた1930年代の満州。

悪党イ・ビョンホンが大金と交換して渡した地図を列車で移動している日本人銀行家から奪い返す使命を帯びて乗り込むが、列車強盗ソン・ガンホに先を越されたので、闇で売ろうとしているところを奪おうとする。
 しかし、今度は賞金稼ぎチョン・ウソンにガンホ自身を奪われ、地図はその前にガンホの弟により満州馬賊に売り渡される。地図のあるところ銃撃戦ありといった趣で展開、緲々(びょうびょう)たる荒野で馬賊や日本軍が退けられた後この三人が一番強いものを決めようと三すくみの決闘をすることになる。

画像

序盤は「レッド・サン」に想起させ、イ・ビョンホンはアラン・ドロンを彷彿とする。

眼目は「続・夕陽のガンマン」同様終盤の三すくみなのだろうが、中盤のつるべを利用したアクションも格好良く、バイクや馬の疾走にも痺れさせるものがある。カット割りも細かく切ったり長めにパンを駆使したり多彩にしてパワフル、日本製西部劇「スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ」より本格的で幾分か上出来と言うべきだろう。

しかし、場面特に見せ場が長すぎて退屈させられるところも多い。オリジナルを作ったセルジオ・レオーネもどちらかと言えば展開は鈍重でやたらに長いが、話術がぐっと巧みなので楽しめるのである。

画像

評価に影響するほどではないがちょっと気になったのはイの現代的耳ピアス。もっと野趣のあるものでないとムードが出ない。また、蓄音機でかけられるグレン・ミラーの「ムーンライト・セレナーデ」は1939年発表だから数年ではあるが時代的にずれている感じがする(細かくてすみません)。

キムチ・ウェスタンとな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
男たちの躍動
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」 「グッド・バッド・ウィアード」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/08/19 10:01
グッド・バッド・ウィアード/ソン・ガンホ
まず、イ・ビョンホン、チョン・ウソン、ソン・ガンホという韓国でも指折りのムービースターの人気俳優たちを揃えただけでもこの映画には魅力を感じちゃうのですが、それがウェスタンのアクション映画でこの3人がお宝を巡って闘いを繰り広げるというのだから話を聞いただけで... ...続きを見る
カノンな日々
2010/08/19 10:11
『グ ッド・バッド・ウィアード』
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「グッド・バッド・ウィアード」□監督・脚本 キム・ジウン □キャスト イ・ビョンホン、ソン・ガンホ、チョン・ウソン、ユン・ジェムン、リュ・スンス、ソン・ヨンチャン、オ・ダルス、ソン・ビョンホ■鑑賞日 9月6日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 1930年代の満州が舞台のまさに韓国版マカロニ・ウエスタン。 無味乾燥した広大な環境に、一直線に走る満州鉄道。 そこで繰り広げられるギャングと賞金稼ぎ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2010/08/19 12:24
グッド・バッド・ウィアード
『甘い人生』のキム・ジウン監督が西部劇を作ってしまった!「ムチャクチャデイイノダ!」をキャッチコピーに1930年代の満州を舞台で繰り広げられるハチャメチャなアクションが売り。主演は『私の頭の中の消しゴム』のヨン・ウソン、『G.I.ジョー』が記憶に新しいイ・ビョンホン、そして『グエムル -漢江の怪物-』のソン・ガンホ。予告編を観て以来楽しみにしていた期待作です! ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2010/08/20 00:09
グッド・バッド・ウィアード
 原題:THEGOOD・THEBAD・THEWEIRD 9月2日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。レディスデ―ということで1000円で観ることが出来ました。ついにフリ―パスポートのポイントも貯まりました。機会をみてパスポートでガンガン観ようと計画中です。 さて本作は、2008年公開の韓国映画で、名作『続・夕陽のガンマン』(The Good, the Bad and the Ugly、1966年)にインスパイアされて創作された独自の韓国版西部劇(キムチウェスタン)だそうです。主役をつとめる3人、この... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/08/20 00:44
グッド・バッド・ウィアード
?? ?, ?? ?, ??? ? (2008年) 監督:キム・ジウン 出演:ソン・ガンホ、チョン・ウソン、イ・ビョンホン 1930年代の満州を舞台に、それぞれの思惑を抱えた3人の男が日本軍の隠した宝の争奪戦を繰り広げる韓国製アクション映画。 クリント・イーストウッド主演のイタリア製西部劇「続・夕陽のガンマン」をモチーフにしている為、マカロニ・ウエスタンならぬキムチ・ウエスタンと言われているようで、三角形を成して立つ3人が撃ち合う名シーンが再現されている。 ただ、そこに辿り着くまでが非常に長く... ...続きを見る
Movies 1-800
2010/08/20 01:16
★「グッド・バッド・ウィアード」
今週の平日休みも「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 いよいよシネマイレージが6000ポイント貯まりましたよーー。 いい時期見計らって「一ヶ月無料パス」を使って観まくってやるぅぅぅ。 本作は、久しぶりの韓流映画。 チョン・ウソン、イ・ビョンホン、ソン・ガンホ・・・という、 ひらりんでも知ってる俳優の共演。 西部劇のリメイクらしいけど・・・。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/08/23 02:12
09-230「グッド・バッド・ウィアード」(韓国)
いったいこれは何の地図?  1930年代の満州。そこは満州事変以降、様々な民族・人種が入り乱れ、無国籍空間と化した混沌の大地。プライドが高く、何事も一番でないと気が済まない“ギャングのボス”パク・チャンイは、荒野を疾走する大陸横断列車を襲撃する。その目的は日本軍が残した“宝の地図”。  ところがそれを“間抜けなコソ泥”のユン・テグが横取りしてしまう。するとそこに、並外れた狙撃の腕を持つ“賞金ハンター”パク・ドウォンがチャンイの首を狙って現われる。  やがて3人は宝の地図を巡って虚々実... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2010/08/28 14:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
オカピーさん、こんにちは^^
いつもTB、ありがとうございますm(__)m
この映画、僕的にはソン・ガンホがビョンホンやウソンを抑えて
脇役ながら実は主役だったような気がします。
あの2枚目(多分)二人に挟まれたら、このガンバリわかります(笑)
客席でビョンホンやウソンの姿に一喜一憂しているオバサンたちとは逆に、
僕は心の中でソン・ガンホを応援してましたよ(笑)
cyaz
URL
2010/08/19 12:31
cyazさん、お久しぶりです。<(_ _)>

>ソン・ガンホ
仰るとおりでしょうね。
そういう反応を尻目に三枚目を応援するというのは映画館ならではなの面白味かもしれません。
TVで、しかも一人で観ることが多い僕にはなかなか味わえない楽しさみたいです。
オカピー
2010/08/20 00:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「グッド・バッド・ウィアード」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる