プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「サンシャイン・クリーニング」

<<   作成日時 : 2010/08/17 14:36   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 9 / コメント 4

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2008年アメリカ映画 監督クリスティン・ジェフズ
ネタバレあり

タイトルと言いドラマ設定と言いアラン・アーキンの出演と言い「リトル・ミス・サンシャイン」に似ているドラマだなあと思ったら、同作品の製作者グループが絡む作品であった。

画像

ヒロインのエイミー・アダムズは高校時代には人気チアリーダーだったのも今は昔、現在は三十代で掃除婦をして食いつなぐだけの冴えないシングルマザー。問題児である小学生の息子だけでなく、変な事業に凝る老父アーキン、仕事が長続きしない妹エミリー・ブラントを抱えて右往左往するある日、高校時代の恋人で不倫相手の刑事スティーヴ・ザーンに血みどろの事件現場を掃除をする仕事を紹介して貰い、幾つかこなした後妹を助手に本格的に起業する。
 仕事に軌道に乗った頃、エイミーが出産前祝い同窓会(ベイビー・シャワー)に出ている最中にエミリーが出火してしまい今までの努力が水泡に帰してしまうが、また掃除婦に戻ろうと決心したその時ダメ親父が素晴らしいプレゼントをもたらす。

画像

現場清掃が本格的に扱われた「ザ・クリーナー 消された殺人」を先に観た人は多少損をしている感を覚えると同時に、逆に現場清掃がそれほど詳細に描写されていない点について不満を覚えずに済むかもしれない。

それはともかく、僕はこの映画が大変気に入った。ユーモアとペーソスを交えながら進行する点で「リトル・ミス・サンシャイン」によく似ているが、登場する人間が尽く奇妙すぎるあの作品よりは我々に近い負け組の人々の生活が、非常に実感を伴いつつ、さらりと描かれているからである。

画像

本作の主旨は関係や絆を再確認する家族の姿を描くことであって、家族の関係が劇的に変化する様子を描くことではない。この映画から受ける実感は、まずそこから生まれる。しかし、それをドキュメンタリーのように写実的に扱っても面白くないので、現場清掃という非日常的な要素を持ち込んで若干の戯画化を試みている。僕にはその匙加減が絶妙に感じられ、爽やかな後味をもって見終えることができた。
 現場清掃を自らの傷をぬぐい去るメタファーとしてもっと活用するアイデアもあっただろうし、展開が楽観的過ぎると思えてしまう人には受けは良くないだろうが、詰め込まれたネガティヴな要素が陰々滅々に扱われたら観ているこちらはたまったものじゃあない。完成度よりは後味の映画と言うべし。

エイミー・アダムズが「ダウト〜あるカトリック学校で〜」に続いて好演。エミリー・ブラントも素晴らしい。

苦い味を綺麗にぬぐい去っていますな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サンシャイン・クリーニング/エイミー・アダムス
『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデュースチームによるヒューマンドラマです。予告編の映像でもどことなく雰囲気が似てる感じがしてたので、何気に楽しみにしてた映画です。 ...続きを見る
カノンな日々
2010/08/17 17:09
『サンシャイン・クリーニング』
&nbsp; &nbsp;□作品オフィシャルサイト 「サンシャイン・クリーニング」□監督 クリスティン・ジェフズ □脚本 ミーガン・ホリー □キャスト エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、アラン・アーキン、ジェイソン・スペヴァック、スティーヴ・ザーン、メアリー・リン・ライスカブ、クリフトン・コリンズ・Jr、エリック・クリスチャン・オルセン、ケヴィン・チャップマン ■鑑賞日 7月19日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想>... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2010/08/17 17:16
視界良好〜『サンシャイン・クリーニング』
 SUNSHINE CLEANING ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2010/08/17 19:59
『サンシャイン・クリーニング』 ('09初鑑賞91・劇場)
☆☆☆★− (5段階評価で 3.5) 7月18日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ2にて 11:50の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2010/08/17 20:25
★「サンシャイン・クリーニング」
今週の平日休みは・・・ 毎月14日は「TOHOシネマズ・デー」で1本1000円の日なので、 まとめて4本観てきました・・・「ららぽーと横浜」で。 その2本目。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/08/17 23:46
サンシャイン・クリーニング
アメリカで公開開始時にわずか4館だったのが、642スクリーンで公開するまでに大ヒットしたヒューマン・コメディ。主演は『ダウト 〜あるカトリック学校で〜』のエイミー・アダムスと『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブラント。共演に『リトル・ミス・サンシャイン』でオスカーを受賞したアラン・アーキンも出演している。監督は『シルヴィア』のクリスティン・ジェフズ。 ...続きを見る
LOVE Cinemas 調布
2010/08/18 00:34
サンシャイン・クリーニング
映画を見る会のクールビューティのオススメ作品です。 「リトル・ミス・サンシャイン 」のプロデュースチームの作品だそうですね。 「リトル・ミス・サンシャイン 」は好きな作品だったので、 ちょっと楽しみです。(^^) ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2010/08/18 14:00
サンシャイン・クリーニング
Sunshine Cleaning (2008年) 監督:クリスティン・ジェフズ 出演:エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、アラン・アーキン、ジェイソン・スペヴァック 事件現場清掃の仕事を始めた姉妹の姿を悲喜こもごもに描くファミリー・ドラマ。 それぞれ悩みを内に秘める姉妹が一緒に働くことになり、時に対立しながらも互いを尊重し合い、現状を打破すべく、新しい人生を歩み始めるまでをコミカルな描写を交えながら描く。 「リトル・ミス・サンシャイン」チームが再び集結とあるが、監督や脚本は別人なせいか、... ...続きを見る
Movies 1-800
2010/08/20 01:14
「サンシャイン・クリーニング」
SUNSHINE CLEANING 2008年/アメリカ/92分/PG-12監督: クリスティン・ジェフズ 脚本: ミーガン・ホリー 撮影: ジョン・トゥーン 出演: エイミー・アダムス/エミリー・ブラント/ジェイソン・スペヴァック/メアリー・リン・ライスカブ/クリフトン・コリンズ・Jr/エリック・クリスチャン・オルセン/ケヴィン・チャップマン/スティーヴ・ザーン/アラン・アーキン ...続きを見る
寄り道カフェ
2010/09/14 09:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
アメリカの片田舎でもがく人達を描く作品を観ると、妙な親近感を覚え、味わい深いものがあります。

>現場清掃
日本では役所の仕事なのでしょうか。
hash
URL
2010/08/20 01:24
hashさん、こんばんは。

生活に苦闘する人々は、体制も国も、関係ないということですよね。
片田舎の方が我々の生活感情に近いのかもしれません。

>現場清掃
アメリカでは救急車も完全民間ですね。
よく解りませんが、日本の刑事ドラマ・刑事映画を見てもそれらしく業者を見たことがありません。恐らく役所の仕事なんでしょう。
オカピー
2010/08/20 23:00
おはようございます。
ようように朝晩はそこはかとなく秋を感じさせてくれる涼しい風が吹き始めたこの頃、お変わりなくお過ごしですか?
昨年来からのリフォーム疲れで劇場鑑賞スルーが多くって、WOWOW放映を録画しております。本作も先日ようやくに鑑賞。「リトル・ミス・サンシャイン」は世間の評判は良かったようですが、私的にはどうも今ひとつ楽しめなくって、だから本作も同じ製作チームということで、エイミー・アダムスとエミリー・ブラント共演には惹かれつつも劇場鑑賞はスルーした映画。でも本作は登場人物それぞれにとても共感できた。姉の頑張りも妹の悪ぶった風も、父親の山っ気も、フィクションなんだけど、作り物めいた風に思えなくって。オスカーに対する彼らの接し方から彼らの人柄や優しさが等身大で描かれていたからでしょうね。
彼らの見せる笑顔が本当に自然で。小作品ながら拾い物って思える作品。アラン・アーキンも前作のリトル・ミス・サンシャインのおじいちゃん役よりも生き生きと見えた。エイミー・アダムスとエミリー・ブラント二人ともこれからが楽しみな女優ですね。
遅ればせながらTBさせていただきますね。
シュエット
2010/09/14 09:10
シュエットさん、こんばんは。

いやあ、秋の風は良いですねえ。
さすがに朝と夜は快適になってきました。^^

>「リトル・ミス・サンシャイン」
僕は一応☆☆☆☆は付けたのですが、独特の臭みみたいのを感じて余り好きではなかったなあ。
そこへ行くと本作は、登場人物が我々に実に近い平凡な人々ばかりですし、事件現場の清掃という素材以外は極めて実感を伴う内容で、心にしみる作品でしたね。

>エイミー・アダムスとエミリー・ブラント
二人とも良かった。
エイミーは「ダウト」の好演もあるし、現時点で今年の女優賞候補No.1です。^^
オカピー
2010/09/15 00:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「サンシャイン・クリーニング」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる