プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「セブンティーン・アゲイン」

<<   作成日時 : 2010/07/24 13:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 5 / コメント 0

☆☆☆(6点/10点満点中)
2009年アメリカ映画 監督バー・スティアーズ
ネタバレあり

屈託のない映画が少ない時代にこういう明朗ファンタジーは精神的に大いにヨロシイ。

大学スカウトの来ているバスケットボールの試合に臨む17歳のマイク(ザック・エフロン)が試合直前にガールフレンドのスカーレット(アリスン・ミラー)に妊娠を打ち明けられ大学へ行くのを諦める。

というプロローグの後、20年後すっかり冴えないサラリーマンになっていた彼(マシュー・ペリー)は出世も出来ず妻(レスリー・マン)とは離婚調停中、二人の子供からの尊敬も得られず、あの時代の栄光を取り戻せたらなあと悩んでいる。そんな時老用務員を助けようとして川に飛び込ぶとあら不思議17歳の容姿になってしまう。親友ネッド(トーマス・レノン)に協力して貰って再び高校生としてやり直すことにするが、娘(ミシェル・トラクテンバーグ)と息子(スターリング・ナイト)の抱えている問題に父親として何とかしてやりたいという思いが生まれ、並行して妻をないがしろにしたこれまでを反省、遂に離婚調停の裁判所に駆けつけ、代読の振りをして思いを切々と訴える。

シチュエーション・コメディーに必要な“嘘”と“誤解”の要素を若返りというファンタジーの仕掛けで生み出し、21世紀になって腐るほど作られてきた家族再生のお話をお笑いに包んで快調なテンポで展開している。

素材自体は有難くなくても作り方によって十分面白くなることを証明するコメディーで、お笑いとしんみりしたムードとがバランス良く映像化され、アジアの映画のように極端にならないのはさすがにハリウッド映画といった感強し。「スター・ウォーズ」と「ロード・オブ・ザ・リング」オタクのネッドを巡る傍流エピソードも面白い。

僕は若返るより14の時代に戻りたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
セブンティーン・アゲイン
公式サイト。バー・スティアーズ監督、ザック・エフロン、レスリー・マン、トーマス・レノン、ミシェル・トラクテンバーグ、スターリング・ナイト、マシュー・ペリー、メロラ・ハーディン。17歳は古今東西問わず特別な年齢だ。動物学的には17歳が一番元気であるらしい。 ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2010/07/24 14:38
セブンティーン・アゲイン/ザック・エフロン
またザック・エフロン主演の青春映画をやるんだなァくらいに思ってたんですけど、先日ザックがゲスト出演した「王様のブランチ」を見て映画の内容を知り態度一変、コレは面白そォじゃないですか。なるほどこのタイトルはそういう意味だったんですね。 ...続きを見る
カノンな日々
2010/07/24 18:21
セブンティーン・アゲイン
37歳から、ある日突然17歳に! 人生2度目のハイスクール・ライフが、彼にくれたものとは──? 製作年度 2009年 上映時間 102分 監督 バー・スティアーズ 音楽 ロルフ・ケント ...続きを見る
to Heart
2010/07/24 21:14
『セブンティーン・アゲイン』
(原題:17 Again) ...続きを見る
ラムの大通り
2010/07/25 10:36
09-154「セブンティーン・アゲイン」(アメリカ)
セカンド・チャンスが欲しい  1989年、17歳の高校生マイク・オドネルは、バスケットボールの花形選手。将来を期待されていた彼だったが、大事な試合の当日、恋人スカーレットの妊娠を知り、バスケを諦め、彼女との人生を選択する。  それから20年、出世にも見放され、結婚生活も破綻、2人の子供たちからもバカにされる日々。  そんなある時、彼は不思議な現象に遭遇し、肉体だけ17歳に戻ってしまう。そこでマイクは、親友ネッドの助けを借りて、栄光の青春を取り戻すべく再び高校に転入するが。(「allc... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2010/07/30 23:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「セブンティーン・アゲイン」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる