プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「天使と悪魔」

<<   作成日時 : 2010/06/05 18:51   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 18 / コメント 8

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2008年アメリカ映画 監督ロン・ハワード
ネタバレあり

同じ原作者(ダン・ブラウン)・監督(ロン・ハワード)・主演(トム・ハンクス)による「ダ・ヴィンチ・コード」の正統な続編。

画像

ローマ教皇死亡を受けての後継者選び(コンクラーベ)の最中に、イルミナティという中世・近世から断続的に続くらしい秘密結社から、誘拐した四人の枢機卿を一時間ごとに殺害し、午前零時に科学研究所から奪った“反物質”を爆破させてヴァチカンを全滅させる、という脅迫状が届く。

そこで前作で活躍した象徴学者ラングトン(ハンクス)がヴァチカン警察から招聘され、市内警備担当のオリヴェッティ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)、教皇らの警備を専門とするスイス衛兵隊長リヒター(ステラン・スカーシュゴード)、半物質開発関係者の美女ヴィットリア(アイェレット・ゾラ―)、そして前教皇の侍従(ユワン・マクレガー)と手を組んで事件解決に当たるが、宗教や慣習に対する考えの違いにより互いに疑心暗鬼になる部分が出て来る。

画像

というお話で、土・空気・火・水というギリシャ科学の四大元素をベースにした“見立て殺人”がミステリーとしての興味となるが、物凄いスピードで展開するので推理の醍醐味が薄く、どちらかと言えば冒険映画に分類したいような作りになっている。カメラを積極的に動かした華麗な画面構成は楽しめる。

邦画「神様のパズル」にも出て来た反物質が反応して凄まじい爆破を起す終盤で大活躍した後上空から落下傘で降りて来る人物を天使に見立てる発想もタイトルに絡めて秀逸。

画像

お話の底流にあるのは「薔薇の名前」にも似た科学と宗教の対立ではあるものの、総合力で同作と比較するとさすがに厳しい。最近の邦画は内容の割に長すぎて文句ばかり垂れているが、こちらは20分がとこ短いのではあるまいか。

根比べより知恵比べですな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(18件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『天使と悪魔』'09・米
あらすじ新しい教皇を選出するコンクラーベと行うことになったカトリック教会の総本山ヴァチカンで、候補者である枢機卿たちが誘拐される事件が発生。ラングドン教授は美人科学者ヴ... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2010/06/05 19:26
『天使と悪魔』 ('09初鑑賞64・劇場)
☆☆☆☆− (5段階評価で 4) 5月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:05の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2010/06/05 20:27
『天使と悪魔』
またまた原作は未読ではありますが、気になってたので初日に観てきました、『天使と悪魔』。 明日・明後日でどのくらいの動員をするんでしょうね、めちゃくちゃ気になります。 ...続きを見る
Cinema + Sweets = ∞
2010/06/05 21:12
天使と悪魔/トム・ハンクス
これはもう事前に何も知らなくたって前評判良かろうが悪かろうが観に行っちゃう映画ですよね。でも『ダ・ヴィンチ・コード』の大騒ぎにはかなり振り回されたところもあるので今回はあまり騒がしくないのはかえって好印象だったりします。ワタシ的には一度の鑑賞でわかるのか.... ...続きを見る
カノンな日々
2010/06/05 21:18
天使と悪魔●ANGELS & DEMONS
ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる! 「ダヴィンチ・コード」(06)に引き続き、ダン・ブラウンの小説を映画化した「天使と悪魔」が15日から公開されました。早速MOVX京都で鑑賞してきました。今回はたまったポイントを利用したので、無料鑑賞となりました! トム・ハンクス扮するラングドン教授が今回対決するのは、カトリック教会を憎む科学者たちが作った秘密結社イルミナティ だ。イルミナティの暗殺者が、CERN(欧州原子核研究機構)から強大な破壊力を持つ反物質 を奪い、カトリック教会の総本山である... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/06/05 22:10
『天使と悪魔』
(原題:Angels and Demons) ...続きを見る
ラムの大通り
2010/06/05 23:20
天使と悪魔
もっと考えさせてください。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/06/06 10:41
天使と悪魔 ANGELS & DEMONS
公式サイト。ロン・ハワード監督、トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド。「ダヴィンチ・コード」の続編。ハリソン・フォードの「インディ・ジョーンズ」のようにトム・ハンクスの「ロバート・ラングドン教授」シリーズにな.... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2010/06/06 18:00
天使と悪魔
Angels & Demons (2009年) 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド 2006年のヒット作「ダヴィンチ・コード」の続編で、イルミナティと称する秘密結社から脅迫されたバチカンの為に奔走する大学教授の姿を描くサスペンス。 序盤の“illuminati”という対称型文字を見るだけで、好奇心をかき立てられ、科学者と宗教家の間で、かつて血で血を洗うの争いがあったという説明を聞くことで、更に興味が増す。 その後もロー... ...続きを見る
Movies 1-800
2010/06/06 23:43
★「天使と悪魔」
最近は劇場公開日を金曜日にする作品が増えてきてるけど、 金曜日にオールナイト上映してくれる「TOHOシネマズららぽーと横浜」は、 ひらりんにとって大助かり。 初日の深夜に見てきました・・ しかも、たぶん自身初の「デジタルプリント版」を鑑賞。 たしかに、普段より映像がクッキリしてるみたいで見やすかったね。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/06/07 01:54
科学と宗教〜『天使と悪魔』
 ANGELS & DEMONS ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2010/06/07 11:57
「天使と悪魔」
ユダヤ人大虐殺を決定したヴァンゼー会議を描いた「謀議」に続き、ホロコーストに真正面から向き合ったアラン・レネの「夜と霧」を鑑賞して、突然に180度回転のこの映画の感想。 実は「夜と霧」の後に、ナチスの鍵十字が翻る1936年ベルリンオリンピック大会の記録映画であるレニ・リーフェンシュタールの「民族の祭典」そして「美の祭典」も観たのですが、まだ記憶に新しい北京オリンピックの中国の国家の威信をかけた開会式や、世界に戦後日本の復活をアピールする国家事業でもあった東京オリンピックなどとも重なり、CSでア... ...続きを見る
寄り道カフェ
2010/06/08 10:09
天使と悪魔(感想165作目)
天使と悪魔はWOWOWで鑑賞したが ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2010/07/11 10:48
天使と悪魔 (Angels &amp; Demons)
監督 ロン・ハワード 主演 トム・ハンクス 2009年 アメリカ映画 146分 サスペンス 採点★★★ 神さまって信者の数が増えれば増えるほど力を増すって言うけど、カソリック信者10億人もいれば相当なもんなんでしょうねぇ。10億って言えば、ビートルズのアルバム… ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2010/09/28 15:47
『天使と悪魔』(2009)ロン・ハワードが再び仕掛けた、ラングドン物。素晴らしい出来栄えです!
 今日はたまたま東大阪に行く用事があり、午前中にその用事を済ませてから、駅の近くで見つけたシネコン・スタイルの映画館に行くと、珍しくメンズ・デーというのに遭遇したため、通常よりも格安の料金になっていました。ちょっと得した気分になりました。 ...続きを見る
良い映画を褒める会。
2011/01/06 17:40
『天地創造』(1966)ダイジェスト的に語られる旧約聖書の世界観。スペクタクルなシーンも多い。
 欧米はもちろん、南米を含めた外国映画を観ていると、何気ない部分にもキリスト教文化が深く浸透していることに気づくことが多い。十字架、教会、12使徒の名前、慣用句、お祈りなどなど様々なシーンでキリスト教的な習慣が息づいているのが分かります。 ...続きを見る
良い映画を褒める会。
2011/01/06 17:41
天使と悪魔 宗教も科学も心しだい
天使と悪魔 ANGELS&DEMONS ...続きを見る
RISING STEEL
2011/04/16 10:48
映画評「インフェルノ」(2016年)
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年アメリカ=ハンガリー合作映画 監督ロン・ハワード 重要なネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/07/21 15:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
これは私はよりも面白かった。けど世間の風評はいまひとつ芳しくないみたいな…。原作もこっちの方が面白くって「ダ・ヴィンチ・コード」よりもどうしてこっちを映画化しないのかなって思っていたら、公開が逆だったら「ダ・ヴィンチ・コード」は面白くなかっただろうなって思うし、「ダ・ヴィンチ・コード」の眉唾物にいささかたまったフラストレーションが本作で結構解消されたかな?
>上空から落下傘で降りて来る人物を天使に見立てる発想もタイトルに絡めて秀逸。
んだ!んだ! このシーンなんて結構考えてますよね。秀逸・秀逸(笑)
しかし最近の公開作品でみたい映画のないこと。
先日お家シネマで「メン・イン・ブラック」の1と2を劇場鑑賞以来の再鑑賞して、この頃はこんなに良くできたおバカ映画があって大いに楽しめたのになぁって痛感。溜息交じりでみたい映画がなくってくさっている最近のシュエットです。
シュエット
2010/06/08 11:28
シュエットさん、こんばんは。

前作の「ダ・ヴィンチ・コード」は推理小説というより実際の歴史に関する探究という意味で、シュエットさんが眉唾と言われるところが大変面白かったんですよ。ただ映画を見る前に各TV局の特集で全て知っていたのが残念でしたが。
図書館に原作があったので借りてこようかな。

今度の作品は一般的な冒険ミステリー作品としてはもっと一般的に楽しめるように工夫されていましたね。もう少し「見立て殺人」の場面をじっくり見せたほうがミステリー・ファンとしては有難かったのですが、快調に楽しめたことは確か。物凄いテンポだったのは、各スパンが1時間しかないということを感じさせる配慮なんでしょうね。
オカピー
2010/06/09 00:46
>実際の歴史に関する探究
確かに。歴史に隠されたものなんてのはもともと大いに興味をそそられる方なんで、そういう点では原作も映画もふむふむと面白かったし、テンプル騎士団なんかはワクワクするほど興味ありだったわ。ただ、どうも聖杯伝説がねぇ…。実際キリスト教世界では巷ではどんな話が流布されてるんでしょうね。諸説さまざまなんでしょうけどね。「天使と悪魔」で面白かったのは、壮麗なる建物の地下にある牢獄とか、よく知られているんだけど、そういう宗教のダークな部分ってのにも大いに興味ありなんで、こっちの方が面白かったのかな?
ケンフォレット原作で12世紀のイングランドを舞台にした「大聖堂」の映画化を観たいなって思う。原作は読まれました? 正統派の歴史大作がみたいなって思う。最近少ないですよね。
それと、ブログやってられる方ってvivajijiさんなんかも映画グループで文章書いてらした方も多いんですね。私は仕事で議事録まとめたりなんかの程度で、自分の考えを文字にしてアウトプットすることって、せいぜいPTAがらみで、あとは考えたら大学の卒論以来ですわ(笑)。ただ頭の中であれこれ散らばっているのを言葉と文字にまとめて、自分の中できちんきちんと押しピン押していくって、これは頗る快感でもありますねぇ(笑)。だからブログも続いているのかも。
シュエット
2010/06/09 09:35
シュエットさん、こんばんは。

僕は第1作第2作とも☆☆☆★なのでかなり楽しんだわけですが、ちょっと持ち味が違う感じがあり、並べて鑑賞しないと優劣は決め難いです。
僕にとって宗教ミステリー(映画)は「薔薇の名前」が基準。これを超える作品はなかなか出来そうもないなあ。

>「大聖堂」
殆ど新しい小説、特に映画化されそうなのは読まない僕です。
最近は読む古典がなくなってきたので、新しい(と言っても1960年以降くらい)のも物色中です。シュエットさんがお好きらしい大江健三郎もぼちぼち読み始めたところ(笑)。
映画はまっ白な状態で見るものと思っているので、用心棒さんみたいにどう映画化されるかというのを楽しむ境地にはなかなかなれないものです。

>議事録
懐かしい響き!
尤も、僕は会社では90%以上英文でした。
作文が苦手だから大学生になった時から映画評を書き始めたのですけどね。流れるような文章はとても書けない。まだ英文の方が綺麗な文章が書けそうな気がしますよ。よく話をしたアメリカ人の印象では、相当文語的らしいですが(笑)。
オカピー
2010/06/09 23:56
 こんばんは!

宗教と科学を絡めて語っていくというやり方は効果的だったと思います。また映像的にもヨーロッパらしい宗教文化が良い雰囲気をかもし出し、劇場で観ていて、楽しかったのを覚えています。

 今年最初にアップしたのも旧約聖書の有名エピソードの映画化である『天地創造』でしたので、一緒にTBさせていただきますね!

 ではまた!
用心棒
2011/01/06 17:38
用心棒さん、こんばんは。

宗教ミステリーは多くないですが、なかなか楽しいものが多いですね。僕はこのシリーズは結構気に入っているんですよ。

>『天地創造』
前に触れたような気がしましたが、ほやほやの記事でしたか。^^;
旧約聖書では「十戒」「ソドムとゴモラ」「サムソンとデリラ」などスペクタクルが多く、これまた楽しいですね。
オカピー
2011/01/07 00:07
 こんばんは!

『薔薇の名前』のような陰鬱さと深さには及びませんでしたが、なかなかの楽しさでしたね。欧米人の思想の基礎となっている旧約聖書を完全に理解するのは無理でしょうが、せめて知識としては知っておくべきだと思いました。

 旧約聖書の世界観の映画化というとセシル・B・デミルやジョン・ヒューストンのような“大きい”映画を撮る人しか出来ないでしょうね。今ならスピルバーグかエメリッヒとかになるんでしょうね。

 『2012』なんか現代版のノアの方舟でしたが、今作ったらSFモノになってしまうんでしょうかね。ではまた!
用心棒
2011/01/10 17:29
用心棒さん、こんばんは。

>旧約聖書
有名なお話くらいは知っていますが、詳細にはこれから勉強です。
できれば、vivajijiさんのアドバイスに従って、聖書と解説書みたいなのを並べて勉強したいと思います。

>『2012』
動物まで載せていましたから、正にノアの箱舟の現代版でしたね。
本質的にはSFも神話も似ているかもしれません。
オカピー
2011/01/11 01:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「天使と悪魔」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる