プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「13日の金曜日」

<<   作成日時 : 2010/05/21 15:12   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 4

★(1点/10点満点中)
2009年アメリカ映画 監督マーカス・ニスペル
ネタバレあり

2001年にシリーズ最終作「ジェイソンX」が作られ、2003年には「フレディVSジェイソン」という変化球も作られてそれほど年数も経っていないのに何故リメイクされるのか首を傾げる。CGや3Dといった技術がリメイクに拍車をかけるのは理解しているが、本作にはCGで大々的に見せようとした部分もないし、勿論3Dではない。
 まして、1980年の第1作より前にも後にも似たようなお話がごまんと作られていて、内容的にもリメイクするほどのアイデアが内包されているわけではないのだから、謎でござる。

1980年、サマーキャンプ中にクリスタル・レイクで溺死した少年ジェイソンの母親が係員を殺し続けた挙句に反抗されて殺される。それから凡そ30年後の現在、再開されたキャンプ場で再び惨劇が起こる。
 さらに6週間後、キャンプで行方をくらました妹アマンダ・リゲッティを探しに同地を訪れた青年ジャレッド・パダレッキが、近くの別荘で大騒ぎをしている連中と関わりを持った後、次々とメンバーが失われる中妹を探し出し、遂に殺人鬼(ジェイソンであることは言うまでもない)と対決する。

オリジナル第1作は一部で評価されているが、知恵を絞り技術を駆使して作り出されるサスペンス映画とは次元を異にした、布石もなしに出たとこ勝負のショックを積み重ねるだけの児戯に等しい作品で、若き僕でも苦笑させられた。
 その意味ではこのリメイクも相変わらず出たとこ勝負ではあるものの、妹が失踪する事件を描いた後兄が探すという二段構えにしたお話には多少の工夫が見られる。

とは言え疑問も多く、近くの湖であれほど大騒ぎがあり、近所のおばさんが「彼のことは放っておいて」などと言っているのに別荘の持ち主である青年が何も知らず、パダレッキの言葉を全く信じないのは変である。
 大体外へ出て8時間も経ち夜になっているのに帰って来ない仲間のことを心配もしない連中の程度の低さに、こんな連中は殺されても仕方がないと思えて来て全くヒヤヒヤできないのは、サスペンスとして大問題ですぜ。

アマンダが殺されないことに首を傾げていると終盤になってその理由が判る。ここだけは伏線がありました。

最近のハリウッド映画では【変な東洋人】がおまけのように洩れなく付いてくる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
13日の金曜日
母親思いのジェイソン君。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/05/21 15:42
13日の金曜日/ジャレッド・パダレッキ
子供の頃にテレビで観て「ホラー映画というのはとても恐い映画なんだ」と刻みこまれたのはまさにこの映画のオリジナル版で、迷信とか全く信じないのに何故か「13日の金曜日」を『オーメン』の「666」と同じくらい気にしちゃうんですよね(苦笑)。 ...続きを見る
カノンな日々
2010/05/21 21:50
13日の金曜日(2009)FRIDAY THE 13TH
 残念ながら、2月13日の金曜日公開当日には観れませんでした。 2月26日、MOVX京都にて鑑賞。ポイントが貯まっていたので、今回は無料で観ました。何とこのシリーズは、全部で11作品も製作されているそうです。すべて鑑賞していませんが、ホラー映画の極めつけとまではいかないかもしれないにしても・・・。ここまで根強い人気作品はないかもしれません。 このホッケーのお面がジェイソンのシンボル。1作目と2作目は着用していなかったらしく。3作目にして、かぶったということらしい。その後このホッケー面=ジェイ... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/05/22 01:23
09-44「13日の金曜日」(アメリカ)
あの子を覚えている?  クリスタル・レイクはかつて美しい自然に囲まれ、若者たちに人気のキャンプ場だった。ところがある日、一人の少年が湖で溺死するという事故が起き、キャンプ場は閉鎖されることに。  それから数十年後、キャンプ場が再開された。しかし、ほどなくしてそこを訪れた若者の一行が行方不明になってしまう。またさらに、その事態を知る由もないジェナら大学生のグループがキャンプ場にやって来る。  一方、行方不明となった妹ホイットニーを探すためクリスタル・レイクに向かう青年クレイ。彼は現地で... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2010/05/22 17:47
13日の金曜日
Friday the 13th (2009年) 監督:マーカス・ニスペル 出演:ジャレッド・パダレッキ、 ダニエル・パナベイカー、アマンダ・リゲッティ、アーロン・ヨー 80〜90年代に量産された定番ホラー映画シリーズをマイケル・ベイ製作でリメイク。 ホッケーマスクの殺人鬼ジェイソンがキャンプ地クリスタルレイクを訪れた若者達を殺しまくる。 旧シリーズはTV放映を恐いもの見たさでチラ見した程度で、まともに観たことはないので、本作がどのような位置付けになるのかよくわからないが、オリジナル1作目のリメ... ...続きを見る
Movies 1-800
2010/05/24 01:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やった!初めてお目にかかりましたぞ、1点

娘が小さかった頃、珍しく学校の図書館から本を借りてきまして、なんとエジソンの伝記。少し読み始めた彼女曰く、「な〜んだ、ジェイソンじゃなかったぁ

最近は、この殺人鬼の扮装でおとぼけコントをやるピン芸人がおりまして、私は彼のファンです
十瑠
URL
2010/05/21 18:47
十瑠さん、こんばんは。

>1点
あれっ、多分3本目だと思うんですけど。^^
1点を付けるとしたら二種類あって、何もやっていないに等しいか、何かはやっているが全く支離滅裂。
これは何にもやっていない方ですね。
どちらが面白いかと言えば、支離滅裂のほうです、勿論。

>娘が小さかった頃
傑作です。10点あげてしまいます。

>ピン芸人
うーむ、お笑い界のことは丸っきり分らない。あはは。
オカピー
2010/05/22 00:34
夏になると遊園地で開催されるオバケ屋敷みたいなものでしょうかね。
定番で、内容を変えたら怒られそうなのかな?
たしか、フレディーも復活したとか?(^^♪
ねこのひげ
2010/05/22 12:57
ねこのひげさん、こんばんは。

お化け屋敷に花火大会が一緒になったようなものでしょうか。
突然大きな音がしてビックリする!(笑)
障子を開けたら人が立っていてビックリすることがありますが、僕にはそのレベルとしか思えないですね。

>フレディー
らしいですね。
懲りないねぇ。全部観てきた僕が言うのもなんだけど。^^;
あっ、全部観たから言えるのか。(笑)
ホラー映画は金がかからないという事情がありそうですね。
オカピー
2010/05/23 00:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「13日の金曜日」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる