プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ザ・バンク 墜ちた巨像」

<<   作成日時 : 2010/05/15 17:57   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 9 / コメント 6

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2009年アメリカ=ドイツ=イギリス映画 監督トム・ティクヴァ
ネタバレあり

アイデア勝負の「ラン・ローラ・ラン」で躍進し、「パフューム、ある人殺しの物語」で全く素晴らしい映像世界を披露したトム・ティクヴァの新作は意外やかなり正統派の捜査サスペンスである。

画像

ベルリン、世界的メガバンクIBBCの違法行為を調査中の検事局員が変死、それを調べに同地を訪れたインターポール捜査官クライヴ・オーウェンと女性検事補ナオミ・ワッツはドイツ国内での捜査を禁じられてしまう。
 銀行が取引を希望しているイタリアの軍事メーカー社長に面談した直後首相候補でもある社長が演説中に暗殺され、現場に残された足跡が特製の偽足のものと掴んで犯人を特定するが、その暗殺犯と頭取の側近アーミン・ミューラー=スタールがニューヨークのグッデンハイム美術館で接触中にIBBCの刺客が暗殺犯を狙撃、一緒にオーウェンも殺そうと猛烈な銃撃戦になる。
 辛うじて生き残ったオーウェンは訳ありの側近を抱き込んで頭取ウルリッヒ・トムセンをイスタンブールに飛ばすように仕向け、司法を超えた捕物に挑む。

画像

というお話はややこしいように見えて実はシンプルで、特に前半は「ラン・ローラ・ラン」のようなファンタジーを作ったティクヴァとは思えない程ストレートにサスペンスを構成している。作品のタイプとしては70年代の捜査映画風の渋い味わいで華美な展開を求める若い人にはつまらないかもしれないが、僕ら昭和半ば生まれ以前の世代では手応えを覚える人も多いだろう。

カット割りも適切で切れ味が良い。優れたショット感覚は特に美術館の銃撃戦で発揮され、何が良いかと言えば、やはり登場人物が何をやっているか全体像が解り易く描かれていることである。銃を誰に向けているのか解らないようなカット割りが多い近年の作品の中ではきちんとしている。当り前のことを当り前にやっているだけですがね。

画像

最後に新聞記事が事件後の経過を紹介しているのは良し悪し。つまり、ナオミ・ワッツの検事補が調査を始めるという文言には希望が感じられる一方で、国家を巻き込む巨悪は司法では取り締まり切れないという現実を描いた本編のやりきれなさを中和してしまっているような気がするからである。

「何十日間世界半周」だったのでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ザ・バンク 堕ちた巨像/クライヴ・オーウェン
世界的なメガバンクの裏側に潜む陰謀に斬り込むインターポール捜査官の活躍を描いたクライム・サスペンス。予告編の段階では経済ドラマかと思っていたんですけど、ハリウッドだけにそんなわけもなくやっぱりアクション性の高い作品みたいですね。 ...続きを見る
カノンな日々
2010/05/15 18:11
ザ・バンク−堕ちた巨像−
公式サイト。原題:THE INTERNATIONAL。 トム・ティクヴァ監督、クライヴ・オーウェン、ナオミ・ワッツ、アーミン・ミューラー=スタール、ブライアン・F・オバーン。今日の世界の金融危機を予言したという触れ込みよりも、より正確には金融による世界の制御を後講釈している... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2010/05/15 18:15
『ザ・バンク −堕ちた巨像−』 ('09初鑑賞41・劇場)
☆☆☆−− (5段階評価で 3) 4月4日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:10の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2010/05/15 20:12
『ザ・バンク 堕ちた巨像』(@「シネマのすき間」)
-----この頃、ニュースは 100年に一度の不況と、暗い話ばかり。 だからこんな映画も生まれるのかニャ。 フォーンが今日、 カタログハウス ...続きを見る
ラムの大通り
2010/05/15 22:06
ザ・バンク●堕ちた巨像
  原題: THE INTERNATIONAL 世界中の巨富が流れ込む、その銀行の莫大な資金の行方ーーーー。インターポール捜査官が辿りついた、隠された真相とは。 4月5日、仕事終了後、MOVX京都にて鑑賞。 追い詰める側が追い詰められるという逆転方向に・・・・・。究極のスパイラル・サスペンス。主演もかなり豪華です。クライヴ・オーエンに、ナオミ・ワッツ。そうそう、ナオミ・ワッツの「ファニーゲームU・S・A」を先日鑑賞したばかり。あれは凄い作品でした。彼女は、サスペンス作品が似合う。そして... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/05/16 10:05
ザ・バンク 堕ちた巨像
The International (2009年) 監督:トム・ティクバ 出演:クライブ・オーウェン、ナオミ・ワッツ、アーミン・ミュラー・スタール 国際銀行の悪事を暴こうとするインターポール捜査官の活躍を描くサスペンス・アクション ドイツ、フランス、アメリカ、イタリア、トルコと世界各地を舞台に、度重なる妨害にも負けず、巨大な敵に挑む頑なな意志を持った主人公の姿をハードボイルドタッチで描いており、昔の映画を観ているような懐かしい楽しさがある。 「パフューム」で原作の不可解さをストレートに表現した... ...続きを見る
Movies 1-800
2010/05/16 23:59
★「ザ・バンク 堕ちた巨像」
今週の平日休みは、「TOHOシネマズららぽーと横浜」で3本まとめ観っ。 その3本目。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/05/17 03:41
「ザ・バンク 堕ちた巨像」
THE INTERNATIONAL 2009年/アメリカ・ドイツ・イギリス/117分/ PG-12 at:TOHOシネマズ梅田 監督: トム・ティクヴァ 脚本: エリック・ウォーレン・シンガー 撮影: フランク・グリーベ 音楽: トム・ティクヴァ/ジョニー・クリメック/ラインホルト・ハイル 出演: クライヴ・オーウェン/ナオミ・ワッツ/アーミン・ミューラー=スタール/ブライアン・F・オバーン 国際的な金融機関の企業犯罪を扱った本作。 ...続きを見る
寄り道カフェ
2010/05/17 10:21
世界を支配するシステム〜『ザ・バンク 堕ちた巨像』
 THE INTERNATIONAL ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2010/05/17 17:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
トム・ティクヴァ監督作だったのですね!
貴記事でいま、知りました。^^
近頃のWOWOW放映で最初〜最後まで
じっくり観せてくれたのは
本作と本日の拙記事で取り上げました
A・イーストウッド初監督ものだけ。

本作の白眉は勿論白いモダンな美術館での
円形を使った銃撃戦でしたが、私的には
全編ほとんど全てのショットが素敵且つ
緊迫感に溢れそれでいとても座りがいい、
と感じ「これは凄い監督が出てきた」と
思っていながら調べもせず
雑事に追われてトッピンシャン。(笑)

余談ですが
鑑賞後の数日後、今度はCSで
87年パオロなんとかさんの映画で
ハリボテの白い「巨象」が焼け落ちる
シーンを観ました。
なかなか面白かったと記憶してます。

>銃を誰に向けているのか解らない

ほんとに。
まるで“述語”ばっかりのテッポ戦。
「撃った!」「撃った!」「撃ったぞ!」
「どうだ!」「どうだ!」「こんな撃ったぞ!」
・・・・・zzzzzz(- -)
vivajiji
URL
2010/05/15 19:40
>何が良いかと言えば、
やはり登場人物が何をやっているか全体像が解り易く描かれていることである。銃を誰に向けているのか解らないようなカット割りが多い近年の作品の中ではきちんとしている。
当り前のことを当り前にやっているだけですがね。

もう、これにつきますね。
ほんとうに、最近のただ、銃声が飛び交うだけのアクション映画は
どこかに行ってほしいです。
えい
URL
2010/05/15 22:06
vivajijiさん、こんばんは。

>A・イーストウッド初監督
そうですか。悩んで末に観なかったです・・・

>緊迫感に溢れそれでいとても座りがいい
カットで刻むところは刻んで、パン若しくは移動撮影も取り入れて・・・素晴らしかったと思います。

>銃撃戦
映画に文法ということがあるのを知っていれば、本作の様なカット割りになってしかるべきなんですけど、格好良さだけを求めて、何が何だか解らないアクション描写ばかりになってしまいましたね。

>87年パオロなんとかさんの映画
かのサイレント映画の金字塔「イントレランス」の
製作風景を再現した「グッドモーニング・バビロン!」ですね。
確かあの年に観た新作映画ではベスト1にしたと思います。
興奮しきって映画館を後にしたものです。
あの頃パオロ&ヴィットリオのタヴィアニ兄弟は絶好調だったなあ。
オカピー
2010/05/16 00:44
えいさん、こんばんは。

近年(と言っても大分前からですが)映画のカット割りが劇画的になっていると思うのですが、前後ショットの繋がりが悪く、かつロングを使わないので、何をやっているのか碌に解らない映画が多いですね。
誰が誰に向けて撃っているかくらいはしっかり撮れ、と言いたくなることが多いです、最近。
オカピー
2010/05/16 00:50
P様が放映される本作をみていくつ点数をつけられるのか、ちょっと心配してました。周りでは本作は低評価だったもので。私はさすがトム・ティクヴァ!
彼自身の視点がとてもはっきりしている作品と評価している作品です。
レビュー読んでいるとP様はいわゆる映画の文法という視点で本作について書かれていて評価されているけれど、それもこれも映画内容がともなってのこと。
私は原題である「THE INTERNATIONAL」この実態に迫った作品といえる、というところで評価。
<邦題はなんとナンセンスで、テーマを歪曲していることか!>って思いました。
シュエット
2010/05/17 10:29
シュエットさん、こんばんは。

>それもこれも映画内容がともなってのこと。
勿論です!^^
映画批評には二種類のタイプがあります。主題主義と技術批評です。
技術批評といっても実際には主題や狙いをどう効果的に映像化できているかを測るわけです。中には映像ばかり追って物語を無視する偏った技術批評の方もいらしますが、そういうのは映画界の為になりません。逆に、純然たる主題主義の立場で技術を無視するのも同様。

僕はだから内容と技術を関連付けて書くことが多いのですが、本稿では、最後の三行がそれに当たるでしょう。

本稿で技術だけを独立して語っている部分があるのは、昨今のアクション場面が余りにひどいことを読者(笑)に知らしめたいと思ったからです。^^
オカピー
2010/05/17 22:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ザ・バンク 墜ちた巨像」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる