プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「劔岳 点の記」

<<   作成日時 : 2010/05/01 15:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 9 / コメント 6

☆☆☆(6点/10点満点中)
2009年日本映画 監督・木村大作
ネタバレあり

大ベテランの撮影監督木村大作初メガフォン作。山岳文学でお馴染み新田次郎の同名小説の映画化である。

画像

日露戦争直後、国力をさらに上げる為には高精度の地図を作ることが必須と前人未到とされる劔岳に登頂し三角点を設置せよと陸軍参謀本部陸地測量部の測量士・柴崎芳太郎(浅野忠信)が命じられ、案内人・宇治長二郎(香川照之)と共に時間を掛けて可能性を探るうちに、日本山岳会(中村トオルら)というライバルが出現、初制覇を巡って測量隊にプレッシャーを掛けていく。

最終的には国力向上も初登頂の名誉も関係ない柴崎の孤高な精神や山男同士の友情が浮き彫りにされていくお話だが、余りにドキュメント的なぶつ切り的な場面の扱いと主人公の性格故に次はどうなるかという劇映画本来の楽しみに欠ける。登山をやっているとか山に関心のある人にはまた別の感想もあると想像されるものの、僕みたいな凡俗なインドア派の輩には面白いと言い難い。

画像

その意味で余り買わない一方で、本作を観た殆どの人が仰るように山岳を捉えた撮影は圧倒的に素晴らしい。その映像だけを集めて30分くらいの自然ドキュメンタリーとして見たらさぞかし満足しただろう。しかし、実際には139分もある長尺に加えリズムに欠ける展開ぶりにつき、BGMのバロック音楽を聞いているうちに睡魔に襲われること必定。半分冗談だが、BGMにピンク・フロイドの「エコーズ」でも使ってくれたら面白い効果が出たかもしれない。
 僕が言いたいのは、商業映画は映像コンクールではなく総合芸術だから映像だけが突出していても、それをもって良い映画と言うのは甚だまずい、ということである。

画像

映画を評価する時に気をつけなければならないことについてもう一点。
 山岳地帯における撮影ではスタッフもキャストも苦労が強いられる。この作品が心血を注いだ労作であることは画面を見るだけでも解るし、昨年の今頃TVがしきりに苦労や努力を伝えていた。CG最盛期に実際の撮影に拘ったことには頭が下がる。観客におかれては関係者に大いに敬意を払うべし。
 しかし、それと評価は全く次元の違う話で、一部の評者が行っているように苦労や目に見えない努力を作品の価値とするのは間違いである。小説家が苦労して書いても、画家が一枚の絵を生み出すのに難儀しても、それを慮って作品自体を評価する人がまずいないことを考えれば容易にご理解戴けるはず。映画だけを特別扱いをするのは変だし、映画を愛するならなおさら特別扱いすべきではない。

木村大作の大作。<(_ _)>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
劔岳 点の記
公式サイト。新田次郎原作、木村大作監督、浅野忠信、香川照之、松田龍平、仲村トオル、夏八木勲、小澤征悦、宮崎あおい、役所広司。明治40年、劔岳(標高2999m)に公式初登頂した陸軍陸地測量部とその仲間たちの物語。実は昔々、自分も彼らと同じように雪渓を登り頂上に行った... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2010/05/01 15:43
劔岳 点の記
ご苦労様です!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/05/01 16:35
劔岳 点の記/浅野忠信、香川照之
この作品に関しては私よりも山登りが趣味の母のほうが一足早く映画化の情報を知っていました。昨年かな?母が劔岳に登ったときにこの映画の撮影に遭遇したんだそうです。登山家さんやトレッキング愛好家らの間ではかなり話題の作品のようですね。先日、たぶんフジテレビだっ.... ...続きを見る
カノンな日々
2010/05/01 20:26
剱岳・点の記
これは撮影ではない。“行”である。木村監督が称した。何かその意味が分かる気がした。 記憶が薄れない間に書こうと思いました。「トランスフォーマー・リベンジ」は爆睡のため、本当にリベンジしなければならなくなりました。なのでこの映画のレビュー、感想等を先に書きます。実は私も10年近く前まで登山をしていました。剱岳は残念ながら、登っていませんが、槍岳、奥穂高岳、北岳、御岳山・・・・。3000メートルの山々、そして深田久弥が100名山と称した山など、おそらく20以上の山に出かけたと思います。なので今... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/05/02 00:18
「劔岳 点の記」
2008年/日本/139分 at:梅田ブルグ 監督: 木村大作 原作: 新田次郎 『劔岳 点の記』(文春文庫刊) 脚本: 木村大作/菊池淳夫/宮村敏正 撮影: 木村大作 出演: 浅野忠信/香川照之/松田龍平/モロ師岡/螢雪次朗/仁科貴/蟹江一平/仲村トオル/小市慢太郎/安藤彰則/橋本一郎/本田大輔/宮崎あおい/小澤征悦/ 新井浩文/笹野高史/石橋蓮司/國村隼/井川比佐志/夏八木勲/役所広司 大変なご苦労の物語を描いた作品なのだけれど、私個人的にはこういう内容の映画ってあ... ...続きを見る
寄り道カフェ
2010/05/02 10:12
前人未踏〜『劔岳 点の記』
 明治39年、陸軍測量部の柴崎芳太郎(浅野忠信)は日本地図を完成させる為、 未だ誰もその頂に立ったことのない立山連峰・劔岳の測量を命&... ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2010/05/02 22:01
「劔岳 点の記」  これが映画かっ!・・・・・
ストーリーが単純であろうことはわかっていた。 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2010/05/05 15:56
劔岳(感想162作目)
劔岳はWOWOWで鑑賞し結論は結末が微妙だ ...続きを見る
別館ヒガシ日記
2010/06/13 10:43
映画評「エヴェレスト 神々の山嶺」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・平山秀幸 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/03/13 09:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>余りにドキュメント的なぶつ切り的な
場面の扱いと〜〜次はどうなるかと
いう劇映画本来の楽しみに欠ける。

この気持玉というもの一人何個でもいいので
あれば当記事には10個くらい差し上げたい!^^

山岳シャシンに目くらましばかりさせて
何ですか、あのお話の面白くなさ加減は!
(山岳学芸会ですか!)
クラシック苦手でも唯一バロックはOKの
私でもあれは使い過ぎプラス耳障り。
風の音や自然音など巧くもっと入れられ
なかったものか、無音の効果が全く
考えられていない上に
山岳撮影隊のご苦労には
いたく頭が下がりますが・・・・
“景色良くてもそれだけじゃ飽きるよ”
(- -)^^
vivajiji
2010/05/01 17:45
vivajijiさん、まいどーです。

>気持玉
制限なしです。いくつでもどうぞ。<(_ _)>

>あのお話の面白くなさ加減は!
最初と最後の30分はしゃんとしていましたが、間の1時間くらいは睡魔と闘っておりました。
で、幸いにも録画していたので、その間の1時間をもう一度観てみましたが、やはり眠くなる。
つまり体調だけでなく、実際に眠気を誘う映画なんですわいな。

この映画を高く評価している人々特にベスト10で上位に挙げたプロの評論家にお伺いしたいくらいですが、本当にお話まで楽しめたんでしょうかねえ。
彼らのコメントは、お話については殆ど触れず、映像の迫力や苦労という文字ばかりが躍っている。推測するに、実際に面白いと思っている人はごく僅かでしょう。

>無音の効果
Sound of silence!
的確かつ素敵な表現ですね。
確かに自然音は全く印象に残っていないです。

僕は20分に編集しなおして、フロイドの木村大作おっと間違えた、大作「エコーズ」を本当にかぶせたくなりました。
オカピー
2010/05/02 01:55
スタッフも出演した役者達も、いかに撮影が大変だったか、監督などは涙流して完成できてた喜びを語り、映画もその大変さを前面に出し…映画を観たら、ただ、ただ、監督の自己満足みたいな映像で、山歩きの方たちには山の映像が素晴らしいと皆さん絶賛で、なんと2回も見にいかれた方もいた!
測量と地図作りのことなんか全く判らずしまいの映画で、なんでこの映画が受賞するほどの評価を受けるのか…
>冗談だが、BGMにピンク・フロイドの「エコーズ」でも使ってくれたら面白い効果が出たかもしれない
キューブリックの「バリー・リンドン」には良くぞこの楽曲をとピッタシカンカンの「サラバンド」を、その「サラバンド」を面白みもなく悲壮感溢れるばかりに当たり前に使っちゃってね…憤慨してます。冗談でなくってピンク・フロイド面白いかも。
シュエット
2010/05/02 10:10
シュエットさん、こんにちは。

これは全く意見が一致しました。^^)v
大体公開前に映画製作の裏話をするのはどうかって思いますね。
例えば、「七人の侍」製作には大変な苦労があったと関係者から語られたのは製作後何年も経ってからです。

誉めている人の大半は、確かに素晴らしい映像美と、聞かされた若しくは想像される苦労にすっかりやられたという感が否めませんなあ。

>ピンク・フロイド
の「エコーズ」は文字通り木霊がテーマで、30年くらい前にロック評論家の渋谷陽一氏が「ヒマラヤに登ったらこの曲の真価が解る」みたいなことを仰っていたのを思い出しまして・・・
オカピー
2010/05/02 15:13
プロフェッサー、こんにちは。

この本編、ストーリー、展開は単調で、正に退屈でしたね。

ただ、私は、最近のアクション系の米映画の目のいたくなるような画が多い中、撮影の苦労がどうこうは関係なく、すべて実写で撮ったという事実、これは決してその苦労をたたえるのではなく、CGのたぐいを使わなかった点において、これは大きなスクリーンでみる画だなと感じました。久々に。

そして、市川監督の“映画にならない題材はない”との職人としての言葉を想いだし痛感させられた作品でした。ある意味、すごいと思いました。
“撮っちゃうかね〜”と。

ただ、映画とは一般公開する以上、興行ですからね、そしてこれもくどいと思われるかもしれませんが、私の純粋な想いとして娯楽である映画としては、評価はね・・・・。

しかし、私の映画評ではない、単純な感想としては、これが映画かもしれないと個人的に強く想わされた作品でした。



普段の反動でしょうかね・・・・。
私は、けっこう夢中で見てしまいましたよ、つまらないなりに。

では、また。
イエローストーン
2010/05/05 12:40
イエローストーンさん、こんばんは。

本当の実写映画が少なくなった現在では実に貴重な作品でしたね。
映像も苦労の結果に値する素晴らしいものでした。

しかし、それで良い映画になるなら撮影以外の才能は要らないということにもなるわけで、映画批評とはどうあるべきかという視点が要求された作品です。
良い話が良い映画になるとは限らないと同じ理屈ですね。良い話=良い映画なら映像にする必要はなく、脚本を読めば良いわけですから。

寧ろこの後に続く本当の実写映画が出て来ないかなあと待望してしまいますね。
観ていてストーリー的にもっと力の入る実写映画。
オカピー
2010/05/06 00:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「劔岳 点の記」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる