プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「007/慰めの報酬」

<<   作成日時 : 2010/03/27 14:40   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 19 / コメント 6

☆☆★(5点/10点満点中)
2008年イギリス=アメリカ映画 監督マーク・フォースター
ネタバレあり

「007」シリーズ第22作にして、前作「カジノ・ロワイヤル」の続編。「007」史上初の現象だが、こういうのが起るのもDVDなどで気軽に旧作が見られる時代だからである。流行を追いかけ特定の映画・ジャンルしか見ない一般ファンはともかく、純粋な映画ファンにとって前作を復習してから観て評価するのは邪道だから、単独で観て楽しめないような作品は実力不足と思えば良い。本作も前作の固有名詞を忘れている観客を置いてきぼりにするところが多く、これが本作をつまらなくした第一の理由である。

画像

ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)がハイチに飛んで、環境保護活動を隠れ蓑に暗躍するグリーン(マチュー・アマルリック)の様子を伺ううちに、男を利用して家族の仇である元ボリビア大統領の命を狙う美人カミーユ(オルガ・キュリレンコ)と知り合う。グリーンは元大統領に復職する為の資金を提供する代わりにボリビアの水資源の大半を独占して大儲けを企んでいるのである。詳細を確認しにボリビアの砂漠地帯に飛行機で赴いたボンドとカミーユは途中で襲撃され命からがら逃げのびる。
 喧嘩友達的なCIAのフィリックス(ジェフリー・ライト)から最後の話し合いが砂漠の中にあるホテルで行われるという情報を得るとボンドは復讐のチャンスを狙うカミーユと共にホテルに乗り込む。

画像

とお話を書いては来たものの、場面やシークェンスごとに説明不足気味で解りにくい点がままあり、こちらの頭が悪いのかと悩まされる。ボリビアの情報を提供してくれたイタリア人の元スパイ、マティス(ジャンカルロ・ジャンニーニ)を巡るエピソードなどはその筆頭で、彼が車の中に潜り込んでいた理由ないし目的やあんな悲惨な最期を遂げなければならない理由が、推測ではなしに正確に解る人はいますか?

アクションは相当派手だが、屋根伝いの追い掛けなど序盤からポール・グリーングラスの「ボーン・アルティメイタム」に代表されるボーン・シリーズに似たアクションの連続で苦笑させられる。それは良いとしても、俊才マーク・フォースターがこの映画を真面目に撮っていないのが大変気になる。真面目に撮っていないというのは「作者の個性を全く出そうとしていない」という意味で、グリーングラスを真似たような細切れカット割りでお茶を濁して貰ってはフォースター贔屓の僕としてはちょっと困るのである。

画像

しかも、一般論として細切れのカット割りは評価しないとは言え、グリーングラスの場合は細切れの中にもきちんと計算されたものがあるだけに比較的全体像が把握しやすいのに対し、今回のフォースターは本質的にそういうタイプの監督ではなく付け焼き刃なので殆どの場面で何をやっているのか正確には解らない。例えば格闘中に拳銃を拾って相手を撃つというシーンではボンドと銃と相手の位置関係がざっとしか示されない(寄りが多すぎる)のでサスペンスを感じる前に終ってしまう。本作ばかりでなく、最近の監督者にはアクションの中でサスペンスを生み出す為にはどんなカット割りがどんな長さで必要か一考を要求したいところだ。

「ジャンル映画では必要を越えた性格描写を含めてリアリズムを重視すべからず」というのが僕の持論だが、ある程度「カジノ・ロワイヤル」で書いたのでここでは省略。リアルさ追求の弊害でお話が陰にこもって気勢の上がらないこと甚だしく、がっかりさせられた。

これじゃ「想い出のグリーングラス」じゃよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(19件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
007/慰めの報酬
復讐の味はビター。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/03/27 16:29
『007/慰めの報酬』
(原題:Quantum of Solace) ...続きを見る
ラムの大通り
2010/03/27 18:03
007/慰めの報酬
公式サイト。原題:Quantum of Solace。マーク・フォースター監督、ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、ジェマ・アータートン。ジェームズ・ボンド役がダニエル・クレイグになって以来、泥臭ささが売.... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2010/03/27 19:18
『007 慰めの報酬』'08・英
あらすじ愛した女・ヴェスパーを失ったジェームズ・ボンドはヴェスパーを操っていたミスター・ホワイトを尋問し背後にいる組織の存在を知る。早速捜査のためにハイチへと跳び、知り合った美女カミーユを通じて、組織の幹部であるグリーンに接近。環境関連会社のCEOを務... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2010/03/27 19:34
『007/慰めの報酬』 ('09初鑑賞7・劇場)
☆☆☆★− (5段階評価で 3.5) 1月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:35の回を鑑賞。先行上映。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2010/03/27 20:11
あなたに自由をあげたい〜『007/慰めの報酬』
 QUANTUM OF SOLACE ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2010/03/27 20:29
007/慰めの報酬
傷ついた心が、共鳴する。 原題 QUANTUM OF SOLACE 上映時間 106分 原作 イアン・フレミング 脚本 ニール・パーヴィス/ロバート・ウェイド/ポール・ハギス 監督 マーク・フォースター 音楽 デヴィッド・アーノルド 出演 ダニエル・クレイグ/オルガ・キュリレンコ/マチュー・アマルリック/ジュディ・デンチ/ジェフリー・ライト/ジャンカルロ・ジャンニーニ/ホアキン・コシオ ...続きを見る
to Heart
2010/03/27 21:31
007 慰めの報酬/ダニエル・クレイグ
実は実は、『007』シリーズを劇場で観るのは初体験です。テレビで旧シリーズが放送されたときにたまに観る程度で特に好きというわけでもないんですが、前作はちょっと気になって鑑賞しようか迷ったんですが、結局スルー。でもWOWOWで観たらアクションシーンが凄くてコレは劇.... ...続きを見る
カノンな日々
2010/03/27 21:46
★「007/慰めの報酬」
今週の平日休みは、話題作の2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その1本目。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/03/28 00:14
『007/慰めの報酬』
正月第二弾のラインナップの中では一番観たいと思っていた『007/慰めの報酬』を、中野サンプラザホールでの試写会で観てきました。 18:15からの開場だったし、寒かったから開場から15分後くらいに到着してすんなり中に入れるかと思ってたら、この時点で会場の外にまだまだ長蛇 ...続きを見る
Cinema + Sweets = ∞
2010/03/28 00:22
mini review 09376「007/慰めの報酬」★★★★★★☆☆☆☆
イギリスの諜報部に属するスパイ、ジェームズ・ボンドの諜報活動を描く人気スパイ・アクションのシリーズ第22弾。前作のエンディングから続く本作では、任務と個人的な復讐(ふくしゅう)の間で葛藤(かっとう)するボンドの姿を映し出す。監督は『チョコレート』のマーク・フォースター。ボンド役をダニエル・クレイグが続投し、『潜水服は蝶の夢を見る』のマチュー・アマルリックが悪役で登場する。世界でロケを敢行したスケール倍増のアクションに圧倒される。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2010/03/28 03:18
No.185 007 慰めの報酬
前作、「007 カジノロワイヤル」のエンディング から1時間後のお話。 そのため、前作の復讐は必須で分かっていたのですが 記憶をたどり鑑賞しました。 ...続きを見る
気ままな映画生活
2010/03/28 08:58
『007 慰めの報酬』 
□作品オフィシャルサイト 「007 慰めの報酬」□監督 マーク・フォースター □原作 イアン・フレミング □脚本 ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、ポール・ハギス □キャスト ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、イェスパー・クリステンセン■鑑賞日 1月17日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 今回はシリーズ22作目。 監督は前作のマーチン・キャンベルからマーク・フォースター... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2010/03/28 09:15
007/慰めの報酬
今年初の劇場鑑賞だぁ〜い興奮したのか、鑑賞後に高熱が出たぞ〜い&nbsp;(39度も・汗 ふらふら〜)【story】愛するヴェスパーを失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)をM(ジュディ・デンチ)とともに追及し、新たな悪の組織の陰謀を知る。謎の女カミーユ(オルガ・キュリレンコ)を通して、組織のドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)が南米のある政府の転覆と同地の天然資源を手にしようとしているのを知ったボンドは、自らの... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2010/03/28 12:14
007慰めの報酬★QUANTUM OF SOLACE 7
 続編だとは知りませんでした! 1月25日、MOVX京都にて鑑賞。ダイニエル・クレイグがジェームス・ボンド扮しての主演2作目「007慰めの報酬」がやっと公開されました。何と、前作のエンディング直後からの始まる物語で・・・・いきなり凄いカーチェイス場面がしばらく続きます。ちょっと眠気があって、やばい!と思っていましたが。激しく繰り広げられる映像に、いつのまにか眠気は飛んでしまいました。 ところで、前作がどんな内容だったのか?覚えていない記事も書いているので見たのですが、内容の詳細はまったく書い... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/03/28 22:41
007/慰めの報酬
ダニエル・クレイグ主演の「007」シリーズ第2弾です。前作「カジノ・ロワイヤル」が予想以上に面白かったので、こちらも見てみることにしました。監督はマーク・フォースター、その他のキャストは、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ、ジャンカルロ・ジャンニーニ他。 ...続きを見る
Yuhiの読書日記+α
2010/03/29 23:18
007/慰めの報酬
Quantum of Solace (2008年) 監督:マーク・フォスター 出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック 通算22作目となる007シリーズの最新作で、復讐心を宿しながらも、任務を全うせんとするジェームズ・ボンドの姿を全編アクション満載で描く。 「カジノ・ロワイヤル」のときにも書いたが、D・クレイグ版ボンド像には何ら不平不満はなく、「ボーン」シリーズの大ヒットを見て、次代のボンドはこれだと思ったに違いない製作陣の期待にきっちりと答えていると思う。 その... ...続きを見る
Movies 1-800
2010/04/02 23:53
007/慰めの報酬 (Quantum of Solace)
監督 マーク・フォスター 主演 ダニエル・クレイグ 2008年 イギリス/アメリカ映画 106分 アクション 採点★★★ えてして、「気にしてないよ」って言う人に限って気にしてるし、「根に持ってないから」って言う人は結構根に持ってるし、「怒ってないから」なんて言い出した.. ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2010/06/28 12:35
映画:007 慰めの報酬 ちょっと悩ましい新作。
やっとやっと(笑)今日から日本で公開の「慰めの報酬」だが、私の場合はNY時のホテルのペイビューで鑑賞。&#8232; アメリカでの公開から2ヵ月半がたち、日本は世界で最も遅い公開となっているが、こういう場合どうしても影響されてしまうのが、先行して公開された国の情報。 &#8232;予告編しかみていなかったのだが、今回この影響がモロに出て、鑑賞中に「あのシーンだな」とかなってしまい、微妙に興ざめしながらの鑑賞となってしまった。 タイヘン残念。 &#8232;(関係者には猛省願いたいところである!)... ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2010/06/29 23:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
たしかにね、マークフォスターは器用な監督ですからね。
ちょっと今回は、次作のためのお金稼ぎなのかしら(笑)
kimion20002000
URL
2010/03/28 16:25
kimion20002000さん、こんばんは。

>器用な監督
そう思いますね。
色々なタイプを上手く作ってきました。
それにはどこか一貫したものがあったと思うのですが、本作からはフォースターらしいテクニックが感じられなかったなあ。

次は自分らしいのをちゃんと作ってね、と言っておきましょう。(笑)
オカピー
2010/03/29 00:32
TB有難うございます。
アクション面はこれまでの007シリーズと
比較すると格段にUpしていて満足度も高いですが
いつもながら、なぜ簡単に女性はころっと
落ちてしますのか・・・ボンドの魅力の秘密を
知りたいところです(笑)

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
シムウナ
URL
2010/04/04 19:30
シムウナさん、こんばんは。

>女性
しかし、クレイグ氏はショーン・コネリーあたりと比較すると、貞操観念が強くストイックな感じがしますね。
オカピー
2010/04/05 19:58
007にはあまりくわしくなくて、シリーズを通して観ているファンの方のような楽しみ方ができないのですが、この作品はマチュー・アマルリック目当てで観ました。気楽に楽しめましたし、水が貴重な資源であるというのは時事的なトピックをちゃんと取り込んでいて、そういうところも007のよさなのかな、と。
ボンドは誰がよいかというようなことは言えない程度のファンなのですが
>クレイグ氏はショーン・コネリーあたりと比較すると、貞操観念が強くストイックな感じがしますね
これは同感です。フェミニズムの影響もあり、娯楽映画の中でも女性の扱いに気を配らないといけなくなってるせいもあるんじゃないでしょうか。ボンドといえども相手女性の人格と意志を尊重して、みたいなね。
大きな声では言えませんが、昔に比べて娯楽映画が貧乏くさくなってるのはそのせいかもしれないと思うことがありますよ。ここだけの話ですが(笑)
nessko
URL
2015/12/06 20:37
nesskoさん、こんにちは。

>時事的なトピック
ショーン・コネリー時代の「007」が凄いなあと思うのは、冷戦激しい時代に、米ソを対立させずに常に地球規模のテロリストや野心家を敵役にし、その為に時に米ソを接近させた作劇ですね。ロジャー・ムーアの「私を愛したスパイ」で本当に米ソがくっついた時は何だか感激したなあ(笑)
時事というより30〜50年後先を読んでいました。

>フェミニズム
だから、何だか寂しいものがありますよね。
自由が拡大しているようでいて、芸術・娯楽分野では案外ご法度が多くなっているのかもしれません。大衆映画にそんな堅苦しいことはいらんと思いますけど、これも時代ということで・・・
オカピー
2015/12/06 22:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「007/慰めの報酬」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる