プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」

<<   作成日時 : 2010/03/16 15:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

☆★(3点/10点満点中)
2009年アメリカ映画 監督アンジェイ・バルトコヴィアク
ネタバレあり

ゲームの映画化は面白くないという先入観を僕に植え付けたのが15年ほど前観たジャン=クロード・ヴァン・ダム主演「ストリートファイター」である。前述作より時代的には前を描くオリジナルの物語らしい本作は、さすがに拙劣も甚だしいかの愚作よりつまらないことはないだろうと思って観ることにした。結果は如何(いかん)?

ピアニストになったチュンリー(クリスティン・クルック)が、少女時代に拉致された父親を救う為に舞い込んだ謎の文書に従ってバンコクへ赴き、秘密結社を組織しているゲン(ロビン・シュー)に師事して武術を鍛えて超人的になり、世界を支配する悪計の一環で父親を誘拐した大悪党ヴェガ(ニール・マクドノー)とその一味に戦いを挑む。

多少なりともお話らしくなっている分前述作よりは楽しめると言って良いと思うが、撮影監督時代に比べると全くパッとしないアンジェイ・バルトコヴィアクのお話の進め具合が相変わらずたどたどしい。父親が監禁場所で何をやっているかも碌に解らない始末だから、何をか言わんである。

それではアクションはどうなのかと言えば、トイレにおける女性同士の対決に工夫が見られるが、全体像が見たいところでアップのショットに切り替えたり、頻繁にスローモーションを挿入してしまうので力が入り切らない。ここに限らず、アクション全体に同じことが言える。

別のアクションで、ヒロインが落下した瞬間にスローのショットに切り替えるに至っては言語道断。カメラが上部にある時に人物が落下する場合次のショットは必然的にアングル的に非連続になる。ここでスローを使うと落下は速いものと決め込んで観ている観客と呼吸がずれ、極端に言えば気持ち悪さを催させる。映像言語・映画文法の初歩も解っていない人にはスロー禁止令を出したいものです。

親玉が一番強いのに弱い部下を雇うのは謎ですな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ファイター
「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」 「チョコレート・ファイター」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/03/16 15:56
09-74「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」(アメリカ)
私ができること  両親に愛情を注がれ、幼少にはピアニストになることを夢見ていた春麗。そんな彼女はやがて父シアンの仕事で香港へ引っ越し、豪邸に暮らしながら父直伝の中国拳法を習う幸せな日々を送っていた。  だがある時、謎の組織“シャドルー”によって愛する父をさらわれてしまう。哀しみを背負いながら年月が経ち、一流ピアニストとして活躍するようになった春麗。そこへ、古い中国語で書かれた絵巻物が届く。そして母を病で亡くし天涯孤独となった春麗は、絵巻物の情報をもとに、彼女を導く存在となるゲンがいるタ... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2010/03/17 00:40
「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」
ゲーセンの対戦型格闘ゲームって苦手で「ストリートファイター」はやったことないので、 キャラとか全然知らないけど、 主役のオネエチャンが可愛かったので、観に行こうかなーー・・・ と思ったけど見逃したので、 「今年劇場公開を見逃した作品」特集第4弾という事で。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/03/17 23:34
「ストリートファイター」を含むニュースと関連グッズの紹介
イマナビでは「ストリートファイター」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「ストリートファイター」に興味があれば是非ご覧ください! ...続きを見る
イマナビ!News&Shopping
2010/03/20 17:06
ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー
Street Fighter: The Legend of Chun-Li (2009年) 監督:アンジェイ・バートコウィアク 出演:クリスティン・クルック、クリス・クライン、ニール・マクドノー、マイケル・クラーク・ダンカン 90年代に人気を博した同名ゲームの映画化第2弾で、女性キャラクター春麗の生い立ちを描く。 設定、ストーリー、アクションと映画を構成する要素の全てが中途半端で特に見るべきところはない。 多数のキャラクターが登場するゲームが元ネタということもあり、無駄に登場人物が多いのが一番... ...続きを見る
Movies 1-800
2010/03/21 02:09
【映画】ストリートファイター/ザ・レジェンド・オブ・チュンリー
…映画のタイトルが長いので私独自のサブタイトルは割愛(思いつかなかっただけ?) ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2010/04/23 14:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる