プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「それでも恋するバルセロナ」

<<   作成日時 : 2010/03/12 17:21   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 17 / コメント 10

☆☆☆(6点/10点満点中)
2008年アメリカ=スペイン映画 監督ウッディー・アレン
ネタバレあり

マッチポイント」と「タロットカード殺人事件」で僕を話術的に楽しませてくれたウッディー・アレンの新作はメイン・フィールドの恋愛風俗劇に戻り快調だという評判だが、僕は全く逆の感想である。
 男性中心に扱ってきた彼の恋愛観、セックス観が女性中心に語り直されているだけで、僕には世間で言われるほど興味が持てない。

画像

安定を求めるレベッカ・ホールと安定を求めないスカーレット・ヨハンスンの友人関係にある女性二人がバカンスでバルセロナにやって来て、プレイボーイ風の画家ハビエル・バルデムに声を掛けられる。
 二人は北岸のオビエドに同行するが、アヴァンチュールに積極的なスカーレットが胃痛で倒れた為に婚約者もいるということで消極的なレベッカがバルデム氏と懇ろになってしまう。バルセロナに戻った後その魔力に抗うようにスペイン語学習に励み、慌てて結婚をするものの思ったような幸福が得られない。
 その間スカーレットはバルデム氏と同居を始め、情熱の余り彼を殺そうとまでした彼の前妻ペネロペ・クルスが舞い戻って来ても結局意気投合し、自由な性愛関係が出来あがる。が、それも長続きせず、スカーレットは帰国し、レベッカは安定に満足し、ペネロペは狂気が再発する。

画像

一人の男性を中心に三女性が大騒動を繰り広げるが結局は何も変わらないというシニカルな恋愛喜劇で、女性三人三様の性格設計が面白いと言えないこともないが、アレンの作品としては今さらの感が強い。

しかるに、映画としては別の面白味を僕は序盤から発見していた。僕が調べた範囲では誰も指摘する人はいないが、本作は実はトリュフォーへオマージュを捧げた作品なのである。
 まずは第三者による文学的なナレーション。トリュフォー作品のナレーションは説明以上に映画にリズムを付ける為に用いられる。本作でも同じような雰囲気がある。

画像

続いてアイリス・イン(丸がどんどん大きくなって画面全体に広がる手法、その反対がアイリス・アウト)でバルデムが映されてから、自転車に乗るバルデムとスカーレットを捉えたショットへの移行。
 アイリス(上の画像参照)はトリュフォーが好んだサイレント時代によく使われた場面転換の手法だし、自転車に乗る男女と言えばバルデム、スカーレット、ペネロペの仲良し三角関係と似た構図の「突然炎のごとく」からの借用である(下の画像参照)。こうなるともう間違いない。
 続いて、レベッカがスペイン語学校の知人と見る映画がトリュフォーが大好きなヒッチコック「疑惑の影」。いつまでもベルイマンでは芸がないとばかりに、トリュフォーをネタに完全に遊んでいるのである。

画像

こういうのが楽しめるのも長く映画を観ていればこそ。映画を楽しむ要素は色々とある。

それでも恋するアレン、てなところですかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(17件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「それでも恋するバルセロナ」
バルセロナを堪能いたしました&#9825; ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2010/03/12 17:26
『それでも恋するバルセロナ』
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「それでも恋するバルセロナ」□監督・脚本 ウディ・アレン □キャスト ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、クリス・メッシーナ■鑑賞日 7月19日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想> スペインはバルセロナを舞台に、日本人ではこんな三角、いや四角関係は無理だろうとも思える関係を、ウディ・アレンが独自の“... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2010/03/12 17:39
情熱の国〜『それでも恋するバルセロナ』
VICKY CRISTINA BARCELONA ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2010/03/12 18:59
それでも恋するバルセロナ/ハビエル・バルデム
だいぶ前から劇場予告編がかかっていたこともあって楽しみにしていました。ペネロペにスカーレット・ヨハンソンとレベッカ・ホールという豪華女優陣があのハビエル・バルデムを巡って恋のドラマを繰り広げそうな感じでしたけど、話の中身がまだよくわからない予告編で既にそ.... ...続きを見る
カノンな日々
2010/03/12 21:33
それでも恋するバルセロナ♪VICKY CRISTINA BARCELONA
Vicky Cristina Barcelona♪ スペインに行きたくなる〜〜!流れる音楽がまたよろしい。バルセロ〜ナハビエルがイケメンに見えるな バルセロナは、私が毎年出品しているミニプリント展が開催される場所です。そんなこともあってぜひ訪ねたい場所なんだけど・・・・・。いまだにそれは実現されておりません。治安は今一つよろしくないという噂も、特に南はやばそうです。その中心都市がこのバルセロナらしいけど。 映画はそんなことは何処吹く風のような感じもする情熱あふれる街。ガウディのサクラダ・フ... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2010/03/12 22:00
『それでも恋するバルセロナ』
(原題:Vicky Cristina Barcelona) ...続きを見る
ラムの大通り
2010/03/12 22:22
「それでも恋するバルセロナ」
先週は欧州からの撮影クルーのアテンドという仕事があり、猛暑の中での撮影立会いで、かなり疲労困憊。 が、コーディネーターのドイツ人男性... ...続きを見る
RAY's Favorites
2010/03/12 23:55
『それでも恋するバルセロナ』
アカデミー賞に絡んだ作品の6月公開作品って今年は異様に多い気がしますね。たいがいGWを狙った上映くらいまでな気もするのに。。。 ということで、ペネロペ・クルスにアカデミー助演女優賞をもたらしたウディ・アレン監督作『それでも恋するバルセロナ』を観ましたー。 ...続きを見る
Cinema + Sweets &#61...
2010/03/13 10:12
映画:「それでも恋するバルセロナ」Vicky cristina Barcelona Wアレンの新作
ヒマがあれば現地で観ておきたかった作品がNY帰りの機内映画だったので、さっそく拝見。&#8232; ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2010/03/13 19:26
★「それでも恋するバルセロナ」
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で鑑賞。 ひらりんお気に入りのペネちゃんのオスカー受賞作。 思わずスクリーンに「おめでとう」と叫びたくなったが、恥ずかしいのでやめましたが。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/03/16 02:42
それでも恋するバルセロナ
Vicky Cristina Barcelona (2008年) 監督:ウッディ・アレン 出演:レベッカ・ホール、スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス スペインのバルセロナへバカンスにやって来た2人のアメリカ人女性が、1人のスペイン人画家と出会い、恋に落ちる模様を描いたラブコメ。 恋愛に対する価値観が正反対な2人の女性が同じ男に恋してしまうという冒頭からは、恋の三角関係を描いたラブストーリー主体のコメディを想像するかもしれないが、本作は基本的にW・アレン流コメディで、... ...続きを見る
Movies 1-800
2010/03/21 02:05
「それでも恋するバルセロナ」
つまらん。ウディ・アレンの映画は、たまに好きなものもあるが、これはどうも…。 本作がお好きで、けなされると怒るような方は、以下、読ま... ...続きを見る
或る日の出来事
2010/03/23 23:08
「それでも恋するバルセロナ」
VICKY CRISTINA BARCELONA 2008年/スペイン・アメリカ/96分 at:梅田ピカデリー 監督・脚本: ウディ・アレン 撮影: ハビエル・アギーレサロベ 出演: ハビエル・バルデム/ペネロペ・クルス/スカーレット・ヨハンソン/レベッカ・ホール/パトリシア・クラークソン/ ジュディ・ナッシュ/ケヴィン・ダン 原題は「ヴィッキーとクリスティーナとバルセロナ」 ヴィッキーは修士論文のリサーチをかねて、親友で自分探し真っ最中のクリスティーナとともに、夏休みのバ... ...続きを見る
寄り道カフェ
2010/03/26 14:18
映画「それでも恋するバルセロナ」お気軽バルセロナ観光を楽しむ
「それでも恋するバルセロナ」★★★DVD鑑賞 ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン主演 ウディ・アレン監督、107分 、 2009年6月27日公開、2008,スペイン、アメリカ,アスミック・エース (原題:Vicky Cristina Barcelona ) ...続きを見る
soramove
2010/04/18 22:59
mini review 10464「それでも恋するバルセロナ」★★★★★★★☆☆☆
ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナを舞台に、四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。二人のアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻が、各々の個性や恋愛観のもとに駆け引きを繰り広げる。『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続きウディ監督作品でヒロインを演じるスカーレット・ヨハンソンのほか、スペインを代表する俳優のハビエル・バルデムとペネロペ・クルスが出演。魅力的な俳優陣に加え、街の風景にも酔いしれることができる。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2010/06/25 03:03
丁寧すぎて堅苦しい英語にならないために オルガ先生(赤坂)
お生まれはどちらですか? Q: Where were you born? ロシアのモスクワ市でまれ、7歳のときにアメリカに越しました。 I was born in Moscow Russia. And then when I was 7 years old, we moved to America. アメリカのどちらですか? Q: Which states? オハイオ州デイトン市です。飛行機を発明したライト兄弟の出身地でもあります。 It’s Dayton, Ohio. And that’s ... ...続きを見る
英会話プライベートレッスン・英語個人レッ...
2010/07/29 00:31
それでも恋するバルセロナ
(2008/ウディ・アレン監督・脚本/レベッカ・ホール、スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス/96分) ...続きを見る
テアトル十瑠
2016/04/23 21:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
アレンさんは色々と映画を観ておられるようですな。
以前、「スコルピオンの恋まじない」には「アパートの鍵貸します」へのオマージュがあると私は書きましたが、今度はトリュフォーですか。
女性を増やして、3対1にしてしまいましたね。
ところで、アイリス・ショットは「突然炎の・・・」にもあったんでしたっけ?
十瑠
URL
2010/03/12 19:29
こんばんは。
この映画はもうオカピーさんのレビュー通り、まあいつものウッディ・アレンじゃんって感じの出来で、そうは言ってもセリフ作りは適度に巧いので6点献上がちょうど良い印象でしたね。

そんなことより!
オカピーさん、私、この記事の下から2枚目の画像のシーンを映画館で観ていて「あ、この自転車乗っている構図、なんだか『突然炎のごとく』みたい」って思ったんですよ!!
なので、本記事で「トリュフォー映画へのオマージュ」と解説されていて「謎が解けた!」と叫びたくなりました 笑
何かの映画を観ると、必ず旧作や名作を想起するっていう、嬉しい共通点を今回も確認できて、プロフェッサー・オカピーのゼミ生(←勝手にゼミ生自認)としては嬉しい限りです。
RAY
URL
2010/03/13 00:05
十瑠さん、こんばんは。

>アレンさん
いつもはベルイマンですけど、今回はトリュフォーでした。
何かの作品でトリュフォー云々という台詞があったので、インテリらしく彼の作品も好きだったのでしょう。

>アイリス
「突然炎のごとく」にはなかったと思います。
姉妹編「恋のエチュード」では使っていましたよね。強く印象に残ったのは「野生の少年」でした。

>「スコルピオンの恋まじない」
あれは40年代のハードボイルド映画も相当に参考されていて、ご機嫌になってしまいました。
オカピー
2010/03/13 00:56
RAYさん、こんばんは。

つまらなくはないけれど、アレン氏の作品は多分全部観ている僕には何だか底が見えてしまい、ナレーションがトリュフォーしているのでそちらに注目して観てみようか、てな具合に鑑賞していましたね。
そしたらアイリスは出てくるわ、自転車は出てくるわ、驚いたことに「疑惑の影」まで出てきて、アレンさんの頭をなでたくなりましたよ。(笑)

>何かの映画を観ると、必ず旧作や名作を想起するっていう
日本人の悪い癖で何かとパクリパクリと鬼の首を取ったような大騒ぎをしますが、大体においては勉強の結果であって、寧ろ楽しめば良いと思うんですよね。
逆に過去の映画にどこも似ていない商業映画なんて戦後一本でも作られたか、と言いたいくらい。
そうした勉強した結果を時には直接、時には間接に、時には織り交ぜて作るのが新しい映画というものでしてね。映画に限らず、その他の芸術・文化、特にファッションなんかは顕著ですよね。

本作はトリュフォー、前作はヒッチコックとシェークスピア、いつもはベルイマンといった感じで、アレンさんも一生懸命勉強しています。
オカピー
2010/03/13 01:11
こんばんは。
コメントありがとうございました。
「疑惑の影」は分かったのですが、トリュフォーでしたか。数本しか見ていないので、気づくべくもありませんでした。
ドヌーヴ主演の「暗くなるまでこの恋を」でしたか(うろ覚え)、なんとなく好きでした。あとは覚えているのは「アメリカの夜」でしょうか。

アレン作品でも、嫌いじゃないのはあるんですけど、これはダメでした。モテ男に反発したわけじゃないですよ!(笑)
ボー
URL
2010/03/24 22:03
ボーさん、こんばんは。

かなり手厳しい感想でしたが、☆二つを進呈されたところにボーさんの優しさが感じられました。^^

>トリュフォー
ナレーションを聞いた時に、「最近流行りのそれとは違うな」とまず思ったんですね。
最近では一般ドラマの場合は主観で語られることが多いですが、これは第三者による文学的な香りのするナレーションなので、「もしや」という直感が走ったわけです。
あとは本文で書いたとおり。

ダメなものを、無理に好きになる必要もないですね。^^
オカピー
2010/03/25 00:53
こんにちは。
なるほどトリュフォーへのオマージュですか。面白い視点ですね。
でも、ウディ・アレンはいいよねぇ、好きに映画が作れて(笑)
kimion20002000
URL
2010/06/25 03:06
kimion20002000さん、こんばんは。

>トリュフォー
確か「さよなら、さよならハリウッド」でトリュフォーについて言及しているんですね。
僕はあの時トリュフォーをモチーフに映画を作ろうと企画したと踏んでいます。
本人に訊いてみたいくらいです。(笑)
オカピー
2010/06/25 22:32
あれっ、コメントしてたんですね。
「突然炎のごとく」云々だけ覚えていて、でもお話のムードは全然違うなぁとか思いながら観てました。
でもトリュフォーへのオマージュという受け止め方は同感で、文章を読み直すと全く同じところを指摘しておりました。なんだかなぁ。(汗汗)

>トリュフォーをネタに完全に遊んでいるのである。

そう。ネタの練り方が片手間仕事に感じられて、遊んでいると言われてもしょうがないですよね。
十瑠
2016/04/23 21:20
十瑠さん、こんにちは。

>コメント
十瑠さんの場合は、ご覧になっていない作品でもコメントされることがあるので、こういうこともままありますね^^

>「突然炎のごとく」
確かに。
人間のパッションを内面から探る映画的なトリュフォーと、台詞の面白味で楽しませる演劇的なアレンとでは、自ずとタッチやムードが違ってくるわけで、自らの特性を排除しベルイマン・タッチにどっぷり耽った「インテリア」とは違い、かの名作の要素を全くアレン風に翻案したという感じ。

>なんだかなぁ。(汗汗)
先日、「キッド」をTBした後、全く同じ体験をしました。
本当に汗が出ますね^^
オカピー
2016/04/24 09:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「それでも恋するバルセロナ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる