プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ザ・ムーン」

<<   作成日時 : 2010/02/06 14:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2007年イギリス映画 監督デーヴィッド・シントン
ネタバレあり

僕は小学生の時代にアポロ11号の月面着陸とアームストロング船長の月面歩行に興奮した世代。とは言っても根っからの文系の僕はそちらへの学問的興味は限定的で、ひたすら小説を読んだり映画鑑賞の日々を送ることになるが、あれほどTV画面に釘付けになったのは1972年の浅間山荘事件と2001年の全米同時テロくらいなものである。

画像

本作は、1960年頃に始まるソ連との宇宙開発競争の一環で始まったアポロ計画の経緯と、くだんのアポロ11号の発射から帰還に至るまでの出来事を宇宙飛行士二人(有名なアームストロング船長は利用されることを嫌って隠棲しているという)バズ・オルドリン、マイケル・コリンズの証言を中心に、アラン・ビーンやエドガー・ミッチェルといった17号までの飛行士の証言を併せて紹介したドキュメンタリーで、例によって証言者の顔を映している部分は退屈だが、それでも当人の若い時の映像を加えて二画面で映すのは工夫として評価できる。

画像

実際に撮られたフィルムは夢を持っている人間なら相当興奮できるもので、WOWOWで観た僕が言うのも何であるが、でかいスクリーンで観るのがふさわしい。

アームストロングと共に月面に降り立ったオルドリン(下画像)は当時から宗教がかった発言で有名だった人で、相変わらず宗教がらみの話を出してきて抹香臭くてかなわないところがある。が、宇宙にでも行けば誰でもそうした気分になるのではないか、と理解できないでもない。

画像

反面、最後に月着陸捏造説に対して「どうして9回もだます必要があるのか」といった発言で証言者が反発するのは観ていて爽快。最近NASAが発表した写真が捏造説をほぼ一蹴した形と理解して良いのだろう(それさえもでっちあげと反論できないこともない)。
 映画とは全く関係ないが、科学に全く疎い僕でも「光源が一つ(太陽)なのに影の方向が一定でない」という捏造説の論拠には噴飯した。日常生活で物をよく観察していれば絶対出て来ない低次元の疑問だから。

「カプリコン1」を観た頃は捏造説を知りませんでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
月にキツネとキャット
「ザ・ムーン」 「きつねと私の12ヶ月」 「ミーアキャット」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/02/06 14:56
ザ・ムーン
公式サイト。英語原題:IN THE SHADOW OF THE MOON。ロン・ハワード製作、デヴィッド・シントン監督、バズ・オルドリン、マイケル・コリンズ、デイヴ・スコット、ジーン・サーナン、ジム・ロヴェル、ジョン・ヤング、エドガー・ミチェル。アポロ11号による人類初の月面着陸40.... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2010/02/06 14:59
ザ・ムーン/アームストロング、オルドリン
「月」って何故か惹かれるんですよね。私の場合、天文学とかじゃなく宇宙の神秘としてだけど、私の友だちで天体マニアのその子は皆既日食&月食を求めて世界中を一人で旅しちゃうんだけど、旦那さんもそういう仲間の集まりで知り合った人なんだよね。彼女は特に月が大好きで.... ...続きを見る
カノンな日々
2010/02/06 17:37
★「ザ・ムーン」
今週の平日休みの1本目は「TOHOシネマズ川崎」で。 ひらりん的には珍しく、スヌーピーのエコバック付だったから前売り券を買っていたのね。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/02/07 03:40
『ザ・ムーン』
□作品オフィシャルサイト 「ザ・ムーン」□監督 デヴィッド・シントン&nbsp;&nbsp; □キャスト バズ・オルドリン、マイケル・コリンズ、ジム・ラヴェル、ジーン・サーナン■鑑賞日 1月25日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 月にウサギが・・・なんてロマンに満ちていた時代はいつのことだったろう。 人類が初めて月に降り立ってから約40年。 実際に体験した宇宙飛行士の証言をもとに、今まで公開されていなかった貴重なフィルムも合わせて公開し... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2010/02/07 23:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
むかし、湯川秀樹博士が、「原子核や分子をつきつめていくと、さらにそれが小さく分かれ、そのひとつを調べていくと、さらに分かれるのがわかったとき、神の存在を感じた。」というようなことをおっしゃてました。
人知の及ばないものにたいして畏敬の念を感じるということでしょうか。
実際に、月から地球を見てみたいですね。

捏造説は、頭悪すぎで反論する気にもなりません。
ねこのひげ
2010/02/07 08:17
ねこのひげさん、こんばんは。

>湯川秀樹博士
ふーむ、小宇宙にも大宇宙と共通するものがあるんでしょうね。
僕みたいな凡人には想像もつかないんですけど。

>月から地球を見てみたい
月をイメージしていると、月から観る地球は相当大きく感じるでしょうね。
観てみたいなあ。
オカピー
2010/02/08 00:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ザ・ムーン」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる