プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「12人の怒れる男」

<<   作成日時 : 2009/10/07 15:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 4

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2007年ロシア映画 監督ニキータ・ミハルコフ
ネタバレあり

シドニー・ルメットが映画デビューを飾った裁判映画の傑作「十二人の怒れる男」をロシアの巨匠ニキータ・ミハルコフがロシアに舞台を移して換骨奪胎した野心作。と来れば、ある程度ベテランの映画ファンなら興味を抱かずにはいられないであろう。

ロシアの裁判所で、検察がチェチェン人少年に対してロシア人の養父を殺したとして第一級殺人の罪により終身刑を求刑、任意に選ばれた十二人の陪審員が全員一致という条件の下に有罪か無罪か決めることになる。
 携帯電話が没収されるという配慮があることを考えれば、21世紀の現在に陪審員全員が男性という設定は些か非現実的である感が否めないが、密室を裁判所の隣にある学校の体育館という広い場所にした変更が事件再現の場面で大いに生かされる。

陪審員長は芸術家と呼ばれる二番(ミハルコフ自身)が務め、確固たる証人が二人いる為に十一人の陪審員が“有罪”に挙手するが、ただ一人一番(セルゲイ・マコヴェツキイ)だけが“無罪”にする。確信があるわけではなく、簡単に決めることは良心的にできない、と言うのである。

早めに帰宅したい人々などの事情を交えた序盤から、やがて議論が白熱、次第に無罪評が増えていく、という骨格はオリジナルと全く同じ。しかし、僕の見るところでは狙いは大分違っていて、社会性を漂わせながらもあくまで評決までのスリリングな紆余曲折が目的であるという印象を残すオリジナルに対して、本作は評決までの経緯を縦糸、陪審員たちの語る物語を横糸にしてロシアの荒廃した人心や社会、チェチェン人などとの民族紛争という模様を織り上げようとしている。

それがオリジナルが僅かに96分、本作が160分という上映時間の差として現れているが、その目的においては成功の部類。
 無罪派への転向を一気に促進するのが想像の域を出ない仮説ばかりなのがミステリー的には気になるものの、本作は一種の寓話なのでその辺りを気にするのは野暮であろう。

最後は人が人を裁くことの難しさを滲ませ、抗争の絶えないロシアの少数民族との力関係が浮び上がる。従って、真夏の夕方に主人公に爽快さを与えた筈の風が感じられ気分宜しく観終えたオリジナルとは極めて対照的に、真冬という設定に通じる冷え冷えとしたムードに寒気を禁じ得ない部分がある。但し、恐らく少数民族を象徴する小鳥のリリカルな扱いが清涼剤のような後味を残すのは有難い。

チェチェン人は、それでも、自由を求む。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
mini review 09393「12人の怒れる男」★★★★★★★★★☆
シドニー・ルメットの名作『十二人の怒れる男』を、巨匠ニキータ・ミハルコフが舞台を現代のロシアに置き換えてリメイクした社会派ドラマ。ヴェネチア国際映画祭で特別獅子賞を受賞したほか、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされている。継父殺しの殺人容疑がかかったチェチェン人少年の裁判をめぐり、12人の陪審員がさまざまな思惑を交錯させながら審議を展開。現代ロシアの抱える社会問題を浮き彫りにした、骨太な味わいのある作品となっている。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2009/10/07 16:08
陪審員
「十二人の怒れる男」 「12人の怒れる男」 「12人の優しい日本人」 「ニューオーリンズ・トライアル」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/10/07 16:17
12人の怒れる男/セルゲイ・マコヴェツキー
シドニー・ルメットの名作『十二人の怒れる男』を、ロシアの巨匠ニキータ・ミハルコフ監督が現現在のロシア社会台を色濃く反映させリメイクした社会派な作品です。日本では『12人の優しい日本人』というのがあって大好きな作品なんですよね。三谷幸喜の舞台版も面白かったで.... ...続きを見る
カノンな日々
2009/10/07 16:36
「12人の怒れる男」
オリジナルは大好きで何度か見ましたが、この映画のラストには唸りました・・・ ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2009/10/07 19:03
【DVD】12人の怒れる男
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 三谷版をみてからいつかは見ようと ▼感想 あんまりすきじゃない ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ...続きを見る
新!やさぐれ日記
2009/10/07 22:47
映画 【12人の怒れる男】
映画館にて「12人の怒れる男」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/10/07 23:32
「12人の怒れる男」
12 2007年/ロシア/160分 at:第七藝術劇場 ...続きを見る
寄り道カフェ
2009/10/08 09:14
250「12人の怒れる男」(ロシア)
命を考える時間  ロシアのとある裁判所でひとつの殺人事件が裁かれていた。被告人はチェチェンの少年。義父であるロシア人将校を殺害した罪に問われ、検察は最高刑である終身刑を求刑していた。3日間の審理も終わり、残すは12人の陪審員による評決だけとなった。状況証拠から誰の目にも有罪は明らかと思われたこの事件。改装中の陪審員室の代わりに通された小学校の体育館に入った彼らも簡単に済ませてしまおうという空気が流れていた。すぐに挙手による投票が行われるが、11人が有罪に手を挙げる中、1人だけが無罪に1票... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2009/10/11 01:34
12人の怒れる男(DVD)
少年の運命は、12人の陪審員に委ねられた。 ...続きを見る
ひるめし。
2009/10/11 21:21
映画『12人の怒れる男』を観て
77.12人の怒れる男■原題:12■製作年・国:2007年、ロシア■上映時間:160分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:9月18日、シャンテ・シネ(日比谷)スタッフ・キャスト(役... ...続きを見る
KINTYRE’SDIARY
2011/01/03 18:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとう。
これ、僕はすごく高得点で。
こんなに有名な作品を、堂々とこんな骨太な寓話にする手腕がすごいなあ、と。
役者さんも知らない人がほとんどだけど、みんなうまいなあ、と。
kimion20002000
URL
2009/10/07 16:11
kimion20002000さん、こんばんは。

彼らが話す程々の長さの挿話が、どこかチェーホフの短編小説を思わせたり、或いはロシアという国の現状を包括的に見つめる姿勢がドストエフスキー的だなあとか、ロシア文学の香りが匂って来る部分を楽しみました。

その一方で、その話が現実的な審議と乖離している印象を捨てきれないところがあって「絶賛はできない」という星に落ち着きました。
オカピー
2009/10/08 00:43
おはようございます。
>ニキータ・ミハルコフがロシアに舞台を移して換骨奪胎した野心作
といわれてるんだけど、ロシアの状況を浮かび上がらせるという意図は読み取れるんだけど、観ていて骨がバラバラのまんま横たわっているって感じて、今ひとつ、う〜ん どうなんだろうなぁって感じました。
もう少し旧ソ連の少数民族の現状に焦点を絞ってほしかったなぁって……
チェチェンに対する描き方も曖昧で……それが限界だったとは思うけれど…
(ソ連時代と同様今も怖ろしいロシアだし)
やっぱりオリジナルと重ねてみてしまう。
有罪にした男性は少年の父親の死とも関係する組織の側にかつてはいた人間なんでしょう。無罪にして少年を世間に出すよりも刑務所にいる方が安全だ。それが彼の有罪にした理由。それほどの組織(体制)の怖ろしさなんでしょう。
ここで引っかかったんだよな。体制側に守られた不自由な安全と、危険であってもロシアという体制からの自由。闘っているのはそこだろうって思うと、そこで映像にがーんと反撥してしまったわ。
シュエット
2009/10/08 09:12
シュエットさん、こんばんは。

TBして戴いた記事を拝読致しましたが、シュエットさんの不満は大体僕と同じですね。
例えば、シュエットさんはチェチェン少年の回想シーンと審議との関連性に不満を述べていますが、僕は挿入のタイミングが荒っぽいなと感じたんです。つまるところ、関連性が薄いから荒っぽく感じるのだろう、ということです。

審議と各人の語るお話の関連性も乏しいですね。ただ、寓話と思ってそれは大目に見ました。

>反撥
思うに、ミハルコフは祖国を憂える愛国主義者であって、決してチェチェンやその他の少数民族を憂えているわけではないのでしょう。
国家のようにチェチェンへの攻撃を良しとしているわけではないとしても、「中に留まるも、寒い外に出るのもお前の自由だ」という小鳥への言葉は大国的な発言として受け止められますよね。言葉は些か傲慢でも、鳥を外に出したことは悪くないなと思いますです。
オカピー
2009/10/09 01:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「12人の怒れる男」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる