プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ゴーン・ベイビー・ゴーン」

<<   作成日時 : 2009/08/12 12:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 7 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2007年アメリカ映画 監督ベン・アフレック
重要なネタバレあり。結末に触れていますので要注意。

アウェイ・フロム・ハー 君を想う」のサラ・ポーリーは徹底した作家主義スタイルで強い印象を残したが、本作で同じように監督進出を果たした俳優ベン・アフレックの仕事ぶりも落ち着きがあってなかなか印象深い。残念ながら日本劇場未公開に終っている。

ボストン、4歳の幼女が行方不明になり、警察だけでは頼りにならぬと伯母が、ケイシー・アフレックとミシェル・モナハンの若い私立探偵コンビに少女の捜索を依頼。二人は地元の刑事エド・ハリスとジョン・アシュトンと協力し合って解決の糸口を探し始め、少女の母エイミー・ライアンが麻薬常習者で麻薬ディーラーのボスの金を掠めたことを掴み、どうやらボスが金を取り戻す為に誘拐したものだろうと推測、交渉を始める。

というのが前半のお話で、事件の進展ぶりはハードボイルド映画風だが、画面から受ける印象は少し違い、そこに本作の狙いが見え隠れする。即ち、刑事二人が探偵コンビに妙に協力的だったり、池のできた採石場での幼女と大金の交換作戦が不調に終わって幼女が池に落ちたことで刑事と探偵コンビの画策が“発覚”した時警部モーガン・フリーマンが文句を言いつつ、そのまま捜査を続行させることが後半へのヒントとなっている。

と、ここまで言えば最後まで言ったのも同然、多少どんでん返し的な狙いはあるものの本格ミステリーでも本格サスペンスでもなく、かつ、結末を話さずには本作のテーマに触れられない都合上重要なネタばれをしてしまうが、アフレック君は第2の誘拐事件の不首尾を受けて引責辞任した警部が幼女の行く末を案じて引き取っている現場を見てしまう。ここで彼は法律を取るか幼女の幸福を取るか二者択一を迫られ、結局法律を選ぶ。

つまり、法を守ることが人間の幸福を考えた時に果して正しいことなのか、という問題提議をミステリー手法で行った社会派ドラマで、主人公のアフレック君が自分の選択に疑問を持つところで終わるのだが、それだけに後味は相当悪く、楽観的な結末の多いアメリカ映画としては非常に厳しい幕切れであると感心させられる一方、手放しで褒められないところがある。

作劇的には主人公が少年を殺した変態を射殺するエピソードを入れたのがうまい。テーマ展開の布石になっているからで、少年嗜虐の変態もネグレクトを続ける親も子供の平和や幸福を考えた時には五十歩百歩ではないか、即ち、残虐な行為にやりきれなくなって変態を殺した青年と狂言誘拐により幼女を引き取ろうとした警部に道義的にどれほどの違いがあるのかというニュアンスが伝わり、法律的正義と道義的正義の間の落差という問題が強く浮かび上がるのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」
パトリック・ケンジー(ケイシー・アフレック)とアンジー・ジェナーロ(ミシェル・モナハン)は、ボストンで 私立探偵をする幼なじみのカップル。ある日、4歳の少女アマンダが誘拐される事件が発生、 ボストンの街は騒然となる。事件発生から3日目、警察の捜査に進展が見られない中、アマンダの 叔母夫婦が、街の裏側に精通するパトリックたちのもとに捜索依頼に現われる。あまり乗り気でない パトリックとアンジー。さらに、アマンダの母親ヘリーン(エイミー・ライアン)にかなり問題があることが 次第に明らかとなり、ますます... ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2009/08/12 15:31
ドラゴーン
「ドラゴン・キングダム」 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/08/12 16:18
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」
厳つい顔して大根役者っぽいからラジー賞の常連だけど、 実はオスカーの脚本賞受賞歴のある、ベン・アフレックの監督・脚本作品。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/08/13 02:07
ゴーン・ベイビー・ゴーン
Gone Baby Gone(2007年) 監督:ベン・アフレック 出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・モナハン、モーガン・フリーマン、エド・ハリス デニス・ルヘインの小説「愛しき者はすべて去りゆく」の映画化で、アルコールと酒に溺れる母親の4歳の娘が自宅から消え、その行方を探すよう依頼を受けた探偵コンビの姿を描いたミステリー 本作のメインは、誰が何の目的で少女を連れ去ったのかという謎解きではなく、子供を育てるのは親か環境かという問題提起をすることにあり、同じ作者の著作で映画にもなった「ミステ... ...続きを見る
Movies 1-800
2009/08/14 00:37
『ゴーン・ベイビー・ゴーン』を観たぞ〜!
『ゴーン・ベイビー・ゴーン』を観ました「ミスティック・リバー」の原作者デニス・レヘインの傑作ハードボイルド『愛しき者はすべて去りゆく』を、これが監督デビューとなるベン・アフレックが映画化した社会派ミステリー・サスペンスです>>『ゴーン・ベイビー・ゴーン』... ...続きを見る
おきらく楽天 映画生活
2009/09/09 22:29
映画評「クロッシング」(2009年)
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督アントワーヌ・フークア ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/03/23 09:50
映画評「夜に生きる」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督ベン・アフレック ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2018/04/11 09:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
「ミスティック・リバー」と同じ原作者ということもありますが、全体的にクリント・イーストウッドの演出スタイルを真似たようなところがありました。
監督ベン・アフレックは次回作で真価が問われそうです。
hash
URL
2009/08/14 00:45
hashさん、こんばんは。

>ベン・アフレック
マット・デーモンと共同で書いた「グッド・ウィル・ハンティング」ではアカデミー脚本賞を受賞しましたから、役者よりそちら方面のほうが向いているかもしれませんね。
役者としては弟の方が上みたいです。
オカピー
2009/08/14 18:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ゴーン・ベイビー・ゴーン」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる