プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「百万円と苦虫女」

<<   作成日時 : 2009/06/16 15:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 12 / コメント 6

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2008年日本映画 監督タナダユキ
ネタバレあり

タナダユキは注目の女性監督らしいが、本作を見る限り極めて有望と言うべし。

成り行きでルームシェアすることになった男性に拾った子猫を捨てられた腹いせに男の持ち物を全て捨て、拘置所に収容され20万円の罰金を払う羽目になった21歳の蒼井優が、その結果家に居づらくなり「百万円貯めたら出ていきます」と宣言してバイトに励んで実行、その後も百万円貯める毎に場所を転々と変え、海の家、桃狩りに駆り出される東北地方の寒村を経て、東京に程近い小都市に行き着き、切ない恋模様が展開する。

というロードムービー及びオムニバス風の青春ドラマで、色々な面で感心させられた。

まず序盤、ヒロインは短大は出たものの定職できないうちに犯罪とも言えない犯罪を起こし、お受験に懸命な小学校6年生の弟・齋藤隆成君に徹底的に詰(なじ)られる。実に嫌な弟だなあと思うのも束の間、少年がいじめられっ子であること、それに続けてかつての同級生に揄われる姉の場面を入れることで実は似た者姉弟であること、かつ少年が別の私立中学へ行きたがっている理由をすばやく解らせていく辺り惚れ惚れする展開ぶりである。

この二人が織りなす人生模様では、虐げられる者がちょっと反骨を示すと社会的制裁が待っている不条理に義憤すら感じ、本音では他人と付き合いたいのに処世術が不足している為に逃げ出さざるを得ない不器用な人々の生き方に激しく胸を締め付けられる。

その一方で、彼女が各地で出会う人々には純朴な人が多く、「器用だなあ」「可愛いなあ」などと素直に褒めてくれる。地元の限られた人間の言葉により自分の価値を必要以上に低く見積もらざるを得なかった彼女が行き着く先々で真の価値に気付かされ、次第に人間不信の度合を小さくしていく展開に、遂に逃げずに現実と対峙しようと決意した弟の手紙を重ね、彼女の未来がやがて明るく輝くことを暗示し、爽やかな後味を生んでいるのが大変有難い。

また、彼女はバイト先の大学生・森山未來とぎこちない恋模様の末に結ばれ苦い別れを経験する。この最後のエピソードにはいかにも通俗的な展開と理解されがちな心情と視線のすれ違いがあるのだが、見た目はそうであっても扱いは即実的で非常に厳しい。全てに焦点の合うパンフォーカスを余り使わずに優嬢と森山君だけがはっきり捉えられるように設計されたカメラワークも、二人の心情を反映して、適切である。

が、何と言っても本作は、世間一般の若い女性を代表はしないが十分に普遍性があるヒロインにリアリティを与えた蒼井優の好演に尽きる。脱帽しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
100万円の桜
「百万円と苦虫女」 「山桜」  ...続きを見る
Akira's VOICE
2009/06/16 15:55
「百万円と苦虫女」
自分探しの旅・・などとよく言いますが、鈴子の場合は自分なんて探さない、探さなくてもここにいるわけで・・・ ...続きを見る
心の栄養♪映画と英語のジョーク
2009/06/16 16:42
百万円と苦虫女/蒼井優、森山未來
監督のタナダユキさんといえば『赤い文化住宅の初子』の印象が鮮烈でしたけど、あの作品は全国的には観た人は少ないでしょうから、この映画が彼女にとってはメジャーデビューとなる監督作品といえそうですね。お金絡みのガーリームービーという共通点は彼女のこだわり?とに.... ...続きを見る
カノンな日々
2009/06/16 17:56
映画 【百万円と苦虫女】
映画館にて「百万円と苦虫女」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/06/16 17:57
百万円と苦虫女(映画館)
百万円貯まったら、この家を出て行きます。 ...続きを見る
ひるめし。
2009/06/16 21:55
映画「百万円と苦虫女」
海の家から山の桃園・・山のあなたの空遠く「幸」住むと人のいふ、ああ、われひとと尋めゆきて・・苦虫女の行くところ、涙と恋に辛い体験そして気持ちいい風・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2009/06/16 23:58
★「百万円と苦虫女」
三連休の二日目もレイトショウ実施中なので、 今週公開で、蒼井優の主演でインパクトのある本作を・・・。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/06/17 01:08
192「百万円と苦虫女」(日本)
自分を探したくないんです  短大を卒業したものの、就職できずにアルバイト生活を送る21歳の女性、佐藤鈴子。ある事件から実家に居づらくなった彼女は、家族の前で「百万円貯まったら出て行きます」と宣言、以来バイトを掛け持ちして懸命に働く日々が続く。そして百万円が貯まると、宣言通り実家を後にして、誰も知らない土地へと旅立つ鈴子。  最初は海、次は山、というようにしばらくそこに住んでは百万円溜まるとまた次の場所へと移っていく。行く先々で人の温かさに触れるが、その関係から逃げていく鈴子だったが、あ... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2009/06/20 00:27
『百万円と苦虫女』’08・日
あらすじ短大を卒業後、フリーターをしている鈴子はバイト仲間からルームシェアを持ちかけられて実家を出る事にしたが、ひょんな事から警察沙汰になり・・・。感想百万円貯まるごとに町を転々とする苦虫女のお話です。でも、苦虫女って感じちゃうかったな蒼井優演じる主人... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2009/06/21 08:22
mini review 09370「百万円と苦虫女」★★★★★★☆☆☆☆
蒼井優が『ニライカナイからの手紙』以来、3年ぶりに主演を務めた、ほろ苦い青春ロードムービー。ひょんなことから各地を転々とすることになるヒロインの出会いと別れ、そして不器用な恋を丹念に映し出す。監督は『赤い文化住宅の初子』のタナダユキ。共演者も『スマイル 聖夜の奇跡』の森山未來をはじめ、『ワルボロ』のピエール瀧や『転々』の笹野高史ら個性派が脇を固める。転居を繰り返しながら、少しずつ成長して行く主人公の姿に共感する。[もっと詳しく] ころ ...続きを見る
サーカスな日々
2009/07/02 15:15
百万円と苦虫女
2008 日本 邦画 ドラマ ラブロマンス 作品のイメージ:ほのぼの、ためになる 出演:蒼井優、森山未來、ピエール瀧、竹財輝之助 ...続きを見る
あず沙の映画レビュー・ノート
2009/07/12 03:56
映画評「ロマンス」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督タナダユキ ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/07/31 11:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
蒼井優ちゃんが出ているけど、変なタイトルなんで記憶のリストに上げなかった作品です。
タナダユキという女性監督の名前と共に、インプットいたしやした。

「蒼井優の好演に尽きる」ですか。
十瑠
URL
2009/06/16 22:31
十瑠さん、こんばんは。

>変なタイトル
そうなんですよね。
どうにも変なので観るのを躊躇しましたが、蒼井優を見るだけでも損はないだろうと観ました。
これが予想外に良かった。

本文では指摘しなかった気に入らない点もちらほらありますが、優れた点の方が多かったので、思わず☆☆☆☆進呈です。
蒼井優・・・実に素晴らしい!
オカピー
2009/06/17 02:19
おおっ!8点ですか。
これは予告編もなかなか良くって気にはなりつつも劇場公開では観にいってません。邦画はよほどコレッ!て気が起きないと劇場スクリーンで観ようという気にはならないもので。でもこれってたしか1年以内の作品だったと思うのですが、最近はこんな風にDVDもテレビ放映も早いこと。
蒼井優ちゃん絶賛ですね。お二人とも。彼女っていいですよね。透明感があるんだけれど、その中にアクとか凄みとかも感じさせて……独特の存在感のある女優ですよね。役に応じてどんな色にも変わるようにみえながら、実は頑として変わらない。
P様ご推薦作品(笑)として安心して鑑賞します。次回放映は7月7日みたい。
ご紹介ありがとうございました!
シュエット
2009/06/17 09:09
シュエットさん、こんばんは。

>8点
期待せずに観た(ので思わず高採点)ということを多少考慮に入れる必要はあると思いますが。

>テレビ放映も早い
有料放送ですからね、完全ノーカットだけでは弱いです。
WOWOWは開局前から1年前後の放映を売りにしていました。たまに半年くらいのものもあって、得した気分。
DVDは半年くらいではないでしょうか?
映画製作会社も劇場公開だけでは食えないので、そうした二次利用を有効に使うのを前提に作っていますから、売るのも早いですね。
スピルバーグが「ET」を二次利用するのに10年以上もかけた時代がウソのよう。

>蒼井優
を見るだけでもお釣りが来ますよ、きっと。
良いアンプのように固有の色がないんですね、彼女は。
しかも演技の基礎がきちんと出来ている。
オカピー
2009/06/18 01:53
こんにちは。
タナダユキさんは、なかなかの才能の持ち主ですね。
蒼井優も久しぶりに、じっくりと見れた映画でした。
kimion20002000
URL
2009/07/02 15:18
kimion20002000さん、TB&コメント有難うございました。
入院に関しての励ましのコメントも有難うございました。

>タナダユキさん
僕も大した才能だと思いました。
有望な女性監督が数名出て来て、ミーハーを対象としない日本映画の未来は明るいかもしれませんね。

>蒼井優
本当の主役を演じることが意外と少ない彼女ですから、本作のような主役映画が増えるといいですね。
オカピー
2009/07/20 17:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「百万円と苦虫女」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる