プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「レッドクリフ PartI」(地上波放映版)

<<   作成日時 : 2009/04/16 16:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 18 / コメント 9

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2007年中国=台湾=アメリカ=韓国=日本映画 監督ジョン・ウー
ネタバレあり

学生時代は日本史より世界史に興味があり、中でも中国史は好きだが歴史書を読むほどではなかった。先日思い立って読み始めた「史記」は本日遂に読み終わり、図書館にある「三国志」(「三国志演義」ではないぞよ)も数年のうちには読みたいと思っているところである。

本作はその「三国志」でも序盤、まだ魏・呉・蜀が帝国として成立する前の後漢末期が舞台で、曹操(チャン・フォンイー)は後漢の丞相になって権力を掌握したばかりで天下統一に燃え、領民の人気を集めている蜀侯・劉備(ユー・ヨン)を排除しようと戦闘を仕掛ける。
 ここが序盤の見どころで、劉備の生まれたばかりの子供を抱えながら敵を蹴散らす家臣・趙雲(フー・ジュン)の活躍が印象深い。

蜀の天才軍師・諸葛亮孔明(金城武)は曹操の大軍勢に立ち向かうべく呉と連合する為にその司令官・周瑜(トニー・レオン)に接近して意気投合、若き君主・孫権(チャン・チェン)も遂にその気になる。諸葛亮は古式ゆかしき【八卦の陣】作戦を提案、油断した曹操の部隊をこの陣形に誘い込み、大打撃を与える。

タイトルの由来である有名な「赤壁の戦い」は公開が始まったばかりの「Part2」までお預け。

まず放映に関する不満。
 劇場公開時の本作上映時間は145分。地上波故に多少のカットは覚悟していたものの、後篇の予告編が本編終了後延々と10分も続くことには温厚な僕も腹を立てるしかない。ここで使った貴重な10分を本編に回せば約133分の放映となり、クレジットを入れても12分、実質5分程度のカットで済んだのだ。

地上波放映版で観る限り展開は誠に早い。その代わりダイジェスト的な物足りなさも覚えてしまう部分もあるが、僕のような「三国志」初心者には丁度良さそうだ。

作劇としては、中国時代劇らしく序盤から暗示的・象徴的・比喩的なショットや場面が目立つ。馬の出産を手伝うことによる生まれる諸葛亮への信頼、琴の合奏による心理の探り合い、埃による弓の長い不使用の暗示、虎を曹操に見立てる狩り、草鞋に使う藁の譬え、【八卦の陣】に絡む亀、等々。
 こうして敵に対しては勿論、味方においても心理合戦であるというムードを観客の心底に植えた上で、映画は後半のハイライトである【八卦の陣】の戦闘に突入していく。

俯瞰で捉えた八卦の陣が非常に美しいが、ほぼ実技のみで作られた古い映画をよく知るオールド・ファンならワイヤーとスローモーションとCGが少なからず用いられた戦闘場面には多少の失望を覚えよう。必要以上の多用とは言えないものの、ファンタジーでもない時代劇に不自然で間延びするワイヤーはないほうがベター。スローモーションは肝心なショットだけに使えばよろしく、多用は冗長さを生むので逆効果である。その代り、カット割りが細切れではなく、最近の作品としてはアクションの全体像が捉え易いのは有難い。
 CGは事前の予想ほど使われていないが、例えば無数の矢が飛ぶショットでは、実写において限りある矢をカメラワークで多く感じさせるのが映画屋の仕事ではないか、とちょっと不平を言ってみたくもなる。

ドラマ展開の中で一番不満なのは諸葛亮の扱いで、戦闘中の彼はただ所在ないようにしか見えず緊張感を殺ぐ傾向にある。この辺りは「PartII」で見極めなければならない。

【レッドクリフ】では、「赤壁賦」を詠んだ蘇東坡もびっくりじゃろうて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(18件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レッドクリフ Part I
帝国が、襲ってくる。 信じる心、残っているか。 三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編。ジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた歴史アクション大作。 ...続きを見る
to Heart
2009/04/16 18:05
映画 【レッドクリフ Part 1 】
映画館にて「レッドクリフ Part 1 」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/04/16 18:53
『レッドクリフ Part T』('08初鑑賞140・劇場)
☆☆☆☆− (5段階評価で 4) 11月1日(土) ファースト・デイで ¥1000  109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:20の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2009/04/16 21:59
『レッドクリフ PartI』
(原題:Red Cliff 赤壁) ...続きを見る
ラムの大通り
2009/04/16 22:30
レッドクリフ PartI
かの有名な「三国志」の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を、ジョン・ウー監督の手により映像化。出演は、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童など。 ...続きを見る
Yuhiの読書日記+α
2009/04/16 22:48
映画「レッドクリフ PartI」
原題:Red Cliff 西暦208年、日本なら弥生時代の2〜3世紀、卑弥呼のいた邪馬台国の時代だっただろうか、魏・呉・蜀の三国が覇権を争う『三国志演義』はあまりにも有名〜 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2009/04/17 00:00
★「レッドクリフ Part I」
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/04/17 00:21
レッドクリフ Part I
【三国志】レッドクリフ(赤壁) Part3【白い鳩と二丁○○】 ...続きを見る
2ちゃんねる映画ブログ
2009/04/17 15:49
『レッドクリフ Part1』'08・米・中・日・台・韓
あらすじ西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に脅威を感じているものの非戦を唱える臣下が多く・・・。感想日曜にテレビでやってましたが、吹き替えで金城武や中村獅童の声が、別人な... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2009/04/18 00:13
レッドクリフ Part T
赤壁/Red Cliff (2008年) 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォン・イー、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン 魏・呉・蜀の三国の覇権争いの物語「三国志」の一節で有名な「赤壁の戦い」を描く歴史劇 「三国志」と言えば、様々な媒体を通して語り継がれている物語だが、個人的には、昔マンガで少々読んだことがある位で、あまりよく知らない。だが、「勇気、友情、愛」をテーマにジョン・ウー色の強い作品だけに、そういう余分な思い入れがない人の方が楽しめるような気がする。 洋の... ...続きを見る
Movies 1-800
2009/04/18 01:36
レッドクリフ Part?
JUGEMテーマ:映画 ...続きを見る
UkiUkiれいんぼーデイ
2009/04/18 16:24
レッドクリフ Part I
(2008/ジョン・ウー監督/トニー・レオン=周瑜、金城武=孔明、チャン・フォンイー=曹操、チャン・チェン=孫権、ヴィッキー・チャオ=尚香、フー・ジュン=趙雲、中村獅童=甘興、リン・チーリン=小喬、ユウ・ヨン=劉備、ホウ・ヨン=魯粛、バーサンジャプ=関羽、ザン・ジンシェン=張飛、トン・ダーウェイ=孫叔材、ソン・ジア=驪姫、チャン・サン=黄蓋/145分) ...続きを見る
テアトル十瑠
2009/04/21 13:50
「レッドクリフ Part?」
はじめに、舞台となった中国の当時の状況説明(どこの国の誰がどうした、とか)が日本語であったので、一瞬、吹替え版が間違って上映されて&... ...続きを見る
或る日の出来事
2009/04/25 15:32
レッドクリフ
嫌なことが多かった4月も終わり、5月になった。どうも4月は、これまでにないくらいいろいろな不愉快な出来事があり、悩むことが多かったが、これで気分一新だ。ジャイアンツも3試合連続の完封負けから、やっと打線が爆発して、広島カープに今年初めての勝利をあげ、再度猛反撃の開始だ。 GWの休暇も昨日から始まり、今年は6連休と短めだが、久しぶりの休みだし、少し体と心を癒して、ジャイアンツ同様に反撃の5月にするためにも、くつろぐことにしよう。 さてさて、昨日は、先日テレビ朝日の日曜洋画劇場でやっていた... ...続きを見る
気ままな毎日
2009/05/05 11:13
ストレス解消活劇 「レッドクリフ Part I」
「レッドクリフ Part I」 ハリウッド活劇と京劇の融合 ...続きを見る
ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋
2009/09/21 23:14
『レッド・クリフ』(2008)三国志の四大戦争のひとつ、赤壁の戦いを怒涛の映画化。
 レッド・クリフと聞いて、「赤壁の戦い」を思い出した人はかなりの三国志マニアかもしれません。一般に三国志というと、ビジネス書コーナーなどでぼんやりと書店で見たこともあるでしょうが、実際に手にとって、購入するところまで行く人は稀でしょう。むしろ現在ではPCゲームや漫画などで読んだ方のほうが大多数かもしれません。 ...続きを見る
良い映画を褒める会。
2010/01/13 23:06
『レッドクリフ Part I』 映画レビュー
『 レッドクリフ Part I 』 (2008) &#160;監  督 :ジョン・ウーキャスト :トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童... ...続きを見る
さも観たかのような映画レビュー
2011/04/15 00:59
映画評「ヘラクレス」
☆☆★(5点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ブレット・ラトナー ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2015/12/02 09:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
テレビ放映で観られたんですね。
きっとこれはテレビで観たほうがアラが見えず映像が締まって鑑賞できたのではと思います。。スクリーンだとアラがみえてしまい、例えばエキストラの兵隊たちのなんとも緊張感のなさがみえみえでいけませんでした。
パート1を観た後「グラディエーター」が無性に観たくなりました。
トニーレオンと妻とのラブシーンなども不要かと。パート2は今となっては賞味期限切れでテレビ放映で観ることに決めました。ただ、映画評はパート2は1に比べて概ね好意的な評価みたいですけど。
シュエット
2009/04/16 16:23
追伸
カット部分は大きいですよ。
シュエット
2009/04/16 16:24
シュエットさん、こんばんは。

出来ればCMによる中断も再編集もないWOWOWで観たかったのですが、カットがある程度限定的と思って観たのに、後篇の予告があんなに延々とあるのだから参りました。あれは劇場公開時にもあったものらしいですね。

>ラブシーン
確かに要らんなあ。
地上波につき家族で観ていたので、ちょっと照れました。^^;
馬の出産が要らんというご意見もありますが、あれは【信頼】への伏線ですから。

>映画評
僕がよく訪れるブログではこちらも概ね好調でしたよ。
シュエットさんが一番厳しいみたい。(笑)
オカピー
2009/04/17 03:48
こんばんは。
スローモーションは、ジョン・ウーのトレード・マークみたいなものなので、許してあげてください。^^
サム・ペキンパーの真似なんでしょうけど・・・
hash
URL
2009/04/18 01:41
hashさん、こんばんは。

>スローモーション
大丈夫ですよ。^^)v
ウーの場合は当てはまりませんが、才能のない作家たちがスローモーションを迫力のなさを誤魔化す為に(ビデオ映画などでは尺稼ぎに)多用している現状を苦々しく思っているので、つい言ってしまうんですよね。^^;

いずれにしても一番気になったのは、ワイヤーですね。
あんな間延びするわざとらしいものを有難がる必要はないと思うんですが。
オカピー
2009/04/19 01:41
パート2上映を当て込んで、早くも地上波放映でしたね。
いまでは私は、民放の映画放映はカットがある限り見ません。とくに最近は、インタビューや続編予告などなどで時間を使うことも多いですしね。
私はすでにパート2を観ましたが、個人的にはそれほど面白くなかったです。劉備の部下たちの活躍がラストだけだったせいもあるかと。。。
あのお馬さんは、パート2でも忘れられていませんでしたよ。
ボー
URL
2009/04/26 07:14
ボーさん、こんばんは。

>早くも地上波放映
で、PART2は絶対遅い!
全くTV局は・・・

>民放の映画放映はカットがある限り見ません。
僕も基本はそうですが、年間数本くらい観てしまうかな。
というのもそのタイミングで記事をUPすると、閲覧数が多少多いんですよね。(笑)
しかし、5月にWOWOWに登場だって!

>パート2
そうですか。
赤壁の戦いだけでは限界があるのかな。
オカピー
2009/04/27 02:25
 こんばんは!
八門八卦の陣は綺麗でしたね。またおっしゃるとおりで、孔明さんはなんだかよく分からない動きで、まるで七曲署のボスみたいでした。

地上波の映画はぼくは全く見なくなりました。どうしても映画がぶつぎれになって死んでしまうような気がします。レンタルが出てくるまでは地上波の吹き替えで見るのが普通でしたが、これも贅沢病なのでしょうか。

>予告編が10分
ふざけてますね。宣伝のために作品を削るというのは本末転倒もいいとこですね。愛情のなさが見る人に伝わりますね。

それではパート2へ参ります!
用心棒
2010/01/13 23:02
用心棒さん、こんばんは。

>孔明さん
でしょ!
PART2ではそんな感じは薄らぎました。

>地上波の映画
なるべく見ないようにしているんですが。
確かに本編カット以上にCMによる中断は戴けないですね。
緊張感も監督の狙った流れも全部死んでしまう。

>予告編
劇場でも本編と繋がっていたとか?
或いはそのままTVでやったのかもしれませんが。
オカピー
2010/01/14 00:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「レッドクリフ PartI」(地上波放映版) プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる