プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ファウンテン 永遠につづく愛」

<<   作成日時 : 2009/03/12 15:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 8 / コメント 4

☆☆★(5点/10点満点中)
2007年アメリカ映画 監督ダーレン・アロノフスキー
ネタバレあり

先週観た「ハーフェズ ペルシャの詩」は解り難くて困ったが、本作は難解というよりは誠に妙ちきりん。

画像

脳腫瘍を病んだ作家?の妻イジー(レイチェル・ワイズ)を治療する為に病理学者トミー(ヒュー・ジャックマン)が猿を実験台に懸命に研究を進め、南米産の古木から抽出した成分が細胞を若返らせることに気付くが、脳腫瘍治療効果はなさそうで成功を焦る。
 死に対する覚悟を決めた彼女は小説「ファウンテン(泉、起源)」を書き夫に読ませる。16世紀宗教裁判長の策謀に潰されそうなスペイン女王(レイチェル二役)の為に生命の樹を発見しようと躍起になる騎士トーマス(ジャックマン二役)の物語である。

画像

この二つの部分だけなら構成的にもすっきりするのだが、問題はものの本などが【未来】と解している部分のこの二つとの関連で、僕にはトミーの幻想のように思えるし、そう考えた方がすっきりする。本当に未来なんだろうか?

ここまでなら“些か幻想的な作品”くらいの印象で済んだのだが、丸坊主のジャックマンが胡坐を組んで宙に浮いている仏教的ムードが出てくる終盤はダーレン・アロノフスキーも遂にいかれちまったかと思えるほど奇妙な観念的映像のオンパレード、苦笑いするしかない。

画像

テーマは【愛と死を見つめて】といったところで、人類の始祖“アダムとイヴ”が選ばなかった【生命の樹】なる宗教的素材に関連付けて幻想場面を大々的に繰り広げ、妻の死を間際にした男が<妻の最期に際し何を成すべきか>気付くというお話になっている。その為に幻想を挟んでリスタートする構造に仕立てているようなのだが、大げさな騒動を経る割に常識的な結論で、「なぁんだ」という印象を覚える人も多いだろう。

言わば難病哲学映画です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「ファウンテン 永遠につづく愛」
原題:The Fountain 創世紀によるとエデンの園の中央に2本の木があり、食べてはいけない&quot;善悪の知識の木&quot;の実を食しアダムとイブは追放、こちらは&quot;命の木&quot;ファンタジー〜 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2009/03/13 00:22
ファウンテン 永遠につづく愛(DVD)
何度生まれ変わっても 僕は、君を失う運命なのか。 ...続きを見る
ひるめし。
2009/03/13 09:28
194「ファウンテン 永遠につづく愛」(アメリカ)
死は創造  病に冒された最愛の妻イジー。彼女の命を救いたいという思いを胸に特効薬の研究に没頭する医師のトミー。イジーは運命を受け入れ、残された時間をトミーと過ごしたいと願う。しかし、新薬完成に焦るトミーにはその想いは届かない。  そんな彼女が彼に渡した贈り物。それはイジーが書いた物語。スペインの高潔な騎士が女王の命を受け、不死を約束する生命の木≠探しに旅をする壮大な物語だった。  物語を完成させてほしいとトミーに頼むイジー。果たしてトミーはイジーの願いをかなえることができるのか?... ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2009/03/14 10:53
ファウンテン 永遠につづく愛
The Fountain (2006年) 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ヒュー・ジャックマン、レイチェル・ワイズ、エレン・バースティン 難病の妻を救うべく、治療法の研究にいそしむ夫の姿を幻想的な映像を交えて描くラブストーリー 上記の基本となる物語に、妻が書いた小説と、妻の死後の夫の幻想を加えた3つの世界が相互に絡みながら、ラストに向かって収束していく展開は、これまでに見たことがない斬新さがあり、思わず見入ってしまう。 聖書のアダムとイブで有名な「生命の樹」をモチーフに、マヤ文明の伝説や... ...続きを見る
Movies 1-800
2009/03/14 22:45
『ファウンテン 永遠につづく愛』'06・米
あらすじ病に冒された最愛の妻イジー(レイチェル・ワイズ)の命を救うため、新薬開発の研究に没頭する医師トミー(ヒュー・ジャックマン)。一方、イジーは残された時間を夫とともに心穏やかに過ごしたいと願う。そんな中、イジーは自分が書いている中世スペインの物語「... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2009/03/14 23:01
『ファウンテン 永遠につづく愛』 ('09初鑑賞38・WOWOW)
☆☆☆−− (5段階評価で 3) 3月22日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2009/03/24 21:06
『ファウンテン 永遠につづく愛』を観たぞ〜!
『ファウンテン 永遠につづく愛』を観ました愛する女性を救うべく、ある男が永遠の愛を探し求めるために壮大な旅を繰り広げるファンタスティック・ラブストーリーです>>『ファウンテン 永遠につづく愛』関連原題: THEFOUNTAINジャンル: ファンタジー/ロマンス/S... ...続きを見る
おきらく楽天 映画生活
2009/04/13 23:14
映画評「愛・旅立ち」
☆(2点/10点満点中) 1985年日本映画 監督・舛田利雄 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/08/09 11:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これは劇場公開はスルーした作品。
多分P様が書かれているような印象だなって思って、取ってつけたような、きっと<妙ちきりん>と思ったから。ピンポンでちょっとお邪魔しました。
この作品に似た映画でガイ・ピアース主演の「タイムマシン」ごときの妙ちきりんかなって思うわ。この映画が収拾つかなくなっていつの間にやらテーマがかわってきて訳分からん作品でしたけどね。
>丸坊主のジャックマンが胡坐を組んで宙に浮いている仏教的ムードが出てくる終盤
これ読んでいるだけで笑いがこみ上げてくる(ガハガハ!)
お疲れ様でした!
冷やかし訪問でゴメンなすって。
シュエット
2009/03/12 16:47
シュエットさん、コメント有難うございます。

「タイムマシン」は言わば直球なので「つまらん」で済ませられますけどね、こちらはナックルですよ。うまく抜ければ空振りを取れるけれど、高めに抜けたらホームランボールでしょう。

>仏教的
ふーむ、ベースは【アダムとイヴ】だからキリスト教なのに、突然坊主頭で胡坐をかいたジャックマンが出てきた時には唖然としました。
作者が至って真面目だから厄介なんだ。(爆)
オカピー
2009/03/13 03:11
こんばんは。
奇妙な作品でしたね。
でも、意外にその辺が気に入りました。
>本当に未来なんだろうか?
私もあれは幻想だと思います。
hash
URL
2009/03/14 22:44
hashさん、こんばんは。

僕は途中から笑っちゃいましたよ。
映画館で観なくて良かったなあ。
真面目な場面で笑うのは恥ずかしいですから。^^

>幻想
そうですよね。
あれが未来だと話がちょいと繋がりまへん。^^;
オカピー
2009/03/15 03:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ファウンテン 永遠につづく愛」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる