プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「キスキス、バンバン」

<<   作成日時 : 2007/05/16 14:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 6

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2005年アメリカ映画 監督シェーン・ブラック
ネタバレあり

今年初めに観たイギリス映画に「キス★キス★バン★バン」というのがあった。誠にややこしいが全くの別映画で、こちらは「リーサル・ウェポン」でバディ刑事映画なるものを生み出した脚本家シェーン・ブラックが脚本を書き下ろして監督までやってのけたコメディ風ハードボイルド映画である。

星は多いが、映画に対し潔癖すぎる方には全くお薦めできません。悪しからず。ハードボイルド・ファン限定の優秀作品。潔癖すぎるハードボイルド・ファンにもお薦めできないか。

警官に追われたニューヨークの泥棒ロバート・ダウニー・ジュニアがハリウッド映画のオーディション現場に逃げ込み地を出したら見事に合格、ロサンジェルスへ飛び、探偵の役作りの為にゲイだが本物の私立探偵ヴァル・キルマーに付くことになる。
 同じ頃女優志願のままでいる初恋の美人ミシェル・モナハンと再会してややこしくなった後、その後探偵と追っていた有名女性が殺され、その後ミシェルの妹も死体で発見される。彼女に妹の死の解明を依頼されて断れないダウニーは嫌応なしに事件に巻き込まれ、犯人の一味らしき女性の殺害現場にも遭遇してしまう。

まずゴキゲンなのは、各章の題名が【事件屋稼業】【簡単な殺人法】【湖中の女】【さらば愛しき女よ】といったようにレイモンド・チャンドラーの長短編小説の題名になっていること、そしてフィリップ・マーロウの活躍したロサンジェルスが舞台となっていることである。即ちハードボイルド小説若しくは映画へのオマージュなので、勿論主人公のナレーションによる回想形式で展開する。

僕はハードボイルド小説をそれほど読んだことがなく大きなことは言えないが、映画化作品は数々観ているので相当楽しんだ。登場する人物の背景などハードボイルド映画らしい設定がいっぱいで、それをバディ映画風に展開することで現代的に味付けしたことを大いに評価した故の高得点。バディ映画と言っても二人の会話を駄弁寸前で留め、だらだらしないのも有難い。
 終盤のダウニーのアクションは余りの調子の良さに笑ってしまう。

しかし、終盤に死んだ人間が蘇る場面を見せその中にプレスリーが入っていたりするのはふざけ過ぎで、元来大真面目な作品ではないにしてもトーンが乱れた感じはある。

ダウニー、キルマーは好演、ミシェル嬢にもハードボイルド映画的な魅力あり。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キスキス、バンバン #855
2005年 アメリカ 103分 テンポ良くって面白かった! シェーン・ブラック監督は「リーサル・ウェポン」「ラスト・ボーイスカウト」などの人気脚本家。今後はチェックしないと。あまり作品は無いんだけど・・。 NYの泥棒ロバート・ダウニー・Jrが逃げ込んだ先が新人オーデ.. ...続きを見る
映画のせかい2
2007/05/18 05:39
<キスキス,バンバン> 
2005年 アメリカ 103分 原題 Kiss Kiss, Bang Bang 監督 シェーン・ブラック 製作 ジョエル・シルヴァー 脚本 シェーン・ブラック 撮影 マイケル・バレット 音楽 ジョン・オットマン 出演 ハリー・ロックハート:ロバート・ダウニー・ジュニア    ゲイ・ペリー:ヴァル・キルマー    ハーモニー・フェイス・レイン:ミシェル・モナハン    ハーラン・デクスター:コービン・バーンセン    ダブニー・ショー:ラリー・ミラー    ミスター・... ...続きを見る
楽蜻庵別館
2007/06/02 08:27
「キスキス,バンバン -L.A.的殺人事件」
お勧め度:★★★★☆ ...続きを見る
ドゥル的映画鑑賞ダイアリー
2010/08/04 02:10
キスキス、バンバン -L.A.的殺人事件
作品情報 タイトル:キスキス、バンバン -L.A.的殺人事件 制作:2005年・アメリカ 監督:シェーン・ブラック 出演:ロバート・ダウニー・Jr、ヴァル・キルマー、ミシェル・モナハン、コービン・バーンセン あらすじ:ニューヨークに暮らすサエない泥棒ハリー(ロバート・ダウニーJr.)は、ひょんなことから俳優に間違えられハリウッドへ行くことになる。探偵映画のスクリーンテストに参加することになった彼は、演技のために本物の私立探偵ゲイ・ペリー(ヴァル・キルマー)に弟子入りするが、思いもよらぬ殺人事件に... ...続きを見る
★★むらの映画鑑賞メモ★★
2010/09/07 22:43
「キスキス、バンバン」(2005年、アメリカ)
「キスキス、バンバン」(原題:KissKissBangBang)は、2005年公開のアメリカのサスペンス&アクション/コメディ映画です。ひょんなことから映画俳優になるチャンスをつかんだ泥棒が怪事件... ...続きを見る
楽天売れ筋お買い物ランキング
2015/11/08 05:17
映画評「ナイス・ガイズ!」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督シェーン・ブラック ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2018/02/02 19:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あちこちにお邪魔してすいません。
これイギリス映画だと思って、見逃しました〜!!!
うわ〜〜〜^^;

最近、村上春樹訳の「ロング・グッドバイ」でご機嫌になっていたばかりの私が・・・なぜに、本作を見逃すか・・・という体たらく^^;
次回放送にかけます!(涙)
優一郎
2007/05/16 17:51
優一郎さん

最近似たような題名が結構あって紛らわしいですよね^^;
その昔続々作られた「おかしな〜〜」でそういう現象があったとかなかったとか。

構成にルーズなところもあるので、本格ファンらしい優一郎さんが楽しめるかどうか。私みたいな中途半端なハードボイルド・ファンで、全く潔癖症ではない者に丁度良いのかもしれません。

6月25日にHV放送がありますので、お忘れなく。
おふざけにすぎるところもあるので、つまらかったら悪しからず(ペコリ)。
オカピー
2007/05/17 03:03
レイモンド・チャンドラー、名前だけしか知らなくて、気づきませんでした〜。でもあの絶妙なふざけ方は私的には大ヒットでした^^
映画のせかいマスター
2007/05/18 16:07
映画のせかいマスターさん、こんばんは。

話そのものも楽しめるレベルですが、ハードボイルド小説へのオマージュと解るともっとゴキゲンになってしまうという作品です。
脚本と監督を兼ねたシェーン・ブラックは大のハードボイルド・ファンということでしたよ。
オカピー
2007/05/19 03:28
オカピーさん、TBした後はできているか確かめているのですが、ゴメンなさい。 お知らせくださってありがとうございます。

この映画、わたしも優一郎さんの言われるように、勘違いしていました。
みのり
2007/06/02 08:34
みのりさん

私ももしかしたら間違ってして送っていることもあるのではないかと思います。お気になさらずに。

似たような、若しくは全く同じ題名なのは困りますね。私もうっかり見逃すところでした。
オカピー
2007/06/03 03:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画評「キスキス、バンバン」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる