プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ゲルマニウムの夜」

<<   作成日時 : 2007/04/17 13:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

☆☆★(5点/10点満点中)
2005年日本映画 監督・大森立嗣
ネタバレあり

原作となった花村萬月の小説は芥川賞受賞というが、これは観るべきではなかった。観るより読んで考えたほうが良い。

青年・新井浩文が以前所属していた教会の付属救護院で働きはじめるが、恩師である告悔神父・佐藤慶に殺人を犯したこと、修道女を孕ましたことを告げ、赦しを受ける。実は後者は嘘で、赦しを受けたことでキリスト教的偽善により、彼は無条件にそれを実行することが出来るのだ。

性と暴力の為に生れてきたような若者がそうした涜神行為で神の存在を確かめようとするのは、古くて新しい主題でそれなりに興味が湧く。
 また、登場する人物は殆ど破戒僧の類で、院長(石橋蓮司)は学生たちに口淫などさせるし、修道女も青年と交わる。彼らも破戒により神に近づこうとしているのかもしれないが、我々のそうした思考を停止させるのはおぞましい場面の数々。

同性同士の淫行、唾や吐瀉物を舐めるといった行為、犬との性行為、そして数々の暴力が繰り広げられ、気分が悪くなる。道徳云々ではなく、生理的に嫌になってしまうのである。暴力と性が交錯して嫌な気持ちにさせられたのはピエル・パオロ・パゾリーニの「ソドムの市」以来ではないかと思うが、あの作品に比べればまだましか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
<ゲルマニウムの夜> 
2005年 日本 108分 監督 大森立嗣 脚本 浦沢義雄 撮影 大塚亮 音楽 千野秀一 出演 朧:新井浩文    シスターテレジア:広田レオナ    教子:早良めぐみ    小宮院長:石橋蓮司    戸川神父:佐藤慶    トオル:木村啓太    宇川:大森南朋    老店主:麿赤兒 ...続きを見る
楽蜻庵別館
2007/04/20 11:07
映画評「スポットライト 世紀のスクープ」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年アメリカ=カナダ合作映画 監督トム・マッカーシー ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/03/06 10:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画評「ゲルマニウムの夜」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる