プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「THE有頂天ホテル」

<<   作成日時 : 2006/09/06 14:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2005年日本映画 監督・三谷幸喜
ネタバレあり

「グランド・ホテル」というハリウッド製の傑作群像劇がある。一個所に集まった人々の人生模様を描くグランドホテル形式ドラマの由来となった名作だが、タイトルから見る前から「グランド・ホテル」をコメディー化したような作品になっているのではないかと予想が付く。現に、映画の半ばでオマージュ的解説あり。

新年をおよそ2時間後に控えた某ホテル、副支配人・役所広司とアシスタント・マネジャー戸田恵子、もう一人の副支配人・生瀬勝久が慌ただしく駆け回っている。
 売春婦・篠原涼子がホテルマンをかき回し、汚職議員・佐藤浩市がホテルに逃げ込み、議員の元愛人で客室係・松たか子は成行きで大富豪・津川雅彦の息子の前で、その愛人のふりをする。歌手志望のベル・ボーイ・香取慎吾は全てを諦めて辞職するが急遽ホテルの手伝いを依頼され、売れない歌手YOUは最後にマイクを握る。

その他、白塗りの顔で逃げ回る総支配人・伊東四朗、ある協会のマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれたものの売春婦と出来ているので証拠隠滅を図ろうと駆けずり回る角野卓三、すぐに絶望して死にたがる演歌歌手・西田敏行などが賑やかす。

いきなり【謹賀新年】を【謹賀信念】と間違える小ネタ(ギャグ)から始まる本作は、シチュエーション・コメディとしての連続性のある笑いに、そうしたギャグが数多く散りばめられている。
 シチュエーション・コメディ的な笑いと言えば、通常嘘か勘違いが存在するわけだが、この作品では役所が元の妻で角野の妻になっている原田美枝子に「自分がマン・オブ・ザ・イヤーだ」と豪語してみせたり、たか子嬢が大富豪の愛人になりすます、といった辺りが相当する。小ネタより遥かに可笑しい。

脚本と監督を担当したのは三谷幸喜。
 彼は演劇が専門であるから、舞台の良い面を映画に持ち込める長廻しが多用されている。勿論長廻しは様々な危険をはらむので、才覚のない演出家はやるべきではないが、本作では人物がバトン・タッチのように繋がっていく流麗さが目立ち、良い面が強く出ている。

香取のお守り、逃げ出したアヒル、たか子嬢や涼子嬢が狂言回し的に活躍し、多彩な登場人物の交通整理に役立っているが、群像劇で避けることの出来ない散漫さは完全に解消されてはいない。僕はその理由で群像劇が好きではなく、同時にこの作品に期待するところは大きかったが、手堅くがっちりと出来ていることは認めるものの、ニューシネマ以降の群像劇の中で最も評価しているロバート・オルトマン「ナッシュビル」の渦巻く人間模様の迫力には大分及ばない。それでもこれほどの大所帯を処理した手綱さばきは高く評価したいところ。

それにしても白塗りの伊東四朗が出るだけで、その度に席を揺らして笑うおばさん連中は何とかならんかい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『THE 有頂天ホテル』(2005)三谷幸喜第三回監督作品。コメディとしては上質です。
 クロフォード、バリモア、ライオネル、ガルボという名前を聞いただけで、それらの言葉が何を意味しているのか分かる方はかなりの映画通です。今でも人気が高い作品から、これらの名称を持ってきた三谷監督には映画への愛情を感じます。 ...続きを見る
良い映画を褒める会。
2006/09/06 19:11
『グランド・ホテル』(1932)ガルボ、J&Rバリモア、クロフォード、ベアリーが奏でる人間模様。
 のちにグランド・ホテル形式と呼ばれるようになる、エドムンド・グールディング監督によるドラマの語り方は当時は斬新であったろうと思われる。たったひとりでも、一本の主演映画を撮ることができる俳優たちを5人集め、五人それぞれに見せ場を作り、ただの顔見世興行的な作品の枠には収まりきらない活き活きとしたシネマを作り出した意気込みに対して与えられた称号が「グランド・ホテル形式」という言葉なのであろう。 ...続きを見る
良い映画を褒める会。
2006/09/06 19:11
映画「THE有頂天ホテル」
「ホテルアバンティ」といっても見た感じ高級感は漂わない。年の瀬から新年だというがその臨場感もさほどない。登場人物は多いのだが・・・。 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2006/09/12 02:54
THE 有頂天ホテル@渋谷シネタワー
博愛くさい。それはターゲットとして老若男女全てを網羅した全方位型の喜劇だからだろう。 ...続きを見る
ソウウツおかげでFLASHBACK現象
2006/09/12 22:06
THE 有頂天ホテル
THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション ...続きを見る
cino
2006/10/19 22:43
映画評「サラエヴォの銃声」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2016年フランス=ボスニア・ヘルツェゴビナ合作映画 監督ダニス・タノヴィッチ ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2018/03/03 09:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画評「THE有頂天ホテル」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる