プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ダーティハリー」

<<   作成日時 : 2006/09/05 15:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1971年アメリカ映画 監督ドン・シーゲル
ネタバレあり

1971年には後世に残るポリス・アクションの傑作が二本作られた。一本は本作、もう一本は「フレンチ・コネクション」である。アメリカでは「フレンチ」は好評で、「ハリー」は批評家受けしなかったらしい。翌年公開された日本では評価差が縮まっていたが、それでも「フレンチ」のほうが高い評価を受けた。
 差が縮小したことに逆に日本の映画批評家のレベルの高さを僕は感じ取った。何故なら、純粋に映画的に評価するなら「ハリー」の方が明らかに優れた映画だったからである。アメリカの批評家はとかく内容で映画を観すぎる。文学的な評価を映画の評価としてしまう悪い癖が映画創生以来ずっと続いている。
 映画批評とは最初に主題もしくは狙いを見つけ、次にそれがいかに上手く映像化されているかを視ることである。主題そのものに価値があると思うのは間違いと言わねばならない。日米批評家を比較した時どちらがそれを実践できているかと言えば、日本の方が多い。ヌーヴェルヴァーグ以降映画を観始めた批評家が大半を占める今、日本の批評家のレベルも相当落ちているように思う。

屋上プールの女性が射殺される事件が発端。クリント・イーストウッド扮するハリー・キャラハンが犯人のいたビルの屋上を調査する場面からして素晴らしい。サンフランシスコの全貌を捉えたショットが圧巻である。
 犯人<さそり>は大金を要求し、実施されなければ次々と市民を殺すと脅迫し、やがて黒人少年、神父と実行に移されていく。

どこまでも法律が幅を利かせるアメリカでは警官と言えども法律に縛られ、違法捜査をして逮捕した犯人は有罪であることが確実でも無罪となる。それを乗り越えようとしたのがハリーである。言わば、御定法(ごじょうほう)で裁き切れない悪人を倒す必殺仕事人だ。
 それがアメリカの批評家の反発を買ったらしい。「実際のサンフランシスコの警官は悪党ばかりで、アウトローとは言えハリーのような警官などいない」というのだ。その点「フレンチ・コネクション」のポパイは確かに人間的に複雑で現実感がある。要は、リアリズムの差で映画としての評価に差を付けたわけである。リアリズムは重要な要素ではあるが、作品によって柔軟に考えるべきものであって、一様に考えると自縄自縛となってバランスの取れた映画鑑賞はできない。

アンディー・ロビンスン(好演!)扮する異常極まりない犯人にはモデル<ゾディアック・キラー>がいて、別の男が起こしたスクールバスのハイジャック事件も作品に取り込まれている。つまり、現実に即した内容を劇画的に処理したのが本作で、スタジアムでの撃ち合いから幕切れに至る圧倒的な馬力に観客は手に汗を握り続ける。

この作品の持つアクションの切れ・スピード、サスペンスのテンションの高さ、繋ぎの呼吸は、「フレンチ」を断然しのいでいる。映画的に遥かに美しい。
 「フレンチ」におけるウィリアム・フリードキンの空気感醸成も見事で、評価していないわけではない。しかし、本作の映画としての魅力、美しさに僕は脱帽するしかないのだ。勿論、ドン・シーゲルのベスト作品である。

ラスト・シーンでハリーはバッジを捨てる。続編など夢にも想定していない終わり方である。が、現実には勝てず、続編が四本も作られた。通俗アクションとして楽しめるものもあったが、ハリーは常識的なヒーローになっていた。

「フレンチ・コネクション」映画評はこちら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ダーティー・ハリー
DVDでもってるのですが、また見てしまった。何度みているだろう。 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2006/09/05 21:47
「ダーティハリー」「クリント・イーストウッド 走り続ける76歳」
●ダーティハリー ★★★★★ 【NHKBS】イーストウッド演じるハリー・キャラハン刑事シリーズ第1弾。ハリーと無差別暗殺者・さそりの戦い。ダーティハリーの44マグナムが町の犯罪者達に火を放つ!イーストウッドがめちゃかっこいい! ●クリント・イーストウッド 走り続ける76歳 ★★★ 【NHKBS】76歳になるクリント・イーストウッドが新たに挑戦する新作や生立ち、スターになるまでの話をインアビューを中心に語るドキュメント。老いを感じさせないパワーある生き方がかっこいい! ※詳しい感想はそれぞ... ...続きを見る
ぶーすかヘッドルーム・ブログ版
2006/09/06 07:20
▼ クリントイーストウッドは語る
こんにちは,突然のトラックバックをお許しください。管理人の黒須と申します。今回,クリント・イーストウッド関連の記事を書きました。貴サイトとの関連性を考慮し,トラックバックさせて頂きましたが,ご迷惑でしたらお手数でも削除してください。よろしくお願い申し上げます。 ...続きを見る
書きたいことを書くブログ
2006/12/01 12:06
映画評「マンハッタン無宿」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 1968年アメリカ映画 監督ドン・シーゲル ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/06/04 09:15
映画評「御用牙 かみそり半蔵地獄責め」
☆☆★(5点/10点満点中) 1973年日本映画 監督・増村保造 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/02/13 08:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これも何回観ても飽きない作品ですね。
終盤、バスに飛び乗ろうと橋の上で待ちかまえるハリーが出てくるショットにはいつもワクワクします。
<http://blog.goo.ne.jp/8seasons/e/c95001cd4609af2a4095e787bb8d052a>
十瑠
2006/09/05 22:29
十瑠さん、こんばんは。
10点と9点の間で迷ったのですが、「フレンチ」が8点なので2点差にすると「フレンチ」ファンに怒られるかなあと思いまして、などというのは口実。
私もあのショットは好きです。最近のちゃらちゃらした演出と違って、この時代のアクションは腰が据わっていますね。よっ大将、てな感じになります。
オカピー
2006/09/06 03:02
TB&コメント有難うございます。ハリーのあのニっとした笑い顔がイイっすねー。
ぶーすか
2006/09/06 07:37
ぶーすかさん、こちらこそ。
ドン・シーゲルはやはり馬力がある上に、上手いなあという感じが致しました。どちらかと言えば職人的な感じがしていましたが、この作品などは見事に映画作家の作品と言えるものでしょう。
オカピー
2006/09/06 14:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画評「ダーティハリー」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる