プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「暗くなるまで待って」

<<   作成日時 : 2006/08/22 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1967年アメリカ映画 監督テレンス・ヤング
ネタバレあり

「ダイヤルMを廻せ」という傑作舞台劇を書いたフレデリック・ノットの舞台劇を映画化したものだが、これまた傑作である。
 写真家のエフレム・ジンバリスト・ジュニアが見知らぬ女性から人形を預かり、自宅へ持ち帰る。
 この部分はタイトルバックで紹介され台詞を聞こえないように進めるのが巧いのだが、いよいよ彼の盲目の妻オードリー・ヘプバーンが留守を守るアパートが舞台となる本番に入っていく。
 このアパートの造型が映画的に楽しめるようにうまく設計されているし、その設計を撮影が生かしている。

そのアパートに夫の戦友を名乗るリチャード・クレンナ、人形は失踪した妻の不倫騒動にからむものと主張する男アラン・アーキン、失踪した妻が殺されたことが判明した為しゃしゃり出てきた刑事ジャック・ウェストンが繰り返し出入りする。
 観客は既に分っているのだが、この三人は勿論グルで、麻薬を入れた人形を取り返す為の大芝居である。
 これに目の不自由な彼女を世話するグロリア(ジュリー・へロッド)という少女が加わり、強いテンションで進行し、終ぞ緩む場面を見出せない。

オードリーは盲目故に勘が鋭く、彼らの計画は思ったように進まないのだが、クレンナがグルと知った時彼女が取る対策が秀逸。タイトルからも分るので今更隠す必要もないであろう、暗闇になったら盲人の方が強いことに気づき、部屋の灯りを全て壊してしまうのである。
 ただこれは誰もが指摘出来るので、僕はこの作品の主役はアパートであると指摘しておきたい。ドア、階段、階段の手すり、ブラインドなど惚れ惚れするくらい巧く活用されているが、特に印象的なカメラワークがある。
 ウェストンに見られてはまずいグロリアが部屋から何とか出ようとする場面で、最初は奥にウェストン、真ん中にオードリー、一番手前に少女という構図が、次のショットではウェストンがいた場所から見る(言うまでもないが、ウェストンの視点ではない)構図に変るのだが、緊張感をアップする見事な演出である。そのままのショットで進行させたら凡監(平凡な監督)と言うべきだが、この場面が象徴するように初期「007」でヒッチコック的演出を流用してきたテレンス・ヤングはさすがである。

グロリアの扱いも実に面白い。人形を持っていったのも彼女だし、連絡役を頼まれて玄関口にいたウェストンに足止めを食らった後、子供らしく鉄柵をカタカタ鳴らす。これは無事に外に出られたことを示すオードリーへの連絡となっているのである。どこまでも巧い。
 電話も非常に重要な小道具なので、よく注意して観られたし。

さて、普段映画は映像で語らねばならないと主張している僕が、台詞の多いこの映画を絶賛することは矛盾のようであるが、問題なのは映像で説明すべきことを言葉で説明することであって、台詞と映像が相互補完するなら寧ろ歓迎である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
暗くなるまで待って
※DOS攻撃とやらでつながりにくくなっています...。 ...続きを見る
cino
2006/10/07 09:57
真・映画日記(2)『暗くなるまで待って』
(1からつづき) ...続きを見る
CHEAP THRILL
2006/12/11 19:45
映画評「ドント・ブリーズ」
☆☆★(5点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督フェデ・アルバレス ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/08/12 05:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
前半で、『(冷蔵庫の電源コンセントが何処にあるか)自分で探しなさい。』という主人公の夫のせりふ。自分に構わずに仕事で外出する夫に向かって“あかんべぇ”をする時に『(あなた)こっちを見ている?』というせりふ。
これらも、後半の伏線になっていました。
何度も見ている作品ですが、今回分はDVDに保存いたしました。
私からも9点、差し上げま〜す。

尚、水野ハルオさんには特に何の感情も持ち合わせておりませんのでご遠慮なく(笑)。
十瑠
2006/08/22 22:18
十瑠さん、こんばんは。
私もDVD保存版を作りました。ハイビジョン放送の時は見落として自分に腹が立ってしまいましたよ。

さて、水野氏ですが、あの人は映画批評家としても私は全く感心していないわけですが、作った映画を見ればそのセンスが分るというもの。トリュフォーやボグダノヴィッチは批評家としても一流だったはず。優れた批評家が優れた作家になれる確率は低いはずですが、逆は大いにありうるでしょう。
彼が熱烈な映画ファンであるという点では親しみを覚え、映画輸入者としては高く評価していますが・・・批評家としてはどうも。
オカピー
2006/08/23 02:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画評「暗くなるまで待って」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる