プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「踊る大紐育」

<<   作成日時 : 2006/02/06 14:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1949年アメリカ映画 監督スタンリー・ドーネン、ジーン・ケリー
ネタバレあり

ミュージカル映画の大傑作。色彩設計とナンバーの素晴らしさと躍動感でこの作品に匹敵するのは「巴里のアメリカ人」と「ウェストサイド物語」くらいなものである。その点においては本作の主演者の一人で共同監督もしているジーン・ケリーの代表作「雨に唄えば」も遠く及ばない。

ケリー、フランク・シナトラ、ジュールズ・マンシンの水兵三人が朝の6時にニューヨークの波止場に停泊した軍艦から飛び出してくる。
 ここで披露される「ニューヨーク・ニューヨーク」はスタンダードになったが、勿論同名のミュージカルの主題歌とは別のナンバーである。

彼らは一日の休暇を思う存分見物で楽しもうと張り切るが、ケリーがミス地下鉄ヴェラ=エレンとお近付きになったことで様子は大分変わってくる。消えた彼女を追って一日中探す羽目になり、シナトラはタクシーの女運転手ベティ・ギャレットと、マンシンは恐竜博物館で原始人研究家アン・ミラーと知り合って宜しき仲に・・・。
 ここまで映画は物凄いスピードで展開するが、まずミス地下鉄ヴェラ=エレンの黄色をバックにした六変化と爆発的な躍りで我々を圧倒する。原色あるいは単色を活用した色彩のコントラストもあでやかで素晴らしい。
 次にわがご贔屓アン・ミラーが緑の衣装で素晴らしいタップを披露する。ただ、ヴェラ=エレンの迫力の前にやや影が薄くなったのが個人的には残念。
 この二人とベティを加えた三人は単色の赤・緑・黄の衣装を着て踊りまくるが、どの場面でも三人が同じ色の衣装を着ることはなく、水兵の白と実に見事な対照を成す。カラーが一番ふさわしいジャンルは何かと言えばミュージカルと思われるが、正にそれを証明する色彩設計である。

ケリーがヴェラ=エレンと再会して唄って踊る「本町通り」は趣を変えてスローナンバー、続く終盤のケリーの幻想「ニューヨークの一日」はハイブラウなバレエとなっていて、それぞれ傑出した出来栄え。

彼らは6時に船に戻るが、入れ替えに別の連中が軍艦から飛び出してくる。また同じような騒動が街で起こるだろう、という余韻を以って映画は閉じられる。
 電光掲示板のように時間が出る趣向も1949年当時、特にミュージカルというジャンルにおいては洗練されたものだったにちがいない。ミュージカルとしてはロケを初めて大々的に活用した作品であるが、何度観ても楽しんでしまう。スタンリー・ドーネン監督の出世作である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「踊る大紐育」を観ました
「踊る大紐育」(On The Town) 1949年アメリカ ...続きを見る
私が観た映画
2006/02/06 17:03
『踊る大紐育(ニューヨーク)』’49米
あらすじ24時間だけ休暇をもらった3人の水兵ゲイビー(ジーン・ケリー)チップ(フランク・シナトラ)、オジー(ジュールス・マンシン)。憧れのニューヨークを満喫しようと街へ繰り出すがゲイビーは「ミス地下鉄」のアイヴィ(ヴェラ=エレン)に一目惚れし女運転手ブランヒル... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2006/02/17 21:30
踊る大紐育
 私はミュージカル映画がわりと好きで、ビデオ屋さんで目につくと借りる事がしばしばある。  有名所では「コーラスライン」「ショーほど素敵な商売はない」「ショーボート」「雨に唄えば」「マイ・フェア・レディー」などだが、通と言えるほど見ているわけでもないという微妙な立場だなぁ。  しかし今回本屋さんで本を物色中に或る物を発見!500円DVD「踊る大紐育」だ。500円という安さにも驚いたが、主演陣の名前にまた驚いた。  だって、ジーン・ケリーとフランク・シナトラだよ!私は迷わずレジに直行したのは言... ...続きを見る
難でも勘でも感想文
2006/02/25 10:53
映画評「ヘイル、シーザー!」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年アメリカ=イギリス=日本合作映画 監督イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2018/04/01 09:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
トラックバックしました。
私は一応現代の人間ですが、時間が画面に表示された時は「おっ!」と思いました(^^)

トラックバックがなぜか二件入ってしまいました。
すみませんが削除をお願いします。
カカト
2006/02/06 17:06
カカトさん
TB一件削除しました。

その昔、シナトラが顔が細いのにもびっくりした映画です。
オカピー
2006/02/08 01:06
初めまして。この映画は女性陣の性格付けがはっきりしていてそれがまた男性陣との対比を楽しませてくれました。
mojituduriya
2006/02/26 18:17
mojituduriyaさん、ようこそ。
僕は昭和半ばに生まれた人間としては、かなりミュージカル映画を観ているほうだ(多分200本以上)と思いますが、この作品はその中でもトップクラスです。最近のミュージカル映画は、幻想としてか、ミュージカルの舞台裏としてしか作られませんから、甚だ寂しい限り。

そうですね、女性陣の性格の対比とその衣装の色彩のコントラストが面白く、これぞミュージカルといった感じでしたね。
オカピー
2006/02/27 00:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画評「踊る大紐育」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる