プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「北北西に進路を取れ」

<<   作成日時 : 2006/02/16 15:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 11

☆☆☆☆☆(10点/10点満点中)
1959年アメリカ映画 監督アルフレッド・ヒッチコック
ネタバレあり

アルフレッド・ヒッチコック第46作。
 これも「鳥」と同じくらい繰り返し観た作品だが、その割に忘れている部分が多いのは不思議。

広告代理店を経営するケイリー・グラントが何者かに誘拐され、ある住宅で大酒を飲まされた挙句に車を運転させられ、命は助かったものの警察の御用となる。
 というのが発端となるサスペンスで、35年の「三十九夜」と42年の「逃走迷路」を掛け合わせたような内容を含んだ<巻き込まれ型>の集大成的作品となっている。
 この男は合衆国情報部が敵スパイの目を欺く為にでっちあげたスパイと間違えられたわけだが、いもしないスパイを探しながら、いつぞやスパイ宜しく活躍していくことになる。

列車の中で知り合う女性エヴァ・マリー・セイントは「三十九夜」のマデリーン・キャロルよりぐっと謎めいていて、グラントが彼女の指示通りに出かけたインディアナ州の片田舎で複葉機に襲われる、有名な<バス停留所の場面>に繋がる。
 だだっ広いとうもろこし畑の傍らにあるバス停留所で男を待っている。車が通りすぎ人も通りすぎるが目的の人物は現れない。遠くで複葉機が農薬を撒いている−但し何もない場所に−。
 この後深く考える間もなく複葉機は襲ってくるのだが、実に悪夢的な場面と言いたい。観客が通り過ぎる車や人に目を凝らしている時複葉機はずっと遠くの空を舞っていたのだが、誰も複葉機などに関心を払っていないから予想外のショックを受けるのだ。
 こういうアイデアは模倣(ジョン・ブーアマン「ポイント・ブランク」)を別にするとヒッチコック以外にまずお目にかかったことがなく、本作で最もお気に入りの場面である。

序盤からアイデア満載だが、注目したいのは、情報部の代表レオ・G・キャロルがグラントと出会って背景を説明する場面。何故ならこれがヒッチコック映画を語る時に欠かせないマクガフィン(仕掛け)を説明するのに格好だからである。土偶もマクガフィンであるが、それは肩透かしを食らわす手段としてのマクガフィンである。
 キャロルは「敵スパイが<ある機密>を奪おうとしている」と説明するが、その機密の中味には一切触れられない。<ある機密>はこの映画において永遠に<ある機密>に留まり、土偶を含めてこの設定全体がヒッチコックが盛んに言っている【マクガフィン】なのである。
 世の作者たちは純娯楽映画であっても、否、純娯楽映画だからこそもっともらしく具体的な説明に走ろうとするが、一般的にそれは映画の展開速度を遅くするだけであり、純然たるサスペンスなら弊害にしかならないのだ。
 ヒッチコックは「脚本家はマクガフィンという考え方が理解出来ないので、よくもめる」と嘆いている。マクガフィンを理解しないのは、少なからぬ批評家、多くの観客も同じだ。

原題North by Northwestは未だに意味不明であるが、少なくとも正規の英語<北北西Northwest by North>ではない。大統領の顔が彫られた有名なラシュモア山に向う時に使う航空機がノースウェスト航空なのはジョークなのかもしれぬ。
 「逃走迷路」の幕切れと似たラシュモア山での挌闘、そして幕切れへの驚くべき省略は、ヒッチコックならではの超絶技巧。

全編【マクガフィン】だらけでこれほど意味がなく、かつ、これほど面白い映画は他にないだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
北北西に進路を取れ
北北西に進路を取れ 特別版 ...続きを見る
cino
2006/02/16 21:50
北北西に進路を取れ [RENTAL]
エンターテイメントがてんこ盛りだった。最初から最後まで見せ場をふんだんに用意してある。アルフレッド・ヒッチコックは息をつく暇を与えない。 ...続きを見る
ソウウツおかげでFLASHBACK現象
2006/02/17 00:55
『北北西に進路を取れ』(1958) 何度も見たくなるヒッチ・ワールドの集大成となる作品。ネタバレあり
 1958年製作の『北北西に進路を取れ』は、映画学校の教科書にも出てくるほどの名作であり、この作品はヒッチ映画の完成形です。時間を忘れて、見入ってしまいます。見た後でも、目と記憶に焼きついている色々なシーンが数多く、展開もヒッチ作品を何本も見た人ならずとも、感情移入しやすい作品でもあります。 ...続きを見る
良い映画を褒める会。
2006/02/17 02:05
北北西に進路を取れ 1959年/アメリカ【DVD鑑賞31】
「ラシュモア山でチェイスを撮りたい」。ヒッチコックのアイデアを実現するために作られた作品。ラシュモア山というのは、あの有名な大統領の顔が刻まれている山ですね。それにいたるストーリーを書き上げたのは、後に”ウエストサイド物語”や”サウンド・オブ・ミュージッ.. ...続きを見る
オールド・ムービー・パラダイス!
2006/02/17 03:05
#190 北北西に進路を取れ
製作:アルフレッド・ヒッチコック 監督:アルフレッド・ヒッチコック 脚本:アーネスト レーマン 出演者:ケーリー・グラント 、エバ・マリー・セイント 、ジェームズ・メイスン、ジェシー・ロイス・ランディス、レオ・G・キャロル 1959年 アメリカ ...続きを見る
風に吹かれて-Blowin' in th...
2006/03/21 18:48
「北北西に進路を取れ」
 「北北西に進路を取れ」について。  H−(中略)客観というのは舞台のことだからね。つまり演劇だよ。我々というのは、舞台の人物を見ている客だ。我々は彼らと一緒のところにはいない。我々は相手の観点で見ることは& ...続きを見る
撮影監督の映画批評(たまに写真や撮影のT...
2006/07/29 06:31
North by Northwest
本日は「北北西に進路を取れ」を鑑賞&amp;#63732; またまたヒッチコックさんの代表的映画の一つです。 話が進めば進む程面白くなってゆく、そんな作品でした・・・ ケイリー・グラントもさることながら、イヴ役のエヴァ・マリー・セイト&amp;#63903; 久しぶりに.. ...続きを見る
パッチンガムおひとついかが?
2008/08/03 15:23
「ゴダールの映画史」〜その@
「何も変えるな、すべてが変わるために」 (ロベール・ブレッソン「シネマトグラフ覚書」) 「戻るは大事業、大難事」 (詩人ウェリギリウスの言葉) この2つの言葉、そしてゴダールが打ち込むタイプの音で始まる「ゴダールの映画史」。 8つの章からなり、2章ずつ対になるタイトルになって語られている。 ジャン・リュック・ゴダールが1988年〜1998年の10年間にわたり製作した「映画史」。 ...続きを見る
寄り道カフェ
2008/10/09 14:21
「北北西に進路を取れ」
ツイッターでも書いたが、たいしたことのないサスペンスを10本見るより、この1本を見たほうがよさそう。 ...続きを見る
或る日の出来事
2010/10/31 20:07
映画評「歓びの毒牙」
☆☆★(5点/10点満点中) 1970年イタリア=西ドイツ合作映画 監督ダリオ・アルジェント ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2015/11/24 09:27
映画評「ヒッチコック/トリュフォー」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年アメリカ=フランス合作映画 監督ケント・ジョーンズ ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2018/03/08 09:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
トラックバックありがとうございました。
やっぱり忘れてしまう作品でしたか...よかった。
かよちーの
2006/02/16 21:56
トラックバックありがとうございました。こちらでもさせていただいたのですが、反映されませんでした。
大変勉強になりました。
武田
2006/02/16 22:21
 TBありがとうございました。ノースウェスト航空に気付かれましたか。流石ですね。実際にはあの航空会社は、本国ではワーストウェスト航空と呼ばれているそうです。確かにサービスは悪かったし、時間は遅れ放題でした。作品自体は、何度見ても楽しい作品ですね。去年は二回見ています。
 ではまた。
用心棒
2006/02/17 02:17
TBありがとうございました。エヴァ・マリー・セイントの妖艶な感じも結構好きだったりします。借りたDVDでは特典映像に年をとった彼女が登場して悲しいやらうれしいやら^^;
FROST
2006/02/17 03:11
>かよちーのさん
同じようなコメントだったので笑ってしまいました。物語に全く意味がないのできっと覚えられないのでしょう。そこが「鳥」や「サイコ」などとは違いますね。

>武田さん
TBも相性があるようですね。これに懲りずにまたお越しください。

>用心棒さん
題名自体がジョークなのでしょうが、あれほど大きくNorthwestと出ますと、気になりました。
不思議と細かいところをすぐに忘れてしまうので、新鮮な気持ちで楽しめます。バス停留所の場面はヒッチコック名場面の中でも白眉ですね。

>FROSTさん
最初TBしようとしましたら、メンテ中でした。20日にこちらもメンテがあるそうなので、早めに新記事をアップしようっと。
エヴァ・マリー・セイントはグレース・ケリーのベールに被ったセクシーさとは違う、もっと直に迫る感じで良かったですね。その後出演作品がなかったのは、ヒッチにとっては既に老けていたのかな、なんて思ってしまいます。
オカピー
2006/02/17 12:06
こんばんは。
なんだかハラハラドキドキさせられっぱなしの作品でした(^o^;
あの歴代大統領の顔の岩山のシーンは幼心によく覚えてましたが、それ以外は全然覚えてなかったことに愕然としちゃいました。
ジェームズ・ボンドばりの大活躍は凄かったです。
chibisaru
2006/03/21 18:51
chibisaruさん、こんにちは。
この作品は、chibisaruさんだけでなく観た人が内容を忘れる映画です。というのも話に連続性のない、考えかたによっては、非常にシュールな作品だからですね。
ジェームズ・ボンド・シリーズ(初期)は寧ろ、ヒッチコック映画の影響を受けているんです、実際には。
オカピー
2006/03/22 13:35
「ゴダールの映画史」でもゴダールはヒッチコックこそアレクサンダーやナポレオンさえ失敗した「宇宙の制御」に成功したとして、第7章(4Aはヒッチコックに捧げられた章。
「北北西に進路を取れ」のはこのモンタージュ作品ともいえる映画史で何度も畑を逃げるシーンが章をまたい出登場するし、他に「断崖」「鳥」の映像も何度か。タイトルだけの登場も含めヒッチコック作品はほとんどゴダールは映画史で登場させてると思う。
用心棒さんがたくさんTB下さって、コメントでヒッチコックならオカピーさんにTBお願いしたらって勧めてくださったので、あつかましくもこちらにTBの催促に参りました。
「ゴダールの映画史」は見るほどに凄い濃密で、はまってしまうけれどmいざ語れといわれたら、何をどう語ればいいんだろうと足が止まってしまう。まずはゴダールがいうように映画は見ること!それから感じることができればいいかと、ともかくも感想文書いたのをTBしますね。
シュエット
2008/10/09 14:35
シュエットさん、こんばんは。

「映画史」は一応観ましたし、デジタルビデオに録画してありますが、今は希少価値になったデジタルビデオが壊れたら見られなくなります。
用心棒さんやトムさん、シュエットさんには金を出してもDVDを購入しろ(出ていますよね?)と言われそうですが。

しかし、「映画史」にヒッチコックのコーナーもあったっけ。
僕の記憶も相当いい加減だなあ。^^;

本日はそちらにコメントする余裕がありませんので、
後でお邪魔します。
今日はもう寝ます。
オカピー
2008/10/10 03:02
今回観て、たぶん、話の筋を覚えたと思います。(笑)
でも、ラストも鮮やかさは鳥肌ものでした!
こんなに楽しませてくれるんですから、文句なしです。
ボー
2010/10/31 20:10
ボーさん、こんばんは。

>話の筋
大枠では結構憶えていても詳細は全く忘れてしまうというけったいな作品です。^^
その場を楽しませるのがヒッチコックですから、それで良いと思います。
オカピー
2010/11/01 00:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画評「北北西に進路を取れ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる