プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「A・I」

<<   作成日時 : 2006/01/12 15:02   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 6 / コメント 13

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2001年アメリカ映画 監督スティーヴン・スピルバーグ
ネタバレあり

元々は故スタンリー・キューブリックが温めていた脚本をスピルバーグが補完するような形で映像化された作品だが、スピルバーグらしく実に柔らかい印象の作品となっている。キューブリック自身が撮ったらかなり印象の違う作品になったはずである。

それほど遠くない、しかし、人間と殆ど見分けが付かないアンドロイドが開発されている程度の未来が舞台で、一台の少年型アンドロイドが植物状態になった息子の代わりとしてある家庭にやってくるのだが、いざ息子が復活するとゴミのように捨てられてしまう。そもそも極めて人間的に設計され、かつ学習能力のある人工知能(A.I.)を埋め込まれたアンドロイドは自らが本当の少年になる願望に加え、この事件を契機に未来永劫に渡り“母親”を慕う運命を背負わされる。

作者(どちらかと言えばスピルバーグ)は未来版の「ピノキオ」と「汚れなき悪戯」を作ろうとしたと解釈できるが、映画は彼が海に沈むと瞬時に2000年後というとんでもない未来へ我々を飛ばしてしまう。この瞬間のスリリングなこと。ドラマは勿論省略の芸術たる映画ではこうした「そして何年」的な展開は不可避であるが、その場面転換にはキューブリックの「2001年宇宙の旅」で猿人が投げた骨が宇宙船と入れ代わるカットに近い興奮を覚えた。僕だけかな。
 そして、少年型アンドロイドは邂逅した未来人に頼んで“母親”を一日だけ蘇生してもらうのだ。宇宙時間という制約がある為それ以上は不可能ということになっている(この設定がうまい)のだが、彼は母親の“二度目の”死と共に自らの機能維持装置のスイッチを切る。

彼が人間でないからこそこの幕切れにはうち震えた、<人間でないものが自らの生命を絶つ>という行為に崇高な寓意を感じて。アンドロイドを通して(人間に似て最も人間から遠い存在として彼を位置づけることで)逆説的に人間の心の中を覗き見しようとした作品に思われて仕方がない。
 
アンドロイドを演じたハーリー・ジョエル・オズメントはその人形のような容姿をもってこの映画に命を吹き込んだ。彼なしには僕もこれほどの感動を覚えることはなかったと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
A.I. (2001)
A.I. (2001) ARTIFICIAL INTELLIGENCE:AI 「2001年宇宙の旅」の故スタンリー・キューブリックが長年温めてきた企画を「E.T.」スティーヴン・スピルバーグ監督が映画化したSF人間ドラマ。 主演は、「シックス・センス」のハーレイ・ジョエル・オスメント君(当時... ...続きを見る
碧色の小世界−プログ
2006/01/27 22:07
#135 A.I.
監督:スティーブン・スピルバーグ 脚本:スティーブン・スピルバーグ 、スタンリー・キューブリック 原案:スタンリー・キューブリック 撮影:ヤヌス・カミンスキー 音楽:ジョン・ウィリアムス 出演者:ハーレイ・ジョエル・オスメント 、ジュード・ロウ 、フランシス・オコナー 、サム・ロバーズ 、ジェイク・トーマス 、ブレンダン・グリーソン 、ウィリアム・ハート 2001年 アメリカ ...続きを見る
風に吹かれて-Blowin' in th...
2006/02/03 22:45
A.I.
ワーナー・ホーム・ビデオ A.I. ? (2001) ...続きを見る
ベルの映画レビューの部屋
2006/02/05 00:19
「彼奴を逃すな」「肉体の冠」「A.I.」など
●A.I.…………★ ●肉体の冠…………★★★★ ●彼奴を逃すな……★★★★ ●ブレイブ…………★★ ●パトリオット……★★ テレビ放送で見た上記の作品の感想をそれぞれのリンクにUPしました。よろしければ御覧下さい。 「A.I.」アンハッピーな内容で、ハーレイ君があまりに可哀想。スピルバーグ作品の中では苦手。 「肉体の冠」年増のおばさんシモーヌ・シニョレがとてもチャーミングで魅力的。 「彼奴を逃すな」テンポのイイ、鈴木英夫監督のサスペンスもの。ヒッチコック調でかっこいい。 「ブ... ...続きを見る
ぶーすかヘッドルーム・ブログ版
2006/03/30 22:48
2001年宇宙の旅
振り返って見ると、TVや映画館で何度も見ていますね。 これが大事な点ですが、何度も見る作品は少ないのです。 大昔の映画ですけども、時代のはるか先を行っています。 ...続きを見る
娯楽の殿堂
2007/03/11 21:11
映画評「アンダーワールド:ブラッド・ウォーズ」
☆★(3点/10点満点中) 2016年アメリカ映画 監督アンナ・フォースター ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/08/11 08:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
なんともやるせなくてせつなくて・・・悲しくて・・・そういう気分が残ってしまい好きになれないのです。
好きじゃなくても毎回見てしまう「火垂れの墓」と似てる感覚に陥る。

って、相変わらずちゃんと言葉に出来ないんですけど(^^ゞ
「汚れなき悪戯」という映画探してみようと思います。
そしたらもう少し、この映画を違う観方できるかもしれませんね。

http://www.doblog.com/weblog/myblog/6480
chibisaru
2006/02/03 23:12
良い映画でも好きになれない映画というのは数多くありますね。嫌いとも違う微妙な感情。涙が途絶えない「火垂るの墓」は正にそんな感じですね。

「汚れなき悪戯」は同じではありませんが、感じるものがあると思いますよ。
オカピー
2006/02/04 16:16
TB&コメント有難うございます。「汚れなき悪戯」は未見なんですが
<「火垂れの墓」と似てる感覚
という意見に、私も1票入れさせて下さい。「火垂れの墓」はこの作品よりももっとキツイんで、2度も観れません(>.<)。「禁じられた遊び」もそうですが、子供が苦しんだりする作品は観るのがキツイですね。
ぶーすか
2006/03/30 22:59
ぶーすかさん、こんばんは。
実は、私も「火垂るの墓」は観たくないですね。悲しすぎて、どうしようもない。
その点「A.I.」はアンドロイドであるし、感情より理知に訴えるところがあり、私は好きなんです。
彼はまるで人間の少年のようになっていきますが、人間は忘れることもあり、恨むこともあります。しかし、彼はそのようにはプログラムされていないので、永久に母を追い求める。そこがこの作品の凄いところですし、哀しいところです。「汚れなき悪戯」はまた悲しい作品ですが、観て戴きたいものです。
オカピー
2006/03/31 00:35
♪〜マルセリーノ、マルセリーノ〜♪ですね?イタリア映画「汚れなき悪戯」崇高な憐れみと気高さでしょうか。スピルバーグは「激突!」は別格としてこれからも何度も観たい私のベストに本作と「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」があります。ディカプリオの役の高校生の実話、私も事前にすっかりインプットして鑑賞しましたが何の遜色もありませんでした。スピルバーグの軽妙洒脱な演出の手腕が良く発揮された好例と思います。本作のオスメント君は、子供時代のオスメント君の「最後」の作品になりましたね。「ウォルター少年と夏の日」でしたか、もうあの作品では大きくなってましたもの。「火垂るの墓」。またこの季節になるとTV放映になるんでしょうか。いい作品ですけどお茶の間でご飯食べながら観る映画じゃないでしょう。神経を疑います。野坂昭如の原作短編は名作中の名作です!
viva jiji
2006/08/09 22:35
viva jijiさん
この作品の評判は今一つですね。しかし、この作品は見かけ以上に奥が深く、スピルバーグの語りは例によってスムーズで、取り立てて大きな欠点は見当たらないような気がしておりますですよ。分ったような連中が「スピルバーグは終った」などとのたまわっているのはけしからん。
現在話を最もスムーズに展開できるハリウッドの監督と言えばスピルバーグでしょう。最近の若手にこれだけの仕事ができますかってんだ。奴ら、見かけ倒しでしょうに。観客が表面の華美にしかきづかないんですよねえ。
「ピノキオ」だけなら大したことはないけれど、「汚れなき悪戯」の要素を加えて深みが出ました。「悪戯」を観た観ないにかかわらずその要素に気付けばもっと高い評価も得られるはずなのに。
「キャッチ・ミー」は最後まで知っていたのでやはり初見ならではのインパクトがそがれた印象がありますが、やはり滑らかな語り口は魅力でしたね。
「火垂るの墓」は二回観ましたが、もう観るのは止そうと思います。30分くらい涙が止まらなくなりますので。
オカピー
2006/08/10 04:37
>彼は母親の“二度目の”死と共に自らの機能維持装置のスイッチを切る。

つまり少年ロボットはこれ以上愛そうとしても対象者は居ないんだし、自分の存在意義はないのだから死を選択したということですか。
ロボットが涙を流すというのが奇異に感じたのですが、その涙というのであれば、結構深いものがありますね。

但し、回りくどいという面もありそうな気がしますが・・・。

「汚れなき悪戯」はタイトルもテーマ曲もよく知ってますが、未見なのです。結構人気があったようですのに、TVでもあまり流れないですねぇ。
十瑠
2006/09/11 14:43
十瑠さん、こんにちは。
ロボットが死ぬのは、母の世界へ行くことでしょう。かなり人間的に作られていて感情までもあるロボット。しかし、その一方でプログラムされて母親をいつまでも慕う運命を背負わされる。
<プログラムどおりに動くだけだからつまらない>というコメントがありましたが、逆です。そこが恨み忘れる能力のある人間と100%違っていて、人間をすかして見せるから面白いのです。ロボットでありながら感情を持つ点で人間的であり、肝心なところで人間的でないというのが実に面白いのです。

SFというのはそもそも哲学的な分野でありますから、回りくどくなる面は避けられません。「2001年宇宙の旅」も煎じ詰めれば、原始人だった人間が智恵を得、やがて超人になって神に近づくというだけの話。30分もあれば描ける物語を遠まわしに描いているわけです。(続く)
オカピー
2006/09/11 15:44
本文ではこの作品が何を描いているのか具体的に説明せず、参考に留めました。「ピノキオ」のアンチテーゼ、「汚れなき悪戯」の裏表の関係とは何か、拙文をお読み戴いて自力で解って欲しかったからです。しかし、残念ながら「汚れなき悪戯」を観ていない方が余りにも多い。勿論観なくても解るのですが、観ているともっとストレートに理解できるはずなのです。
オカピー
2006/09/11 15:45
こんにちは。

実は僕もこの映画を折に触れては繰り返し観てしまいます。

酷評された映画ですが、
近年のスピルバーグ作品の中では秀作だと思っています。

何度見返しても涙がこぼれてしまいます。

とてもせつない映画で、
映画的にどうとか考える以前に心を動かされてしまった、好きな作品です。
101匹ドラゴン
2010/03/19 17:17
101匹ドラゴンさん、こんにちは。

素晴らしい作品ですよね。
実は正確に理解するには相当骨の折れる作品ですが、幕切れはそのまま素直に観れば良いのかもしれません。実に美しい幕切れでした。

【ちょっと難しく考えた僕の考察】
ピノキオとは逆に(結果として)人間になる為にアンドロイドが自らの命を絶つ、というのは実に悲劇的ですよね。その底流に作者(キューブリック?)の人間嫌悪が垣間見えるだけになおさらです。

>スピルバーグ
製作作品がどんなに愚作であろうと、製作者の責任とは言えないので、僕が彼を論じる時は監督者としての技量ということになりますが、基本的な技量なんてそう簡単に衰えるものではないので、依然として高く評価していますよ。
カット割りに関しては他の追従を許しませんね。現在まともなカット割りの出来る大衆娯楽映画の監督なんていませんから。
オカピー
2010/03/20 01:00
観て大変感動が重く、まだ自分では感想が書けない作品です。
ええかっこしいのキューブリックが監督ではなくてよかった。
私はこれはスピルバーグ作品として受け取っています。
主人公に共感し手を差し伸べてくれたのはすべて人ではないものたちでした。
人が消え去った後の地上で、看取る役となったテディベアがベッドの上で足を投げ出すラストが忘れられません。
ヒットしたのは日本のみだったそうですが、ちょっと谷崎潤一郎「母を恋うる記」を連想させる色合いがあり、日本人の感性には合いやすかったのかもしれませんね。
nessko
URL
2012/10/02 18:24
nesskoさん、こんにちは。

日本ではヒットしたようですが、必ずしも世評が高くはなかったようです。
しかし、アンドロイドが逃げるだけのアクション映画と思って理解しているふしがあって、そういう観点から評価していて本作の本質を全然観ていないのが残念でした。
人間は彼が思う程立派なものではないのに、彼が人間に憧れるところが哀れを感じます。また、人間と違って彼はどんなことも忘れることができない。人間に備わっている忘れるという便利の機能が機械故に彼にはない。そこに、母親への思いと人間になりたいという思いとを複合的に組み合わせて、とてつもない大きな映画になっていると思いましたね。

この映画評は言いたいことが十分の一も書けていないので、いつか本作が描いている本当の内容を書きたいとは思っています。しかし、この映画は本当に書きにくいです。
オカピー
2012/10/02 22:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「A・I」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる