プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「フレンチ・コネクション」

<<   作成日時 : 2005/11/19 18:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1971年アメリカ映画 監督ウィリアム・フリードキン
ネタバレあり

33年前に「ダーティハリー」とがちんこ対決となった刑事アクション。
 当時、僕は「ダーティハリー」の映画としての総合的魅力を買ったが、こちらを評価した映画批評家が多かった。

マルセイユで刑事が麻薬一味の殺し屋マルセル・ボズッフィに殺される。一味のボス、フェルナンド・レイがテレビ・タレントの車に大量の麻薬を隠してニューヨークに移動するが、現地の麻薬課刑事ジーン・ハックマンはロイ・シャイダーを相棒に一味の活動に気付き、逮捕に躍起になる。

前半はフランスとニューヨークの描写を実録風にカットバックで展開していて、ウィリアム・フリードキンらしく両地方の空気感を巧みに醸成しているが、派手な面白味は殆どない。

この作品が本領を発揮するのは話がNYに定着する中盤以降で、特に映画史に残るとも言われる、殺し屋ボズッフィを捕らえる為に高架線を走る列車をハックマンが自動車で追跡する場面は、当時たけのこのように出現したカーアクションの中でも断然素晴らしいものである。
 警察が取引現場を包囲して一網打尽にしかける最終盤の緊張感も高く、確かに優れた刑事アクションである。

「ダーティハリー」より批評家に受けたのは、ハックマン演ずる刑事ドイルがハリーより人間的に複雑で現実感が高く、全体的に社会性を感じさせたからではないかと思っているが、僕には映画としての切れ味、サスペンス力で「ダーティハリー」に到底及ばないように感じられるのだ。

「ダーティハリー」映画評はこちら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
★「フレンチ・コネクション」、骨太ダンディズムの傑作★
「フレンチ・コネクション」(1971) 米 THE FRENCH CONNECTION 監督:ウィリアム・フリードキン製作:フィリップ・ダントニ原作:ロビン・ムーア脚本:アーネスト・タイディマン撮影:オーウェン・ロイズマン編集:ジェリー・グリーンバーグ音楽:ドン・エリス出演:ジー.... ...続きを見る
★☆カゴメのシネマ洞☆★
2006/08/24 18:57
映画「フレンチ・コネクション」(1971・米)
スタッフ 製作総指揮:G・デイヴィッド・シャイン 製作:フィリップ・ダントニ 監督:ウィリアム・フリードキン 原作:ロビン・ムーア 音楽:ドン・エリス キャスト ジーン・ハックマン ロイ・シャイダー フェルナンド・レイ マルセル・ボズッフィ トニー・ロー・ビア.. ...続きを見る
どうせ誰も見てませんからっ☆★
2006/11/22 02:30
『フレンチ・コネクション』この映画を見て!
第243回『フレンチ・コネクション』 今回紹介する作品はアカデミー賞5部門(作品・監督・脚色・編集・主演男優)受賞した刑事ドラマの傑作『フレンチ・コネクション』です。 監督はこの後ホラー映画史に残るオカルト映画『エクソシスト』を作り上げたウィリアム・フリードキンが担当。主役の「ポパイ」ことドイル刑事には当時アカデミー賞 ...続きを見る
オン・ザ・ブリッジ
2009/03/09 22:10
フレンチ・コネクション / 80点 / THE FRENCH CONNECTION
70年代の時代の風を浴びた者でしか撮れない刑事ドラマの大傑作! ...続きを見る
FUNNY GAMES?
2009/06/13 18:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TB、感謝です♪
「ダーティー・ハリー」も「フレンチ・コネクション」もどちらも大好きなのですが、
この2作品の持ち味は全然違いますね。
「ダーティー・ハリー」はヒーロー物としても一級で、
誰が見てもハリーに共感出来ます。ドラマ性も充分。
片や、「フレンチ・コネクション」は、正に犯罪と捜査の現場に一緒にいるような臨場感を感得出来る。
実に冴えたリアリズムに満ちてて、見ているだけでゾクゾクして来ます。
カゴメとしては、極僅かに「フレンチ・コネクション」に軍配を挙げるかもしれません。
カゴメ
2006/08/24 19:02
カゴメさん、初めまして。
ええと、ご高名はviva jijiさんのところで以前から存じていたのですが、つい、遠のいておりましたが、この度ようやくといったところです。
いずれにしても大差があるわけではないようですし、趣味・感覚の差と言うことでしょうね。
私は、リアルさよりテクニックを映画に求めますので、「ダーティハリー」なんです。「フレンチ」のようなセミ・ドキュメンタリーはテクニックを発揮しにくい部分があるのも事実ですので、これは本当に趣味の差と申すしかないでしょうね。
オカピー
2006/08/25 03:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画評「フレンチ・コネクション」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる